So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
のんびりとヨーロッパの旅 ブログトップ
前の10件 | -

マドレーヌ寺院の地下でお食事 [のんびりとヨーロッパの旅]

    今日は日曜日ですが、日曜日恒例の番組がお休みの為、こちらの記事になります。




  無事?LondonからParisに戻ってきて、なんだか、日本に帰国したよりもホッとした感じがしました。




            マドレーヌ寺院の地下には、ボランティアによって、格安(Parisとしては・・・)で、昼食(デジュネ)を提供しています。 ただし、フランスの住所を持っていないと、食べられないとの話もありますが、どうなんでしょうか・・・? とりあえず行ってみることに。





              マドレーヌ寺院で食事(1).jpg





              マドレーヌ寺院で食事(2).jpg




              マドレーヌ寺院で食事(3).jpg




              マドレーヌ寺院で食事(5).jpg





         ↑    その前に、マドレーヌ寺院を・・・ 大きくて立派な建築物だとわかると思います。



       

              マドレーヌ寺院で食事(4).jpg





        ↑     ここがマドレーヌ寺院の地下の食堂の入口です。 11時45分から開店なのですが、11時30分くらいには誰も並んでいませんでした。



     

              

              マドレーヌ寺院で食事(6).jpg





       ↑   そして、開店されて、入るとチケットが必要と言われます。 当然のことながらフランスに住所が無いので、そのチケット売り場の一番偉そうなマダムがウィンクして上記のような怪しい???手書きのチケットを発行してくれました。





              マドレーヌ寺院で食事(7).jpg





           ↑      マドレーヌ寺院の地下の食堂はこんな感じです。




              マドレーヌ寺院で食事(8).jpg




         ↑     まず、前菜が出されます。 トマトソースのアンチョビ入り





              マドレーヌ寺院で食事(9).jpg




        ↑    肉料理のことはヴィアンドということをすっかり忘れてしまい、(当然、フランス語以外は通じません)身振り手振りでもどうにもならない雰囲気になってきましたが、シュークルートという単語が聞こえたので、Ouiと言ったら出されたメイン料理のアルザス地方の郷土料理シュークルートです。





              マドレーヌ寺院で食事(10).jpg





          ↑       デザート(デセール)にはクリームチーズの味が濃厚なケーキ





              マドレーヌ寺院で食事(11).jpg





        ↑    カフェは追加で料金を払わなければなりませんが、やはりデザート(デセール)にはカフェは必要ですよね。




             

              マドレーヌ寺院で食事(12).jpg





        ↑    カフェは奥の方で飲むようにと言われました。




  学生食堂の様な雰囲気といえばそんな感じですが、結構楽しめて美味し料理で満足しました。(フランス語がもっと出来ると楽しいのでしょうね)








nice!(467)  コメント(28) 
共通テーマ:旅行

LondonからParisへ帰る! [のんびりとヨーロッパの旅]

        Piccadilly Circusより、TUBE、ピカデリー線に乗って、St Pancras International station(セント・パンクラス インターナショナル駅)に、念のため3時間程早く到着しました。



   時間があったので、カフェでゆっくりすることに・・・




           セントパンクラス(1).jpg



 

    ↑     Teaはダージリンを選択! 紅茶のカップが、カフェオレボウルなのが変っていますね。




           セントパンクラス(2).jpg




   ↑   フードはベイクドチーズケーキを注文しました。  Teaは流石はイギリス、甘みもあり、大変美味しいものでした。 また、ミルクを入れると更に美味しい味に変化して、これは! という感じがしました。ベイクドチーズケーキも、紅茶に合うものでした。 また、料理には関係ないのですが、日本人が、「パンにバーコードが印字されているのはどういうこと? 交換して下さい」と言っていましたが、「問題ありません」と言われ交換はしてくれなかったようです。



           セントパンクラス(11).jpg




      ↑    店内には、ユニオンジャックが描かれていて、まだ、イギリスにいるという実感があります。




        

           セントパンクラス(3).jpg




      ↑    Eurostarのチェックインを済ませ、(なお、飛行機に乗るのと同じように、金属探知機のゲートに通り、持ち物はX線検査されます)何番線発車なのか、待ちます。




