So-net無料ブログ作成
のんびりとヨーロッパの旅 ブログトップ
前の10件 | -

モンマルトル [のんびりとヨーロッパの旅]

    ホテルから近い、メトロ・マドレーヌ駅から、メトロ12号線に乗って、Lamarck-Caulaincouri (ラマルク・コーランクール)駅で降ります。



      この駅は、モンマルトルのブドウ畑に一番近い駅なのですが・・・






             モンマルトル(1).jpg




     いくら歩いても、ブドウ畑は見つからず・・・ 





             モンマルトル(2).jpg





        ↑    道の途中にはワインボトルを捨てる専用のゴミ箱がありました。






             モンマルトル(3).jpg





         ↑    さらに道に迷って、道を尋ねたところ、イタリア人だったらしく、Ciaoでわかれ、教えられた通り道を歩いて行くと・・・ たどり着いたのは、モンマルトル墓地でした・・・






             モンマルトル(4).jpg





        ↑     すでに、どこを歩いているのかサッパリで、元来た道もロストしてしましました。





             モンマルトル(5).jpg





         ↑     途中行き会った、お散歩中のワンちゃん (フレンチブルドッグ?)





             モンマルトル(6).jpg





       ↑   赤い看板には、VINS & ALCOOLS (ワインとアルコール類)と書かれています。






             モンマルトル(7).jpg





            ↑      どうやら、ワインショップのようでした。






             モンマルトル(8).jpg




 

       ↑   奥に見える風車は、今では、モンマルトルで2つしかない風車の内の一つです。






             モンマルトル(9).jpg






             モンマルトル(10).jpg





      


       ↑    教会が見えてきました。 どうやら、サンピエール教会 (Eglise Saint-Pierre de Montmartre)らしいです。









nice!(403)  コメント(38) 
共通テーマ:旅行

プティパレからホテルへ・・・ [のんびりとヨーロッパの旅]

      プティパレに展示されている作品を見ながら歩きます。






             プティパリ(59).jpg




 

             プティパリ(60).jpg





             ↑     これも、エミール・ガレの作品です。





             プティパリ(61).jpg





             プティパリ(62).jpg






             プティパリ(63).jpg





      ↑     プティパレから出て、コンコルド広場の方面を眺めるとこんな感じです。






             プティパリ(64).jpg





          ↑     逆に凱旋門の方を眺めると、このような景色になります。






             プティパリ(65).jpg





         ↑    この女性が着ている服に漢字らしきものが書かれていたので、拡大してみると・・・?





             (プティパリ).jpg




         ↑    極度乾燥 ・・・ 中国語のようでした・・・ 残念・・・





             プティパリ(66).jpg





        ↑     ツタンカーメン!? 置物の様に見えますが、人が入っています。








プジョー PEUGEOT ミル ソルトミル 粗さ調節 12cm 白木 パリ ユーセレクト 23379

プジョー PEUGEOT ミル ソルトミル 粗さ調節 12cm 白木 パリ ユーセレクト 23379

  • 出版社/メーカー: PEUGEOT (プジョー)
  • メディア: ホーム&キッチン
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2019年5月号[おいしいパリ。]

madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2019年5月号[おいしいパリ。]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: 雑誌
 

nice!(423)  コメント(32) 
共通テーマ:旅行

プティパレの中に Vol.5 [のんびりとヨーロッパの旅]

                     半セルフ式のカフェで、一休みして、また、プティパレの中を見て回ります。






            プティパリ(50).jpg





            プティパリ(51).jpg





                 ↑    プティパレの中庭





            プティパリ(52).jpg





            プティパリ(53).jpg




      

            プティパリ(54).jpg





               ↑     エミール・ガレの作品ですね。





            プティパリ(55).jpg





            プティパリ(56).jpg





       ↑     プティパレの窓から、向かい側にある、グランパレを眺めます。






            プティパリ(57).jpg





            プティパリ(58).jpg





       ↑    これも、また、エミール・ガレの作品ですが、どこか日本の文化を取り入れた様な作品に感じます。









プジョー PEUGEOT ミル ソルトミル 粗さ調節 12cm 白木 パリ ユーセレクト 23379

プジョー PEUGEOT ミル ソルトミル 粗さ調節 12cm 白木 パリ ユーセレクト 23379

  • 出版社/メーカー: PEUGEOT (プジョー)
  • メディア: ホーム&キッチン
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2019年5月号[おいしいパリ。]

madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2019年5月号[おいしいパリ。]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: 雑誌

nice!(425)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

プティパレの中に Vol.4 [のんびりとヨーロッパの旅]

