So-net無料ブログ作成

銀座散策 WHITE DAY Ver. [日記]

       今日は、ホワイトデーですね。 バレンタインデーのお返し、何になさったでしょうか?

義理チョコへのお返しに悩んだ方もいらっしゃることでしょうね。


  想像では、一番人気は、ラデュレのマカロンかも知れません。 本命の方にはジュエリーが喜ばれるのでしょうか・・・



  アンケートでは、7割弱の方がお返しを特に期待していないようです。



     さて、本ブログでは、ホワイトデーに因んで、銀座散策WHITE DAY Ver.で・・・





             ホワイトデー2019(1).jpg





        ↑    銀座チャンスセンター まずは夢でもみつつ・・・!?





             ホワイトデー2019(2).jpg




               ↑     数寄屋橋交差点にある交番




             ホワイトデー2019(3).jpg





               ↑      エルメス銀座店の立派なビル





             ホワイトデー2019(4).jpg





       ↑   元、ソニービルがあった場所(銀座ソニーパーク)にはトレイラーハウスを改造したサテライトスタジオ、銀座・数寄屋橋交差点Toyo FMがあり、公開生放送を発信しているようです。





             ホワイトデー2019(5).jpg




               ↑     エルメス銀座店のディスプレイ 



   パリ本店のディスプレイは、お洋服中心としているのに対して、昆虫をモチーフとしたディスプレイでした。 銀座商店街の共通したテーマにも見えますが、どうなのでしょうか? お店の方に質問したかったのですが、忙しそうなのでやめました。





             ホワイトデー2019(6).jpg





               ↑     和光の奥には三越も見えます。




             ホワイトデー2019(7).jpg






             ホワイトデー2019(8).jpg





          ↑     今回訪れた先は、昭和28年創業の、銀座鳥ぎん本店です。





             ホワイトデー2019(9).jpg




          

                   ↑     カウンター席




             ホワイトデー2019(10).jpg





         ↑     12種類もの釜めしがあります。 価格は銀座にしては良心的です。





             ホワイトデー2019(11).jpg





                 ↑    焼き鳥5本



    備長炭で焼かれた焼き鳥は、遠赤外線で中はふんわり、外はカリカリに焼かれてとても美味しいです。






             ホワイトデー2019(12).jpg






             ホワイトデー2019(13).jpg




   

         ↑    鳥釜めしを注文!   鳥そぼろが良い味を出していて、何杯でも食べられる感じの釜めしでした。





 

             ホワイトデー2019(14).jpg





                  ↑     なめこ汁も注文





             ホワイトデー2019(15).jpg





     ↑     鳥ぎんさんで焼き鳥に釜めしを頂いた後は、PIERRE MARCOLINI(ピエール・マルコリーニ)さんのお店のショーウィンドウを・・・


  

    ちゃんとWHITE DAY と書かれているのがおわかりでしょうか。



  ベルギー生まれのパティスリーで、有名です。




       と言うわけで、銀座散策 WHITE DAY Ver. でした。





                                                                                                                          「晴」







nice!(430)  コメント(46) 
共通テーマ:旅行

コミックマーケット95 [日記]

                  昨年暮れの12月29日から31日まで開かれていた、コミックマーケット95に、初日の12月29日に友人と出かけました。





              C95(1).jpg




          ↑     新木場駅まで乗車した武蔵野線はE231系で、武蔵野線開業40周年のヘッドマークが飾られていました。 これはレアでラッキーでした。





              C95(2).jpg





        ↑      新木場駅から、りんかい線に乗り換えて、国際展示場駅の改札で友人と待ち合わせました。 少々早く着いたので、駅の内部を撮影です。 (映画ラブライブ!サンシャイン!!の垂れ幕等があります)




            

              C95(3).jpg






                  ↑      東京ビックサイト 





              C95(4).jpg




 

         ↑       コスプレイヤー写真第一弾は、雨宮奈生さんです。 どんぎつねというキャラです。 人気で、写真を撮影するのにも並びます。 ルールがあって、勝手に撮影はNGです。 また、撮影した後に、写真を見せてあげる必要があります。 雨宮さんの「ステキに撮ってくれてありがとう御座います」という言葉は嬉しかったです。






