So-net無料ブログ作成

Chapelle Foujita [のんびりとヨーロッパの旅]

       VRANKEN POMMERY社からTAXI(タクシー)で向かった先は、藤田礼拝堂です。 TAXI(タクシー)の運転手にChapelle Foujita(チャペル・フジタ)と告げましたが、いまいち通じないようで、Reims(ランス)大聖堂の近くにあった、インフォメーションでもらった地図で、その場所を示すと、Ah、Foujita(フジィィータァ)と返事がかえってきてどうやら理解してくれたようで安心しました。

           チャペル・フジタ(1).jpg

    ↑    Chapelle Foujita(チャペル・フジタ)に到着! 外観は小さく思ったよりも小さな教会でした。

           チャペル・フジタ(2).jpg

    ↑   正式にはノートルダム・ド・ラぺ(平和の聖母)礼拝堂と呼ぶらしいです。

           チャペル・フジタ(3).jpg

    ↑     道路の方にはG.H MUMM社から出てきたシャンパーニュ(もしくはシャンパーニュになる前のスティルワイン)を詰めたタンクローリーが出てきました。

           チャペル・フジタ(4).jpg

     ↑    十字架  普通はイエス・キリストの像のはずが童子なのは日本のお地蔵様を意識してのことなのでしょうか・・・

           チャペル・フジタ(5).jpg

      ↑    台座の三本の指は何を現しているのでしょうか・・・ 気になりました。

           チャペル・フジタ(6).jpg

           チャペル・フジタ(7).jpg

     ↑    門が開いており、内部のフレスコ画を垣間見る事が出来ました。

           チャペル・フジタ(8).jpg

    ↑   開いている門を入ると、中には上品な受付のマダムがいて4€徴収され、残念ながら、写真撮影は禁止との事。 内部のフレスコ画は急いで仕上げた為、雑な感じも受けましたが、藤田の気持ちが伝わってくるようでした。 どくろが描かれたステンドグラスは広島の原爆をイメージしての事のようです。 また中央にある祭壇付近には藤田夫人が描かれているとマダムに教えてもらいました。 そして分厚い帳簿が置かれていたので藤田礼拝堂に来た記念に感想と日付、名前を書いておきました。

           チャペル・フジタ(9).jpg

           チャペル・フジタ(10).jpg

           チャペル・フジタ(11).jpg

     ↑   内部撮影は禁止ということで外から撮ってみたステンドグラス。 内部からとはまた違った趣きがあり、このステンドグラスの製作者はReims(ランス)大聖堂のシャガール作のステンドグラスと同じ人物のようです。

藤田嗣治とは誰か―作品と手紙から読み解く美の闘争史 (「美」の人物伝)

藤田嗣治とは誰か―作品と手紙から読み解く美の闘争史 (「美」の人物伝)

  • 作者: 矢内 みどり
  • 出版社/メーカー: 求龍堂
  • 発売日: 2015/02
  • メディア: 単行本



藤田嗣治画集 追憶

藤田嗣治画集 追憶

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/02/20
  • メディア: 大型本



藤田嗣治画集 異郷

藤田嗣治画集 異郷

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/02/20
  • メディア: 大型本


nice!(720)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 720

コメント 16

コメントの受付は締め切りました
kuwachan

あ~フジタのチャペル、思い出します。
ステンドグラスの製作者がランスの大聖堂のシャガールのステンドグラスの製作者と同一人物とは知りませんでした(^^ゞ
by kuwachan (2015-02-26 01:03) 

Baldhead1010

お庭のマンリョウの実を盗んだのは、ヒヨドリに間違い有りませんね^^
by Baldhead1010 (2015-02-26 04:45) 

トントちゃん

藤田礼拝堂かあ・・・いいですね。ヨーロッパ、また行きたいなあ。
老猫がいるので、置いていくのが可哀想で、長期旅行できないんです・・・。
by トントちゃん (2015-02-26 10:53) 

sasanono

建物も, 周囲も, いい雰囲気ですね...
ステンドグラスも素敵そう... でも、よく見えない... 残念...
いつか、訪れてみたい場所になりました。 Merci *

キリスト教の指3本を合せるのは「三位一体」の意味なのですが、この手は6本指で、確かに他3本指が立っています... 不思議な手ですね...
私も是非、意味が知りたいです !!!
by sasanono (2015-02-26 13:59) 

soujirou-3

落ち着いた雰囲気が味わえました。ありがとうございます。
by soujirou-3 (2015-02-27 08:10) 

くみ

かわいらしい教会ですね,素敵

by くみ (2015-02-27 13:06) 

KOME

陶芸家の私の祖父の所に、藤田さんが遊びに来たことがあるのを聞いたことがあります。フランス行く前か最中かは知りませんが。
by KOME (2015-02-27 22:25) 

ネオ・アッキー

kuwachanさんnice!&コメント真にありがとうございます!
フジタのチャペル思い出されたようで嬉しいです。 ブルーが基調のシャガールのステンドグラス、とてもキレイでしたね。
by ネオ・アッキー (2015-02-28 23:42) 

ネオ・アッキー

Baldhead1010さんnice!&コメント真にありがとうございます!
マンリョウの実を食べたのは、やはりヒヨドリだったのですね。
by ネオ・アッキー (2015-02-28 23:44) 

ネオ・アッキー

トントちゃんさんnice!&コメント真にありがとうございます!
長期海外旅行になると、人に預かって貰うのも大変ですし、動物を飼っている人の悩みですよね。
by ネオ・アッキー (2015-02-28 23:46) 

ネオ・アッキー

sasanonoさんnice!&コメント真にありがとうございます!
周囲とマッチしてカワイイ教会でした。 フジタの描いたフレスコ画も良かったですが、ステンドグラスもそれぞれに意味があって、画伯の心に少しだけふれられた、そんな気分にさせられる教会でした。 キリスト教では、指を3本合わせるのは「三位一体」の意味ということ初めて知り、勉強になりました。 機会がありましたら是非訪れてみて下さいね。
by ネオ・アッキー (2015-02-28 23:48) 

ネオ・アッキー

soujirou-3さんnice!&コメント真にありがとうございます!
落ち着いた雰囲気伝わったようで、嬉しく思います。
by ネオ・アッキー (2015-02-28 23:52) 

ネオ・アッキー

くみさんnice!&コメント真にありがとうございます!
可愛らしい教会でしたが、数人の年輩の方(外国人)も訪れていました。 かくれた人気があるようでした。
by ネオ・アッキー (2015-02-28 23:54) 

ネオ・アッキー

KOMEさんnice!&コメント真にありがとうございます!
陶芸家のおじい様の所に、フジタ画伯が来訪したとは凄いですね。 おそらく陶芸にも興味があったのでしょうね。
by ネオ・アッキー (2015-02-28 23:56) 

ふゆん

裏ピースと思ったら三本指だった!(・∀・`)

by ふゆん (2015-03-01 09:21) 

ネオ・アッキー

ふゆんさんnice!&コメント真にありがとうございます!
裏ピースではありませんでした(笑) 平和を祈っての三本指なのだと思います。

by ネオ・アッキー (2015-03-04 23:00) 

トラックバック 0