       プティパリのカフェで一休みします。






             プティパリ(38).jpg






             プティパリ(39).jpg






             プティパリ(40).jpg




             プティパリ(41).jpg





             プティパリ(42).jpg





       ↑    注文したのは、サンドウィッチとビール(1664)です。 フランスでビールというと、この1664が出てきます。 缶ビールは不味い印象ですが、ブルー色のタブになっているのは、日本と違ってお洒落な感じがして、ビールも美味しく頂けます。





             プティパリ(43).jpg






             プティパリ(44).jpg






             プティパリ(45).jpg





             プティパリ(46).jpg






             プティパリ(47).jpg






             プティパリ(48).jpg





             プティパリ(49).jpg






        ↑    ビールを飲んで、ほろ酔い気分で中庭を撮影しましたが、とてもステキな場所でした。





                                                                                                                                 「曇」




プジョー PEUGEOT ミル ソルトミル 粗さ調節 18cm 白木 パリ ユーセレクト 23393

プジョー PEUGEOT ミル ソルトミル 粗さ調節 18cm 白木 パリ ユーセレクト 23393

  • 出版社/メーカー: PEUGEOT (プジョー)
  • メディア: Home



nice!(411)  コメント(26) 
共通テーマ:旅行

プティパレの中に Vol.3 [のんびりとヨーロッパの旅]

       プティパリ(Petit Palais,city of Paris Fine Art Museum)(パリ市立美術館)の中の続きになります。






            プティパリ(30).jpg





            プティパリ(31).jpg





            プティパリ(32).jpg





            プティパリ(33).jpg





         ↑    天井画はアール・ヌーボー調のフレスコ画で出来ています。





            プティパリ(34).jpg





            プティパリ(35).jpg





        ↑     回廊を歩いて行くと、隠れ家的なカフェがありました。





            プティパリ(36).jpg





            プティパリ(37).jpg





     ↑     半セルフ方式のカフェです。 後ろに並んでいる男の人に注文時に順番を抜かされましたが、それを見ていたカフェの従業員の女の子が注意してくれました。 フランス人は基本的に順番を重視しませんが、この対応には感心しました。







プジョー PEUGEOT ミル ソルトミル 粗さ調節 18cm 白木 パリ ユーセレクト 23393

プジョー PEUGEOT ミル ソルトミル 粗さ調節 18cm 白木 パリ ユーセレクト 23393

  • 出版社/メーカー: PEUGEOT (プジョー)
  • メディア: Home
 

nice!(414)  コメント(22) 
共通テーマ:旅行

プティパレの中に Vol.2 [のんびりとヨーロッパの旅]

            プティパリ(Petit Palais,city of Paris Fine Art Museum)(パリ市立美術館)の美術品の続きになります。




             プティパリ(19).jpg






             プティパリ(20).jpg





             プティパリ(21).jpg





                                ↑      ルノアール作




             プティパリ(22).jpg




             プティパリ(23).jpg





             プティパリ(24).jpg





             プティパリ(25).jpg






                   ↑    セーブルの食器 




             プティパリ(26).jpg 





             プティパリ(27).jpg





             プティパリ(28).jpg




 

             プティパリ(29).jpg





                 ↑     18世紀の室内装飾








プチパレ、パリ、フランスの正面入り口。 PC Mouse Pad パソコン マウスパッド

プチパレ、パリ、フランスの正面入り口。 PC Mouse Pad パソコン マウスパッド

  • 出版社/メーカー: Varezane
  • メディア: エレクトロニクス
プジョー PEUGEOT ミル ソルトミル 粗さ調節 18cm 白木 パリ ユーセレクト 23393

プジョー PEUGEOT ミル ソルトミル 粗さ調節 18cm 白木 パリ ユーセレクト 23393

  • 出版社/メーカー: PEUGEOT (プジョー)
  • メディア: Home

nice!(409)  コメント(28) 
共通テーマ:旅行

プティパレの中に [のんびりとヨーロッパの旅]

          プティパレ(Petit Palais,city of Paris Fine Art Museum)の中に入ります。





              プティパリ(10).jpg





                 ↑      プティパレの入口



 このプティパレの入口では、結婚式の撮影を行っている方がいました。 また、プティパレは一部、無料(常設展)で入場出来るのですが、チケットは必要らしく、チケット売り場で、発行してもらいました