              C95(5).jpg





         ↑     自販機には萌えジュース!?なものも見受けられました。 購入しようか迷いましたが、200円という価格に、チョット躊躇してしまいました。





              C95(6).jpg






       ↑     防災公園の方で、今回はコスプレを催していたようです。 ふなっしーですね。





 

              C95(7).jpg





 

         ↑    ラブライブ!サンシャイン!!のコスプレイヤー達ですが・・・ 実はこの方達は男の方です。





              C95(8).jpg






         ↑      これは、何のコスプレだったのか失念してしまいました・・・






              C95(9).jpg






        ↑      シティーハンターのコスプレイヤー   映画版もオンエアされているので、人気ですね。





              C95(10).jpg






                ↑       初音ミクのコスプレイヤー 





              C95(11).jpg





        ↑      新世紀エヴァンゲリオンから綾波レイのコスプレイヤーですね。




   

   まだまだ、コスプレイヤー達の写真はあるのですが、きりが無いので、次に訪れた場所に・・・






              C95(12).jpg





        ↑      お台場ガンダムです。 ユニコーンガンダムになっていました。





  そして、ゆりかもめで新橋まで移動して、北海堂さんで、友人とささやかな忘年会を・・・





              C95(13).jpg





        ↑     名前は知っていたのですが、実はこの時まで、飲んだことが無かったホッピーです。 念願叶って黒ホッピー割りを飲むことが出来ました。 ビールのような味わいですが、またビールとは違った味わいがくせになりますね。





              C95(14).jpg





                  ↑      ほっけ刺し 





              C95(15).jpg





                   ↑      鮭の刺身  





    とても充実した一日となりました。




                                                                                                                              「雪」






                   

nice!(438)  コメント(62) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

謹賀新年 2019 [日記]

                              



                                       DSC02969.jpg





                                       DSC02966.jpg





               2019年  元旦





             DSC07206.jpg






             DSC07207.jpg





                 ↑      紅白のマンリョウ




                 IMG blog用.jpg




                     ↑     書家の字






             DSC07296.jpg





         ↑     今年は、京都のおせちをセレクト!  それと、手作りおせちのコラボ





             DSC07300.jpg





                    ↑    お雑煮




             DSC07302.jpg





             DSC07306.jpg





       ↑     今回、主に飲んだシャンパーニュ :シャルル・ド・カサノーヴ・ブリュット です。 ラベルが変更になったようですが、味わいは以前と変りませんでした。



   シャルル・ド・カサノーヴ・ブリュットと言えば、イギリスの国王エドワード7世も愛飲して、専用のラベルを作らせていたという逸話をもっています。





        おせちの品数が多かったせいか、シャンパーニュもバッチリ合いました。 




   

         昨年は大変お世話になりました。 今年もよろしくお願い申し上げます。






                                               「晴」







nice!(495)  コメント(422) 
共通テーマ:日記・雑感

ムンク展・・・ そして(年末編) [日記]

       今年2018年(平成30年)も、残すところ、後一日となりましたね。





    さて、先日、東京都美術館で開かれている、ムンク展に行ったことを記事にしたいと思います。





               IMG blog用.jpg






                  ↑     ポスター 





            年末の記事2018(1).jpg





        ↑    ムンク展へいざなうのぼり旗が風に揺らめいていました。




           

            年末の記事2018(2).jpg





            ↑      坂を上がって、東京都美術館に到着!




            

            IMG blog用.jpg





                 ↑    「病める子 Ⅰ」、




        母と姉を失った深い悲しみが表れているような絵でした。




            IMG blog用.jpg





                 ↑     「真夏」



              

    北欧の夏の明るい光を浴びる人々が、描かれていました。 エドヴァント・ムンクの叫びとは違った印象に感じます。




               IMG blog用.jpg

           



                   ↑    「叫び」



  魂の叫び、不安と絶望の部屋は、作品が傷まない様に照明が落とされていました。 そして、人気のせいか行列が出来ていて、絵の前を鑑賞する際は、立ち止まり禁止となっていたのは驚きでした。

  

  ムンクの叫びは全部で4点の作品が存在していて、絵を見ると橋のように見えますが、丘の上の柵だそうです。



      


            年末の記事2018(3).jpg





                   ↑      売店





            年末の記事2018(6).jpg





          ↑   今回、購入したグッズは、オスロ美術館製のスクリームドームです。 これで美術館製のドームは2個目になります。




   