           セントパンクラス(4).jpg





           セントパンクラス(5).jpg




            ↑     10番線発車との案内が出ました。




           セントパンクラス(6).jpg




           セントパンクラス(7).jpg




           セントパンクラス(8).jpg



       ↑   St Pancras International station(セント・パンクラス インターナショナル駅)に別れを告げます。




           セントパンクラス(9).jpg




               ↑    Coachは号車との意味です。




           セントパンクラス(10).jpg




             ↑     帰りも2等車に乗って・・・




     ここで、ようつべより、St Pancras International station(セント・パンクラス インターナショナル駅)Eurostar発車シーンを・・・




    




                                          IMG blog用.jpg





                     ↑   おまけですが、入出国のスタンプが、電車で入出国した場合は電車のマーク、飛行機で入国した場合は飛行機のマークになっているところには細かいこだわりが感じられて、VISAS(査証)スタンプマニア?にはたまらないかもしれません。


                            



                                               「晴」








フォートナム&メイソン ロイヤルブレン Fortnum&Mason ROYAL BLEND [並行輸入品]

フォートナム&メイソン ロイヤルブレン Fortnum&Mason ROYAL BLEND [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: フォートナム&メイソン
  • メディア: その他

nice!(464)  コメント(30) 
共通テーマ:旅行

Piccadilly Circus [のんびりとヨーロッパの旅]

                            

   イギリスに来て、気になることがあるんです。 えっ、何ですか?


 あれが無いんです、売っていないんですよ・・・ あれ・・・?



    そう、イギリスのお土産の定番「紅茶」が売っていないのです。    


     なので、Russell Square駅からPiccadilly Circus駅まで、ピカデリー線に乗って行きます。





           ピカデリー(1).jpg




       ↑    チケットはマシーンで購入するのですが、なんと日本語が選べるので、「目的地から探す」で、チケットは簡単に購入出来ます。




           ピカデリー(2).jpg





           ピカデリー(3).jpg




        ↑     そしてやってきました。 Piccadilly Circus(ピカデリーサーカス)です。  さて、ここから、ある目的地へ向かうのですが、確かグーグルストリートビューではW・・・という看板のあるお店を目標に行けばいいはずですが、W・・・ という看板のあるお店がないではありませんか!  そう、ここピカデリーは栄枯盛衰が激しい場所なのです。 しかし、ストリートを良く見て見ると、何となくストリートビューで見た景色と何となく雰囲気が似ているストリートがあるので、そちらの方に進んでみることにします。




           ピカデリー(4).jpg




           ピカデリー(5).jpg




           ↑     途中にあったセント・ジェームズ教会




           ピカデリー(6).jpg




           ピカデリー(7).jpg



      ↑    そして、その目的地である、ピカデリーの食の台所とも呼ばれる1707年創業の百貨店、Fortnum & Mason(フォートナム&メイソン)に間違うことなく到着です。 



           

           ピカデリー(8).jpg




             ↑     ショーウィンドウもステキでした。




           ピカデリー(9).jpg




       ↑    店内には美味しそうなクッキーやチョコレートなどが売られています。




           ピカデリー(10).jpg




         ↑     もちろん、目当ての紅茶も充実して売られていました。




           ピカデリー(11).jpg




        ↑    自分で紅茶の茶葉を選んで調合することも出来るみたいです。




           ピカデリー(12).jpg




      ↑    時間が無かったので、あまりゆっくり見て回る事は出来ませんでしたが(7階建ての建物ですが、1階しか回れませんでした・・・)、Fortnum & Mason(フォートナム&メイソン)、素晴らしい百貨店でした。 (購入したのは、紅茶数種類とエコバックです)




                                            「雨」





フォートナム&メイソン ロイヤルブレン Fortnum&Mason ROYAL BLEND [並行輸入品]

フォートナム&メイソン ロイヤルブレン Fortnum&Mason ROYAL BLEND [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: フォートナム&メイソン
  • メディア: その他

nice!(481)  コメント(30) 
共通テーマ:旅行

Russell Square [のんびりとヨーロッパの旅]

                        大英博物館を後にします。



       

            大英博物館(1).jpg



                 ↑     大英博物館正面



            大英博物館(2).jpg



       ↑    ロンドンといえば赤いTELEPHONE BOX が特徴的で、映えますね。




            ラッセルスクウェア(1).jpg



              ↑     レンタサイクルもありました。



            ラッセルスクウェア(2).jpg




         ↑    アフタヌーンティーをやっているお店もありました。



           

            ラッセルスクウェア(3).jpg




            ラッセルスクウェア(4).jpg



           ↑     古いレンガ造りの建物もロンドンらしいです。



            ラッセルスクウェア(5).jpg



          

            ↑      ちょっとカラフルなロンドンタクシー



           

            ラッセルスクウェア(6).jpg




        ↑     Russell Square(ラッセルスクウェア)には、像が立っていました。




            ラッセルスクウェア(7).jpg



 

       ↑   赤いTELEPHONE BOX と二階建てバスのコラボもロンドンならではですね。




            ラッセルスクウェア(8).jpg



            ↑     立派な古いレンガ造りの建物もありました。



            

            ラッセルスクウェア(9).jpg





            ↑     TUBE(地下鉄)Russell Square駅に到着!







