So-net無料ブログ作成

GW Little journey Vol.2 [旅行]

                    前回の続きの記事になります。






            GW 2019(13).jpg





       ↑     根津神社には、縁日が出ており、射的で楽しむ子供の姿も見受けられました。





           

            GW 2019(14).jpg






                ↑     ツツジに蜂が・・・





            GW 2019(15).jpg





       ↑     真ん中にあるのが、オレンジ色のツツジでしょうか・・・?





            GW 2019(16).jpg





        ↑     つつじ苑は人気のようです。 (寄進料200円取られても・・・)






            GW 2019(17).jpg





           ↑      橋を入れて、つつじ苑を遠くに望む 





            GW 2019(18).jpg





               ↑         鯉のぼり




    

            GW 2019(19).jpg





                ↑      昔ながらの路地裏




             

            GW 2019(20).jpg





        ↑    金太郎飴屋さんでは、新元号令和の飴が売られていました。





            GW 2019(21).jpg





        ↑     根津神社から、池之端に向かう途中には藤が咲いている所がありました。






            GW 2019(22).jpg





       ↑     今回、最後に訪れた場所は・・・ 鷗外温泉に日帰り入浴です。






            GW 2019(23).jpg






                  ↑      鷗外荘の中




 

            GW 2019(24).jpg





              ↑     天然温泉、都内第一号認定の湯です。






                                                                                                                              「晴」







nice!(425)  コメント(34) 
共通テーマ:旅行

GW Little journey [旅行]

    今年のGWは10連休と騒がれていましたが、前半は、雨の日も多く、残念な感じもしました。



  そんなGWの旅行は、近くの場所に、懐かしさも含めて(?)チョット遊びに行くという形になりました。




     と言うわけで、最初に訪れた場所は・・・





             GW 2019(1).jpg






        ↑    羽二重団子日暮里駅前 店 です。 本店は、改装工事中の為、こちらに訪れました。






             GW 2019(2).jpg







             GW 2019(3).jpg





             ↑     羽二重団子セット と 七味団子 です。





             GW 2019(4).jpg






       ↑     更には、ランチセットも頂きます。 水羊羹・お善哉・醤油団子・苺 のセットですが、水羊羹は無くなってしまって、餡団子に変更されました。





     思ったより、お団子は小さいので、これだけ食べても、大丈夫です。 ただ、お団子としてはお値段が高い様な気がします。 (一本325円 二本ではありません)下町にしては、高級団子ですね。






             GW 2019(5).jpg




         ↑    店内には、お団子が入った、黄色い容器が置かれていました。




   と、いきなり、花より団子で始まったこの記事ですが・・・




             GW 2019(6).jpg





      ↑     日暮里から、西日暮里まで、歩きます。 写真では、JRの駅になっていますが、乗るのメトロ(千代田線)です。





 

             GW 2019(7).jpg





       ↑     そして、根津で下車します。 根津神社に向かう途中に、根津のビリケンさんがいました。






             GW 2019(8).jpg





           ↑     根津神社に到着です。 ものすごい人出でした。




            

             GW 2019(9).jpg






        ↑    昔、訪れた時はつつじ苑も無料だったのですが、寄進料200円取られるようになっていました。





             GW 2019(10).jpg






             GW 2019(11).jpg






         ↑     結局、つつじ苑には、入らず、外からつつじ苑を撮影です。






             GW 2019(12).jpg






         ↑     乙女稲荷神社の千本鳥居も人混みで満員でした。










nice!(430)  コメント(40) 
共通テーマ:旅行

プチ夏旅行 [旅行]

       暑中見舞い申し上げます。



 例年に無く、猛暑が続いていますが、皆様、体調など崩しておられないでしょうか?


