So-net無料ブログ作成

プティパレの中に [のんびりとヨーロッパの旅]

          プティパレ(Petit Palais,city of Paris Fine Art Museum)の中に入ります。





              プティパリ(10).jpg





                 ↑      プティパレの入口



 このプティパレの入口では、結婚式の撮影を行っている方がいました。 また、プティパレは一部、無料(常設展)で入場出来るのですが、チケットは必要らしく、チケット売り場で、発行してもらいました




      

              プティパリ(11).jpg





          ↑      エミール・ガレの作品を中心に展示されています。




            

              プティパリ(12).jpg






              プティパリ(13).jpg






              プティパリ(14).jpg





                                 ↑      猿を連れた貴婦人





              プティパリ(15).jpg





              プティパリ(16).jpg




              プティパリ(17).jpg





              プティパリ(18).jpg









エミール・ガレ ヴォージュ山脈風景紋 花瓶

エミール・ガレ ヴォージュ山脈風景紋 花瓶

  • 出版社/メーカー: エミール・ガレ
  • メディア:
パリでしたい100のこと 大好きな街を暮らすように楽しむ旅

パリでしたい100のこと 大好きな街を暮らすように楽しむ旅

  • 作者: トリコロル・パリ
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2017/04/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





nice!(405)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行