            年末の記事2018(4).jpg






        写真撮影コーナーでは、ぬいぐるみ(さけびクン)と一緒に自撮りしていた人もいました。





  ムンク展を堪能した後は、上野から二つ目の秋葉原の駅(電気街口)から歩いて、10分の所にある、神田藪蕎麦へ・・・ 以前、お店の前まで訪れているのですが、何故か定休日に会って食べられないことがありました。




                                  年末の記事2018(5).jpg





            年末の記事2018(7).jpg





                ↑      御品書






            年末の記事2018(8).jpg

   




     ↑      せいろそば2枚を注文! 一般的なせいろとは違って、細麺で大変食べやすいのが特徴でした。





            

            年末の記事2018(9).jpg






       ↑      そして、最大の特徴は、生醤油につけてお蕎麦を食します。 好き嫌いが

わかられるかも知れませんが、江戸っ子の粋を感じました。






            年末の記事2018(10).jpg






        ↑     そして、もう一品、かき揚げを注文! サクサクと揚がったかき揚げは絶品でした。




         


   年越しそばを食べる行事は明日ですが、一日早めのそばとなりました。



   

   さて、今回の更新をもちまして2018年(平成30年)のブログ納めとさせて頂きます。 皆様、佳いお年をお迎えください。



     

                                                                                                                             「晴」







nice!(465)  コメント(67) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

没後50年藤田嗣治展 [日記]

      没後50年藤田嗣治展を観に、上野の東京都美術館へ出かける事に・・・



  

               IMG ブログ用.jpg




      ↑    このポスターの絵は、アメリカでフランスを思って書いた物で、これからフランスに戻る事のの不安な気持ちも絵に表れているようです。





               IMGブログ用.jpg




                ↑     「人形を抱く少女」


 

   交流のあった、モジリアーニの影響からか、首の長い少女がカワイイ感じですね。 藤田嗣治といえば、猫の描写が有名です。




           IMGブログ用.jpg




         ↑     「フルール河岸 ノートルダム大聖堂」


  

     パリらしい風景が何ともいえない感じがします。 ポンピドゥー・センタで観たかったです。





  全80点にわたる展示は大変見応えがありました。 細い筆で、白い肌を際立たせているのが特徴的で、フランス人の奥様が2人いたとは知りませんでした。




             藤田嗣治展(2).jpg




         ↑   外からみた売店の様子 フランス直輸入の物も少しだけ売っていました。





             藤田嗣治展(1).jpg




         ↑     記念写真が撮れる撮影ブースがあります。 インスタングラム等のSNSをやっている方は、♯藤田展 で検索すると色々出てくるようです。




    藤田展を観た後は、お食事タイム!




             藤田嗣治展(3).jpg




    フォレスティーユ精養軒さんです。




    

             藤田嗣治展(4).jpg





             藤田嗣治展(5).jpg




       ↑    ふわふわオムレツ・2色ソース 海老フライ添え を注文!



    同時に2種類のソースのハヤシライスとクリームシチューが味わえるのはお得な感じがしました。





             藤田嗣治展(6).jpg





       ↑     食後は、パンダラテ 可愛らしいパンダのお顔と、スカイツリーのマキアートが美しいです。



   シャンシャンはまだ見ていませんが、この、パンダラテを飲んで、見に行きたくなりました。


 

  また、この没後50年藤田嗣治展は10月8日までやっていますので、興味のある方はいらしてみては・・・。




             チャペル・フジタ(6).jpg




        ↑     これは、以前訪れたランスにある藤田礼拝堂 祭壇の下にご夫婦が眠っています。



   今回の展示にも、藤田礼拝堂の写真がありました。






nice!(467)  コメント(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

世界らん展日本大賞2018 Vol.2 [日記]

           世界らん展日本大賞2018の続きの記事になります。




            世界蘭展2018(11).jpg




       ↑     今回の展示の中ではお気に入りの「蘭の饗宴」 ユーフォニアムが飾られている所がポイントですね。




            世界蘭展2018(12).jpg




             世界蘭展2018(13).jpg




                                世界蘭展2018(14).jpg



 

                       ↑      ぶら下がった蘭のオブジェが魅力的です。




           世界蘭展2018(15).jpg




              ↑      鎧甲冑と蘭のコラボ



         