    今日は、日曜日ですが、日曜日恒例の番組が、お休みの為、別の話題として、涼風をお届けします。 少しでも、本記事によって暑さを忘れて頂ければと思います。



           群馬2018(1).jpg



        ↑     土田酒造へ試飲を兼ねて訪れました。 酒造らしい杉玉



           群馬2018(2).jpg



       ↑     譽國光柚子酒 日本酒仕込みのゆず酒で、ゆずの香りが強く、甘口でとても飲みやすいお酒です。


        

           群馬2018(3).jpg



    ↑   譽國光 源泉 武尊山の伏流水 無料で汲んで持ち帰れます。 飲んでみると、かなり柔らかいお水でした。 やはり、お酒造りには良いお水は必須ですね。



           群馬2018(4).jpg


           群馬2018(5).jpg



     ↑     大吟醸ソフトクリームです。 ほのかに香る大吟醸のお酒が大変美味しいです。



           群馬2018(6).jpg



           群馬2018(7).jpg


           群馬2018(8).jpg


           群馬2018(9).jpg



       ↑     そして、吹割の滝へ移動です。 沼田市の片品渓谷にかかる名瀑で、迫力があることから、東洋のナイアガラとも言われているようです。

  

    周囲には、吊り橋や観瀑台もあり、涼風が吹き抜ける渓谷を散策するのには、最高に気持ちが良い所です。    

           群馬2018(10).jpg


      ↑     吹割の滝に行く途中に、いわな食堂があり、幻の魚「いわな」と書かれていて、炭火で焼かれた美味しそうなイワナがあったので、食べることにしました。



      群馬2018(11).jpg


     ↑    イワナ  塩加減も良く、とても淡泊で美味しいお魚でした。 お店の方はチョット無愛想な感じですが、そういうお店の方が美味しかったりするものですね。



                                            「晴」





nice!(481)  コメント(40) 
共通テーマ:旅行

神田明神に行ってみる! [旅行]

      今日は日曜日ですが、いつもの記事は、放送がお休みの為、他の話題になります。


  さて、どの話題にしようか考えましたが、今回はこの記事で・・・


        長年使用している、楽器、トランペットですが、主管の抜き差し管が抜けなくなっていて、結構前からそのままの状態で使用していたのですが、やはり、買った楽器店に修理を申し込んだ方が良いと思い、御茶ノ水にある下倉楽器に約1ヶ月程預けて、直りましたと連絡があったので、引き取りに行きました。


            神田明神(1).jpg


       ↑     4階にある管楽器リペアセンターです。 さすがプロの仕事というべきか・・・ ちゃんと直って戻ってきました。 おまけに抜水管のゴムも新品に交換してくれていました。


   さて、楽器(トランペット)を持って、せっかくですから、神田明神へ訪れてみようと思い、訪れることに・・・


             神田明神(2).jpg


                  ↑      神田明神の鳥居


             神田明神(3).jpg


    ↑      大黒様でしょうか・・・ お祈りしている方がたくさんいらっしゃいました。


             神田明神(4).jpg


        ↑     絵馬はやはり、アニメ「ラブライブ!」の聖地だけあってラブライブ!の絵柄のものが多いですね。 (左側には現在のラブライブ!というべき「ラブライブ!サンシャイン!!」の絵柄の絵馬ですね)


             神田明神(5).jpg


       ↑      東條 希ちゃんではありませんが、巫女さんの姿も見受けられました。


             神田明神(6).jpg


    ↑     μ’sはよくこの男坂で体力トレーニングをしていましたが、確かにキツイ坂でした。


             神田明神(7).jpg


            ↑       境内にはさざれ石が置かれていました。


             神田明神(8).jpg


                 ↑       神田明神本堂


             神田明神(9).jpg


      ↑    5月のお祭りの時に使用される御神輿は金ピカでとてもステキなものでした。


             神田明神(10).jpg


      ↑      「ラブライブ!サンシャイン!!」に舞台が移り聖地も沼津になりましたが、元祖?ラブライブ!の聖地であるこの場所で、写真を撮られる方が次から次へといました。 まだμ’sの人気の高さは健在のようです。