大英博物館 (ビジュアル選書)

大英博物館 (ビジュアル選書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新人物往来社
  • 発売日: 2012/07/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
大英博物館限定 ロゼッタストーン キーホルダー キーリング [並行輸入品]

大英博物館限定 ロゼッタストーン キーホルダー キーリング [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: The British Musium
  • メディア: ホーム&キッチン
Bastet Cat Statue gayer-anderson博物館レプリカParastone eg01

Bastet Cat Statue gayer-anderson博物館レプリカParastone eg01

  • 出版社/メーカー: Parastone
  • メディア: ホーム&キッチン

nice!(486)  コメント(30) 
共通テーマ:旅行

British Museum Vol.6 [のんびりとヨーロッパの旅]

         British Museum(大英博物館)の続きになります。


                                      大英博物館(43).jpg


                                     大英博物館(44).jpg


                         ↑         大英博物館の2階へ行く階段 今回は、足の痛みもあり、今回はパスすることに・・・ 機会があったら行ってみたいものです。


             大英博物館(45).jpg


                ↑      大英博物館のお土産売り場


             大英博物館(46).jpg


            大英博物館(47).jpg


            大英博物館(48).jpg


             ↑     日本の屏風が展示されていました。


           大英博物館(49).jpg


           大英博物館(50).jpg


             ↑      大英博物館の外に出ます。


 


                                               「晴」


     





大英博物館 エジプト バステト 神 ぬいぐるみ [並行輸入品]

大英博物館 エジプト バステト 神 ぬいぐるみ [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: 大英博物館
  • メディア: おもちゃ&ホビー



NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: Blu-ray



















nice!(452)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

British Museum Vol.5 [のんびりとヨーロッパの旅]

                  British Museum(大英博物館)の続きの記事になります。


                               大英博物館(35).jpg 


           大英博物館(36).jpg 


                            ↑    Living and Dying 


                               大英博物館(37).jpg 


                  ↑     再び、イースター島の人造彫刻(モアイ像) 一家に一個は欲しい感じです。


           大英博物館(38).jpg 


                ↑       中央ホール 


           大英博物館(39).jpg 


            ↑      中央ホールにも像が置かれていました。


           大英博物館(40).jpg 


            ↑     光の取り入れ方(採光)も変わっています。 


           大英博物館(41).jpg 


           大英博物館(42).jpg 


        ↑     地下もあるようですが、どこへ向かいましょうか・・・


 


 


                                              「晴」


 


 















NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: Blu-ray




大英博物館 エジプト バステト 神 猫 ぬいぐるみ 大 [並行輸入品]

大英博物館 エジプト バステト 神 猫 ぬいぐるみ 大 [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: Arcadia,CA
  • メディア: おもちゃ&ホビー








 


nice!(461)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

British Museum Vol.4 [のんびりとヨーロッパの旅]

 長崎3日目の記事は、後にすることにして、途中になってしまっていた記事をUP↑ していきたいと思います。


 


      https://mirai-cure2.blog.so-net.ne.jp/2016-10-06  の続きになります。                    


 


          大英博物館(British Museum)の展示物を紹介していきたいと思います。


 


            大英博物館(26).jpg


            大英博物館(27).jpg


 


      ↑     人面有翼牡牛像 年代BC710~705年頃  


   ラマッソスと呼ばれる像で、アッシリアでは守護神としてこのような像が城門に飾られた。 頭部は人間で、体は羽根のある牡牛になっている。 水牛はライオンと並び力強さを表す動物として好まれた。


    館内で一番大きい展示物だけあって確かに圧倒される迫力がありました。 


            大英博物館(28).jpg


            大英博物館(29).jpg


            大英博物館(30).jpg


      ↑      ロゼッタ・ストーンにはもう沢山の人だかりが出来ていました。


            大英博物館(31).jpg


               ↑      再び、ラムセスⅡ世の胸像


            大英博物館(32).jpg


            大英博物館(33).jpg


     ↑  イースター島の人造彫刻(モアイ像) 現存するモアイ像のなかでは一番保存状態が良いらしいです。 南アメリカ、イースター島の石像で、モアイとして知られる。 高さ2.4m重さ約4tの巨象で、一枚岩を彫って形作られている。 これらの像は、当時の人々が先祖を祀るためにつくられたと考えられている。