           世界蘭展2018(16).jpg




               ↑         「誕生」




           世界蘭展2018(17).jpg




       ↑    「迷蝶」 蝶の形を大きな蘭で作られたこの作品が、人気を集めているようでした。




           世界蘭展2018(18).jpg




    ↑     シャンパーニュ(モエ・エ・シャンドン)と蘭  華やかでステキです。




           世界蘭展2018(19).jpg




      ↑   「Next door」  名前の通り、扉が特徴的で、未来的な雰囲気もあります。




 

           世界蘭展2018(20).jpg 



             ↑     やはり、蘭は魅力的なお花です。




                                              「雷」




「蘭物語」~世界らん展歴代大賞花イヤープレート~ 5枚セット

「蘭物語」~世界らん展歴代大賞花イヤープレート~ 5枚セット

  • 出版社/メーカー: 読売新聞
  • メディア: おもちゃ&ホビー

nice!(498)  コメント(24) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

世界らん展日本大賞2018 [日記]

         2月17日から、23日まで東京ドームで開かれている世界らん展日本大賞2018に出かけてみることに・・・   当日券は2200円、イヴニング券は1500円ですが、たまたま3時30分以降に入場したので、イヴニング料金での入場となりました。

      




             世界蘭展2018(1).jpg





                         ↑     正面に飾られている世界らん展大賞2018





                                     世界蘭展2018(2).jpg




                                     世界蘭展2018(3).jpg





                                     世界蘭展2018(4).jpg





                                     世界蘭展2018(6).jpg





                 ↑     今回の目玉、沖縄美ら海水族館からの展示。 様々な熱帯魚やカラフルなクラゲが目をひきます。




             世界蘭展2018(5).jpg




                ↑     協賛のYANASEの展示ブース




             世界蘭展2018(7).jpg






       ↑      假屋崎省吾「蘭の世界」  巨大な展示に圧倒されます。




             世界蘭展2018(8).jpg




             世界蘭展2018(9).jpg




             世界蘭展2018(10).jpg




                  ↑      様々な蘭の花




                                              「雨」





「蘭物語」~世界らん展歴代大賞花イヤープレート~ 5枚セット

「蘭物語」~世界らん展歴代大賞花イヤープレート~ 5枚セット

  • 出版社/メーカー: 読売新聞
  • メディア: おもちゃ&ホビー

nice!(495)  コメント(32) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

謹賀新年 2018 [日記]

                      

        

                                      年末の記事(1).jpg




                                      年始の記事(2).jpg




                 2018年 元旦





             年始の記事(5).jpg





             年始の記事(3).jpg




             年始の記事(4).jpg




         ↑     紅白のマンリョウと、その葉に付いていたセミの抜け殻 今年は、貴重な白のマンリョウがヒヨドリに食べられてしまいました・・・。




                  IMG2 blog用2.jpg




                   ↑       書家の字




              年始の記事(6).jpg



          

              年始の記事(7).jpg    




     ↑    今回は、ワインを合わせたかったので、和と洋のコラボのおせちにしました。 



           

              年始の記事(8).jpg




     ↑   今回、主に飲んだシャンパーニュ、PIPER-HEIDSIECK(パイパー・エドシック) 



  PIPER-HEIDSIECK(パイパー・エドシック)といえば、マリリン・モンローが愛したシャンパーニュで有名です。 飲んでみた感じは思ったよりも辛口のシャンパーニュで、今回のおせち料理に良く合いました。 もちろん、その他の赤ワインも良くおせちに合い、和と洋のおせちのセレクトはよかったと感じました。




              年始の記事(9).jpg




      

          昨年は大変お世話になりました。 今年もよろしくお願い申し上げます。



                              

                                                                                                                                    「晴」




 


nice!(591)  コメント(438) 
共通テーマ:日記・雑感

ミュシャ展 [日記]

      京都旅行も2日目が終わったところで、別の話題になります。


          色々あって、訪れるのが遅くなって(遅くなりすぎ・・・?)最終日に、国立新美術館で開催されていたミュシャ展に訪れることに・・・



 

     

            ミュシャ展(1).jpg



                 

                 ↑    ミュシャ展の案内



最終日のせいなのか、超行列が出来ていて、美術館の外まで並びました。


   そしてやっと入れた中央入口には、スラブ叙事詩が飾られていました。



            




      ↑     そして、撮影可能エリアでは、沢山の人が、スマホやデジカメで写真を撮影しておりました。 私も撮影してみることに・・・



            ミュシャ展(7).jpg

         