    と、今回は楽器の街、御茶ノ水と聖地巡礼に、神田明神へのお参りというなんだか盛りだくさんの小旅行になりました。


                                              


                                              「雨」


 



























nice!(542)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

谷根千 Vol.2 [旅行]

                根津神社の続きの記事になります。





            

             谷根千(12).jpg





             ↑       根津神社の境内に咲くつつじ



            

             谷根千(13).jpg




          

             谷根千(14).jpg




               ↑       神橋から眺めるつつじ


 

             谷根千(番1).jpg


       

        ↑     神橋から見える水路に亀が甲羅干しをしていました。




             谷根千(15).jpg




     ↑     根津神社でつつじを楽しんだ後は、焼き鳥や釜飯で有名な「松好」さんへ




  
  ↑      焼き鳥丼も良かったのですが、五目釜飯を注文!   鶏肉が鶏そぼろ肉になっているのが変わっていると思いました。 (オンマウスで釜の蓋が取れた状態になります)
              谷根千(18).jpg
               ↑     鶏の味が良く出た釜飯でした。
              谷根千(19).jpg
        ↑    松好さんを出て、通り歩いていると、つつじまつりの旗があちこちに立っていました。
    「曇」

nice!(560)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

谷根千 [旅行]

      京都旅行の聖地巡礼の途中ですが、今年のGWの話題になります。


  どこか、遠くへ出かけたいのもやまやまなのですが、色々あって、近場に出かけてみることにしました。



 

                 根津神社パンフレット.jpg



    その中で、根津神社「つつじまつり」が開かれているので根津神社へ出かけることに・・・



             谷根千(1).jpg




     ↑    東京メトロ千代田線に乗って、根津駅で下車して、根津神社へ向かいます。




             谷根千(2).jpg



            ↑       桜門 人が多く、カオス状態でした。



             谷根千(3).jpg



        ↑    唐門を越えた所に、願掛け「かやの木」があります。 白蛇の神様が願いを叶えてくれます。



             谷根千(4).jpg



             ↑    つつじの絵馬が季節がら、風流でしたl



             谷根千(5).jpg



           ↑     乙女稲荷神社の下にはつつじが咲いていました。



             谷根千(6).jpg




             谷根千(7).jpg



                ↑      千本鳥居参道とつつじ


            

             谷根千(8).jpg




         ↑     京都の伏見稲荷大社の千本鳥居と比べると、アレですが、まぁ、雰囲気はでています。 因みに鳥居1本10万円でたてる事ができるそうです。 京都の伏見稲荷大社の鳥居はいくらくらいするのだろうか・・・ と妙に考えてしまいます・・・



             谷根千(9).jpg




      ↑    乙女稲荷神社で参拝 お賽銭は十分にご縁がありますように と15円入れるのが良いと並んでいた男の人に話しかけられ、15円でお参りすることにしました。



    この乙女稲荷神社は五穀豊穣を祈ったことから「乙女」という名前が付いたと言われているらしいです。 それにちなんでか、赤カブが奉納されていました。



             谷根千(10).jpg




             谷根千(11).jpg




         ↑      黒猫とつつじ  おとなしい猫ちゃんでした。




                                                                                                                                     「晴」





nice!(574)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ルノワール展 [旅行]

      国立新美術館で「ルノワール展」が開催されてる情報を得て、行ってみることに・・・

                IMG blog用.jpg

                ↑      パンフレットの表紙

             ルノワール展(1).jpg

          ↑     乃木坂駅で見かけた、小田急4000系の我孫子行き 

             ルノワール展(2).jpg

     ↑    逆方向にはJR車のE233系2000番台 (小田急線直通)唐木田行き 

昔はこの様な組み合わせは見られませんでしたが、2016年03月26日のダイヤ改正以来見られるようになりました。

             ルノワール展(3).jpg

             ルノワール展(4).jpg

             ルノワール展(5).jpg

        ↑     あちらこちらで見られる「ルノワール展」の宣伝

            IMG blog用.jpg

                                               (浴女たち)