   なんともいえない魅力がありました。


            大英博物館(34).jpg


 


 


                                                                                                                                  「晴」


 


 





















A03 地球の歩き方 ロンドン 2018~2019

A03 地球の歩き方 ロンドン 2018~2019

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/02/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

















NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: Blu-ray







大英博物館 エジプト バステト 神 猫 ぬいぐるみ 大 [並行輸入品]

大英博物館 エジプト バステト 神 猫 ぬいぐるみ 大 [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: Arcadia,CA
  • メディア: おもちゃ&ホビー


















nice!(468)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

British Museum Vol.3 [のんびりとヨーロッパの旅]

      Rosetta Stone(ロゼッタ・ストーン)を見た後、他の展示物を見ることに・・・

           大英博物館(19).jpg

             ↑      ラムセスⅡ世の胸像 第19王朝のファラオ 重さ7.25tもあるそうです。 なんでもナポレオンがテーベの神殿から運び出そうとしましたが、重すぎて運ぶのを断念したそうです。

           大英博物館(20).jpg

               ↑      その説明パネル

           大英博物館(21).jpg

           大英博物館(22).jpg

           大英博物館(23).jpg

        ↑    Tomb slab of Nihebsedpipy(ライムストーン) 石灰岩の石碑の意味

           大英博物館(24).jpg

       ↑     Red gramitefigure of a Lion (赤花崗岩を使ったライオン像) 対になっていてあと一頭のライオン像もありました。

           大英博物館(25).jpg

 

                                             「晴」 

 

 









大英博物館 (ビジュアル選書)

大英博物館 (ビジュアル選書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新人物往来社
  • 発売日: 2012/07/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: Blu-ray



大英博物館 エジプト バステト 神 猫 ぬいぐるみ 大 [並行輸入品]

大英博物館 エジプト バステト 神 猫 ぬいぐるみ 大 [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: Arcadia,CA
  • メディア: おもちゃ&ホビー








nice!(603)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

British Museum Vol.2 [のんびりとヨーロッパの旅]

                   大英博物館(British Museum)の中に入って、グリーン色に帯びた中央ルームへ・・・

            大英博物館(9).jpg 

            大英博物館(10).jpg 

            大英博物館(11).jpg 

          ↑    館内の案内のパンフレットが置いてありました。

            大英博物館(12).jpg 

            大英博物館(13).jpg 

            大英博物館(14).jpg 

            大英博物館(15).jpg 

            大英博物館(16).jpg 

       ↑    British Museum(大英博物館)といえば、このRosetta stone(ロゼッタ・ストーン)が最も有名です。  

    Rosetta stoneは、 ヒエログリフ解読の鍵となった石碑のことで、発見したのはフランス軍だが、紆余曲折を経てイギリスのものとなり、現在は大英博物館にある。破損しているが、残されている石のサイズは高さ114cm、幅73cm、厚さ28cm、重さ762kgと、かなりの大きさ。破損前の高さは推定で150cm~160cmであったと推測される。

    材質は黒い玄武岩。
発見は1799年7月で、ナポレオン配下のフランス軍が要塞を築く工事をしている最中に発見された。元その地方にあった神殿の石材を流用していた中に、変わった石があったのに気づいた兵士がいたということだ。下っ端兵士が石の重要さに気づいた幸運に感謝すべきだろう。

名称の「ロゼッタ・ストーン」は、発見された地名の「ロゼッタ」(現在はラシッド村)に由来する。のちにフランス軍がエジプトから撤退する際、イギリス軍との条約によりこの石も引渡し対象となってロンドンに持ち去られることになるが、その前にフランス軍が写しをとっていたため、のちにフランス人学者 ジャン・フランソワ・シャンポリオン によって解読されることになる。

   この石だが、プトレマイオス5世の時代に発令された「法令」を刻んだものになる。戴冠一周年の際にメンフィスに参集した神官たちによって決定された祭事の記憶を伝えるためのもので、元は石碑の形をしており、王の像とともに主要な神殿に置かれていたものと思われる。

   当時(紀元前196年)のエジプトには、エジプト語を使う土着エジプト人のほか、為政者プトレマイオス一族と官僚たち、またギリシャ世界からの渡航者・居住者などギリシャ語を使う人々の両者が存在した。石碑にエジプト語とギリシャ語が使われているのは、そのような理由からである。