                


         

            ミュシャ展(2).jpg




               ↑    イヴァンツチェの兄弟団学校




            ミュシャ展(3).jpg




                ↑    ロシアの農奴制廃止




            ミュシャ展(4).jpg




                 ↑      聖アトス山




            ミュシャ展(5).jpg





        ↑    スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムナジナ会の誓い





            ミュシャ展(6).jpg




                ↑      スラブ民族の賛歌



       

            ミュシャ展(8).jpg



        

        ↑    売店では、Tシャツ等が売られていましたが、あまりの人だかりで身動きも出来ず、買い求める事は不可能でした。



          

            ミュシャ展(9).jpg




           ↑       やっと外に出れた感じがします・・・




    展示数はそれ程、多くはなかったのですが、一枚の絵が巨大なのと、人混みカオスで圧倒されてしまい、リフレッシュするために日本橋でお茶することにしました。




             


             ミュシャ展(10).jpg



        ↑    FORTNUM&MASON (フォートナム&メイソン)のお店です。 (これは後ほどの記事のある伏線です・・・)




             ミュシャ展(11).jpg




 

          ↑      ケーキセットを注文! 紅茶はオレンジペコです。




             ミュシャ展(12).jpg




         ↑     ケーキは数ある中から2つ選べます。 そして、セレクトしたのが、チョコレートケーキ、木イチゴのケーキです。




    なんとか、リフレッシュ出来ました。



                                               「晴」







                        

フォートナム&メイソン ロイヤルブレンド 250g リーフ(海外直送品)

フォートナム&メイソン ロイヤルブレンド 250g リーフ(海外直送品)

  • 出版社/メーカー: フォートナム&メイソン
  • メディア: その他
訳あり品 フォートナム&メイソン ロイヤルブレンド ティーバッグ 25個入り(個包装)

訳あり品 フォートナム&メイソン ロイヤルブレンド ティーバッグ 25個入り(個包装)

  • 出版社/メーカー: fortnum&mason(フォートナム&メイソン)
  • メディア: その他
            

nice!(526)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

謹賀新年 2017 [日記]

                                    謹賀新年2017(1).jpg

                                                                                                       2017年 元旦

                                  謹賀新年2017(2).jpg

                         ↑     マンリョウの木にセミの抜け殻が・・・

                                           IMG blog用.jpg

                                                     ↑    書家の字

             謹賀新年2017(3).jpg

                 ↑      京都おせち

             謹賀新年2017(4).jpg

                  ↑       お雑煮

             謹賀新年2017(5).jpg

             謹賀新年2017(6).jpg

      ↑    お屠蘇または日本酒といきたいところですが、年始早々、赤ワイン(Pinot Meunier ピノ・ムニエ Schwrzriseling シュヴァルツリースニング ドイツのワイン)、白ワイン(CALIFORNIA カルフォルニア Chardonnay シャルドネ)シャンパーニュ(Vフルニ グランRブリュット Premier Cru)の3本を開けてお祝いする事にしました。

             謹賀新年2017(7).jpg

             謹賀新年2017(8).jpg

       ↑    シャンパーニュ(Vフルニ グランRブリュット Premier Cru)は、R.M.(レコルタン・マニュピュラン 自社畑のブドウで製造)ですが、大手シャンパンメーカーが採用されることが多い、ノーベル賞の晩餐会で採用された実力派のシャンパーニュです。

  Premier Cru とは、格付け90%クリュ(村)以上のブドウだけで造ったシャンパーニュのことです。

   某セールで手に入れたキャビアとの相性は最高でした。

              謹賀新年2017(9).jpg

       ↑    赤ワイン(Pinot Meunier ピノ・ムニエ Schwrzriseling シュヴァルツリースニング ドイツのワイン) ですが、あのシャンパーニュで補助的品種として用いられる、Pinot Meunier ピノ・ムニエ の赤ワインです。 シャンパーニュ地方では、赤ワインにすることは決してありませんが、お隣の国、ドイツでは赤ワインとして飲まれます。 飲んでみた感じはスパイシーな味が特徴的で、どのおせち料理にも合いました。

            年始早々、ワインの話が多くなってしまいました・・・。

         昨年は大変お世話になりました。 今年もよろしくお願い致します。

 

                                                                                                                                  「晴」

 





nice!(670)  コメント(520)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感