       ↑    パリ(Paris)に旅行した時に、オルセー美術館で撮影した絵画と再びご対面することが出来ました。

            IMG blog用.jpg

     ↑    オルセー美術館で見た時も人気でしたが、 (ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会)は日本でも絵の前には人だかりが出来ていました。

                IMG blog用.jpg

      ↑   日本の「ルノワール展」では、中央より少し行った所に展示されていました。 (ピアノを弾く少女たち) 私としてはオーギュスト・ルノワールの絵の中では一番のお気に入りです。

           ルノワール展(6).jpg

     ↑   ショップにはルノワールの関連グッツが売られていましたが、フランスのショップで見たようなグッツ類が無かったのが残念でした。

                                                                                                                                   「晴」

 









名画ポストカード14枚セット

名画ポストカード14枚セット

  • 出版社/メーカー:
  • メディア:



ルノワール画集 (世界の名画シリーズ)

ルノワール画集 (世界の名画シリーズ)

  • 出版社/メーカー: 楽しく読む名作出版会
  • 発売日: 2015/11/19
  • メディア: Kindle版





nice!(640)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

小石川後楽園 Vol.2 [旅行]

                    小石川後楽園の続きになります。

    梅林に咲いている梅を・・・    今回は、春の暖かさを若干表現した写真となっていますが、どうでしょうか・・・ 

            小石川後楽園(12).jpg

                ↑     「見驚」 という梅

            小石川後楽園(13).jpg

            小石川後楽園(14).jpg

         ↑    「白加賀」という梅  小石川後楽園ではこの様に梅の木には札がついていて梅の名前がわかるようになっています。

            小石川後楽園(15).jpg

                 ↑     しだれ梅

            小石川後楽園(16).jpg

                ↑     「玉英」という梅

            小石川後楽園(17).jpg

                ↑     「紅千鳥」という梅

            小石川後楽園(18).jpg

                ↑      「ぶんご」という梅

            小石川後楽園(19).jpg

                ↑     「大盃」 と言う梅

            小石川後楽園(20).jpg

        ↑     不老水  「この井戸がいかなる旱魃にも水が枯れず、またいかなる洪水にもあふれ出すことがなかったこと」 から不老水と呼ばれるそうです。

            小石川後楽園(21).jpg

      ↑    観梅を楽しんだ後は、遅いブランチに神楽坂まで歩きます。 (結構歩きます) フランスブルターニュ地方の名物料理「ガレット」が食べられる人気店「カフェ・クレープリー・ル・ブルターニュ」へ。

            小石川後楽園(22).jpg

       ↑     午後3時まではお得な「ランチ」を実施しているようです。 飲み物は勿論「シードル」も選べますが、この日はある理由によりシードルをパスして「アイスアップルティー」にしました。

            小石川後楽園(23).jpg

      ↑    ガレット到着! フランス料理にしては提供が早い感じがしました。 ガレットはフランス人の心意気が感じられて素朴なお味でした。

            小石川後楽園(24).jpg

              ↑     店内の雰囲気もとても良いです。

  小石川後楽園には桜の時期にも訪れてみたいです。

                                                                                                                               「晴」












水戸観梅

水戸観梅

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2012/10/05
  • メディア: Kindle版



水戸の梅と弘道館 (1984年)

水戸の梅と弘道館 (1984年)

  • 作者: 松崎 睦生
  • 出版社/メーカー: 暁印書館
  • 発売日: 1984/12
  • メディア: -


nice!(619)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

小石川後楽園 [旅行]