法令の布告のために作られたものであることから、ロゼッタ・ストーンは一点ものの特別な石ではない。その後、全く同じ内容が刻まれた石がダマンフルとヘルモポリス・パルヴァから発見されており、またフィラエ島の神殿の壁面にも同様の内容が刻まれていることが判明している。石のかけている部分は、これら別の碑文からほぼ正確に復元することができる。

   普段は大変人だかりが多いことでも有名ですが、私が訪れた時は、あまり人もいなくて、良く見る事が出来ました。

    映画けいおん!でもみんながこのRosetta stone(ロゼッタ・ストーン)を観ていましたね。

 

            大英博物館(17).jpg 

 

            大英博物館(18).jpg 

 

              ↑      ラムセスⅢ世のヘッドマスク 

 

                                              「曇」 

 

 





A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: Blu-ray



 


nice!(611)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

British Museum [のんびりとヨーロッパの旅]

                 夜が明けてやがて、London(ロンドン)での朝がやってきました。

   右足ふくらはぎの痛みは大部改善した様子でしたが、いつ再発してもおかしくない状況だったので、ヤクバンテープを一枚、ふくらはぎに貼って様子をみることにしました。 それにしても、Paris(パリ)では薬局を良く見かけて、ボルタレンジェル等を良く購入していましたが、London(ロンドン)では薬局そのものが見当たらず・・・ どういう医療制度になっているのか、不思議に思いました。

 

            Londonの朝.jpg 

 

     部屋で、ホテルで用意されていたコーヒーを飲み、昨日、Teke outしたカレーで朝食をとりました。

     これから先の行先はやはりここまで来たら行くべき? 世界3大博物館の内、もう一つは制覇(ルーブル美術館)しているので、大英博物館(British Museum)へ行けばあと世界3大博物館はアメリカのメトロポリタン美術館のみと大手をかけているので、やはり大英博物館(British Museum)には絶対に行きたいと思いました。 (最もSt pancras station周辺で近い有名な建築物といえばここくらいですし・・・)

     いくらホテルから近いと言っても、また、右足ふくらはぎに異常を生じてはまずいと思い、ホテルからタクシーで向かう事にしました。

    それで、フロントにチエックアウトと同時に、 I want go to the British Museum. Please call me a taxi.(大英博物館に行きたいのでタクシーを呼んで頂けますか?)

    と言ったところ、Okay Please sit down by the seat there and wait a moment. (わかりました。 そこの椅子に座ってお待ちください)

    と言われました。 

            すると、黒人のタクシードライバーがやってきてタクシーに乗って出かけました。

   その運転手にWhere are you from? と問ったらGhana(ガーナ)という答えが返ってきました。

   Chocolete is famous(チョコレートが有名ですね)と答えたら???という顔をしたので、そういえば、有名なのはチョコレートでは無く、Cacao(カカオ)が有名ですね・・・ なので、Cacao is famous(カカオが有名ですね)と言ったら、Yes! Cacao Cacao(ココー、 ココー)とにっこりと笑って言ってくれました。

   そして、目的地のBritish Museum(大英博物館)に到着しました。 タクシー代は大体想像した通りで10£でした。

            大英博物館(1).jpg 

 

            大英博物館(2).jpg 

 

       ↑    British Museum(大英博物館)の外にあるカフェでしょうか・・・

 

            大英博物館(3).jpg 

 

            大英博物館(4).jpg 

 

         ↑     British Museum(大英博物館)はとても立派な建物でした

 

            大英博物館(5).jpg 

 

               ↑     入口のドアをくぐって・・・ 

 

            大英博物館(6).jpg 

 

       ↑    British Museum(大英博物館)は入場料無料ですが、このように寄付(5£)は受け付けています。

 

            大英博物館(7).jpg 

 

    ↑     Welcome to the British Museum (ようこそ大英博物館へ) という垂れ幕が良いです。

 

            大英博物館(8).jpg 

 

            ↑     内部もステキな雰囲気が漂っています。 

 

                                              「雨」

 




大英博物館展: 100のモノが語る世界の歴史 (単行本)

大英博物館展: 100のモノが語る世界の歴史 (単行本)

  • 作者: 大英博物館
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2015/03/24
  • メディア: 大型本


NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: Blu-ray




 


nice!(618)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - のんびりとヨーロッパの旅 ブログトップ