      

              プティパリ(11).jpg





          ↑      エミール・ガレの作品を中心に展示されています。




            

              プティパリ(12).jpg






              プティパリ(13).jpg






              プティパリ(14).jpg





                                 ↑      猿を連れた貴婦人





              プティパリ(15).jpg





              プティパリ(16).jpg




              プティパリ(17).jpg





              プティパリ(18).jpg









エミール・ガレ ヴォージュ山脈風景紋 花瓶

エミール・ガレ ヴォージュ山脈風景紋 花瓶

  • 出版社/メーカー: エミール・ガレ
  • メディア:
パリでしたい100のこと 大好きな街を暮らすように楽しむ旅

パリでしたい100のこと 大好きな街を暮らすように楽しむ旅

  • 作者: トリコロル・パリ
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2017/04/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





nice!(405)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

そして、プティパレへ [のんびりとヨーロッパの旅]

       コンコルド広場から、プティパレ(Petit Palais city of Paris Fine Art Museum)を目指します。




       

              プティパリ(1).jpg





         ↑     コンコルド広場からは色々な方面へ行ける便利な場所です。





              プティパリ(2).jpg





             

              プティパリ(3).jpg





              プティパリ(4).jpg





        ↑    途中には、モナリザのポスターの絵にイタズラしたものが貼られていました。





              プティパリ(5).jpg





                ↑       地面には栗が・・・





              プティパリ(6).jpg





                ↑       ネコちゃんがいました。





              プティパリ(7).jpg




                 ↑     そして、グランパレ到着!




              プティパリ(8).jpg





                   ↑    グランパレ




              プティパリ(9).jpg





          ↑     グランパレの反対側がプティパレになっているのです。









nice!(428)  コメント(26) 
共通テーマ:旅行

コンコルド広場周辺 [のんびりとヨーロッパの旅]

        ロワイヤル通りから、戻って、コンコルド広場の方へ歩いて行きます。





             コンコルド広場(1).jpg





             コンコルド広場(2).jpg



           ↑     コンコルド広場には、オベリスクがあります。





             コンコルド広場(3).jpg




             

             コンコルド広場(4).jpg





                ↑      コンコルド広場の噴水





             コンコルド広場(5).jpg





            ↑     セーヌ川の方にはエッフェル塔が見えます。




        

             コンコルド広場(6).jpg





       ↑    製菓学校でも有名なLEÔTRE(ルノートル)のトラックが走っていました。





             コンコルド広場(7).jpg






               ↑     セーヌ川河岸まで行ってみます。 






             コンコルド広場(8).jpg





            

             コンコルド広場(9).jpg





         ↑      セーヌ川には、停泊している船がよくありますね。





                                              「晴」

           







テーマで選べる かんたん1日パリめぐり

テーマで選べる かんたん1日パリめぐり

  • 作者: トリコロル・パリ
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2016/02/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
             

nice!(421)  コメント(28) 
共通テーマ:旅行

HERMÈS本店へ [のんびりとヨーロッパの旅]

      世界で最も高級な通りと呼ばれる、ロワイヤル通りに向かいます。






             ロワイヤル通り(1).jpg





                                     ↑    8区 RUE ROYALE






                                    ロワイヤル通り(2).jpg






                                    ロワイヤル通り(3).jpg





                  ↑      高田賢三(KENZO)のペーパバックを持っている人が・・・ パリでは、いまだに人気のようです。






            ロワイヤル通り(4).jpg





              ↑     HERMÈS(エルメス)本店の屋上には、ナポレオン帽をかぶり、百寿馬像が・・・ 両手には、エルメスのスカーフの旗を持っているようです。




          

            ロワイヤル通り(5).jpg





            ロワイヤル通り(6).jpg





            ロワイヤル通り(7).jpg





            ロワイヤル通り(8).jpg




           

      ↑     ショーウィンドウに飾られている洋服も高級感にあふれています。





            ロワイヤル通り(9).jpg





     ショーウィンドウの写真を撮っているとき、高校生の集団の中の一人の子が、写真を撮ってあげると近づいてきましたが、カメラ狙いの可能性もあって、断りました。




     その後、店内に入って欲しい物の下見しました。




                                           「晴」








nice!(403)  コメント(28) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - のんびりとヨーロッパの旅 ブログトップ