     フランスの話しが途切れてしまってなんですが、今年の観梅は湯島天神だけで終わるのはチョット寂しい気がしまして、小石川後楽園に訪れてみることに・・・

     小石川後楽園は、水戸徳川家ゆかりの地です。 なんでも、水戸黄門で有名な徳川光圀公の父親である頼房公が江戸時代初期、寛永6年(1629年)にその中屋敷(のちに上屋敷となる)として造ったものです。 現在は、小石川後楽園は文化財保護法によって国の特別史跡・特別名勝に指定されています。 この二重指定を受けているのは。全国でも小石川後楽園、浜離宮恩賜公園、金閣寺等ごく限られているそうです。 

            小石川後楽園(1).jpg

               ↑       徳川 光圀公の絵

            小石川後楽園(2).jpg

        ↑     撮影用の水戸黄門になりきれる衣装が置いてありました。

            小石川後楽園(3).jpg

               ↑     一つ松を覆う雪吊り

            小石川後楽園(4).jpg

      ↑    団体用休憩場の近くに、なぜか桜(ソメイヨシノ)と思われる木があり、桜の花が咲いていました。 早咲きなのでしょうか・・・?

            小石川後楽園(5).jpg

       ↑     近くには寒緋桜がありました。 寒緋桜はまだ蕾ですが・・・ 不思議です。

            小石川後楽園(6).jpg

        ↑   沢渡りの橋では、団体様が白糸の滝の説明を熱心に聞いていました。

            小石川後楽園(7).jpg

      ↑     九八屋  「酒を飲むに昼は九分夜は八分にすべし」と酒飲みならず万事控えるを良しとする。 との教訓による。 中々考え深い教訓だと思いました。

            小石川後楽園(8).jpg

      ↑   本家の偕楽園と違って小規模な梅林がありました。  「浜千鳥」という梅

            小石川後楽園(9).jpg

                 ↑   「冬至」という梅

            小石川後楽園(10).jpg

               ↑     「豊後」という梅

            小石川後楽園(11).jpg

        ↑   静かな梅林に時折、後楽園遊園地からのジェットコースターの歓声が聞こえてくるのが何ともミスマッチ・・・ 東京ドームの屋根も見えます。

                                              「曇」

 









水戸の梅と弘道館 (1984年)

水戸の梅と弘道館 (1984年)

  • 作者: 松崎 睦生
  • 出版社/メーカー: 暁印書館
  • 発売日: 1984/12
  • メディア: -



水戸観梅

水戸観梅

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2012/10/05
  • メディア: Kindle版


nice!(636)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

湯島天神の梅 Vol.2 [旅行]

                            湯島天神の境内に咲く梅を何枚か・・・

            湯島天神の梅(11).jpg

            湯島天神の梅(12).jpg

            湯島天神の梅(13).jpg

      ↑     祈願に本殿に訪れる人がいました。 この橋は昔渡った様な気が・・・

            湯島天神の梅(14).jpg

                ↑       しだれ梅

            湯島天神の梅(15).jpg

             ↑   梅の木にはおみくじが結んでありました。

            湯島天神の梅(16).jpg

            湯島天神の梅(17).jpg

            湯島天神の梅(18).jpg

               ↑      階段を下って帰ります。

            湯島天神の梅(19).jpg

       ↑    上野方面に行って、釜めしで有名な「釜めし春」へ ここ「釜めし春」は注文を受けてからご飯を炊く為、出来上がるまで30分は待ちます。

            湯島天神の梅(20).jpg

       ↑    30分待って出来立ての釜めしが・・・ 今回は普段注文している五目釜めしではなく、かき釜めしにしてみました。 かきの風味が引き立ちとても美味しい釜めしでした。

                                                「晴」












湯島上野のおいしい店 (ぴあMOOK)

湯島上野のおいしい店 (ぴあMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: ムック



八百万の神様Tシャツ 合格祈願に菅原道真(天満宮)Tシャツ FRG

八百万の神様Tシャツ 合格祈願に菅原道真(天満宮)Tシャツ FRG

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: ウェア&シューズ


nice!(656)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行