So-net無料ブログ作成
検索選択
のんびりとヨーロッパの旅 ブログトップ
前の10件 | -

British Museum Vol.3 [のんびりとヨーロッパの旅]

      Rosetta Stone(ロゼッタ・ストーン)を見た後、他の展示物を見ることに・・・

           大英博物館(19).jpg

             ↑      ラムセスⅡ世の胸像 第19王朝のファラオ 重さ7.25tもあるそうです。 なんでもナポレオンがテーベの神殿から運び出そうとしましたが、重すぎて運ぶのを断念したそうです。

           大英博物館(20).jpg

               ↑      その説明パネル

           大英博物館(21).jpg

           大英博物館(22).jpg

           大英博物館(23).jpg

        ↑    Tomb slab of Nihebsedpipy(ライムストーン) 石灰岩の石碑の意味

           大英博物館(24).jpg

       ↑     Red gramitefigure of a Lion (赤花崗岩を使ったライオン像) 対になっていてあと一頭のライオン像もありました。

           大英博物館(25).jpg

 

                                             「晴」 

 

 









大英博物館 (ビジュアル選書)

大英博物館 (ビジュアル選書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新人物往来社
  • 発売日: 2012/07/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: Blu-ray



大英博物館 エジプト バステト 神 猫 ぬいぐるみ 大 [並行輸入品]

大英博物館 エジプト バステト 神 猫 ぬいぐるみ 大 [並行輸入品]

  • 出版社/メーカー: Arcadia,CA
  • メディア: おもちゃ&ホビー








nice!(603)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

British Museum Vol.2 [のんびりとヨーロッパの旅]

                   大英博物館British Museum)の中に入って、グリーン色に帯びた中央ルームへ・・・

            大英博物館(9).jpg 

            大英博物館(10).jpg 

            大英博物館(11).jpg 

          ↑    館内の案内のパンフレットが置いてありました。

            大英博物館(12).jpg 

            大英博物館(13).jpg 

            大英博物館(14).jpg 

            大英博物館(15).jpg 

            大英博物館(16).jpg 

       ↑    British Museum(大英博物館)といえば、このRosetta stone(ロゼッタ・ストーン)が最も有名です。  

    Rosetta stoneは、 ヒエログリフ解読の鍵となった石碑のことで、発見したのはフランス軍だが、紆余曲折を経てイギリスのものとなり、現在は大英博物館にある。破損しているが、残されている石のサイズは高さ114cm、幅73cm、厚さ28cm、重さ762kgと、かなりの大きさ。破損前の高さは推定で150cm~160cmであったと推測される。

    材質は黒い玄武岩。
発見は1799年7月で、ナポレオン配下のフランス軍が要塞を築く工事をしている最中に発見された。元その地方にあった神殿の石材を流用していた中に、変わった石があったのに気づいた兵士がいたということだ。下っ端兵士が石の重要さに気づいた幸運に感謝すべきだろう。

名称の「ロゼッタ・ストーン」は、発見された地名の「ロゼッタ」(現在はラシッド村)に由来する。のちにフランス軍がエジプトから撤退する際、イギリス軍との条約によりこの石も引渡し対象となってロンドンに持ち去られることになるが、その前にフランス軍が写しをとっていたため、のちにフランス人学者 ジャン・フランソワ・シャンポリオン によって解読されることになる。

   この石だが、プトレマイオス5世の時代に発令された「法令」を刻んだものになる。戴冠一周年の際にメンフィスに参集した神官たちによって決定された祭事の記憶を伝えるためのもので、元は石碑の形をしており、王の像とともに主要な神殿に置かれていたものと思われる。

   当時(紀元前196年)のエジプトには、エジプト語を使う土着エジプト人のほか、為政者プトレマイオス一族と官僚たち、またギリシャ世界からの渡航者・居住者などギリシャ語を使う人々の両者が存在した。石碑にエジプト語とギリシャ語が使われているのは、そのような理由からである。

法令の布告のために作られたものであることから、ロゼッタ・ストーンは一点ものの特別な石ではない。その後、全く同じ内容が刻まれた石がダマンフルとヘルモポリス・パルヴァから発見されており、またフィラエ島の神殿の壁面にも同様の内容が刻まれていることが判明している。石のかけている部分は、これら別の碑文からほぼ正確に復元することができる。

   普段は大変人だかりが多いことでも有名ですが、私が訪れた時は、あまり人もいなくて、良く見る事が出来ました。

    映画けいおん!でもみんながこのRosetta stone(ロゼッタ・ストーン)を観ていましたね。

 

            大英博物館(17).jpg 

 

            大英博物館(18).jpg 

 

              ↑      ラムセスⅢ世のヘッドマスク 

 

                                              「曇」 

 

 





A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: Blu-ray



 


nice!(611)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

British Museum [のんびりとヨーロッパの旅]

                 夜が明けてやがて、London(ロンドン)での朝がやってきました。

   右足ふくらはぎの痛みは大部改善した様子でしたが、いつ再発してもおかしくない状況だったので、ヤクバンテープを一枚、ふくらはぎに貼って様子をみることにしました。 それにしても、Paris(パリ)では薬局を良く見かけて、ボルタレンジェル等を良く購入していましたが、London(ロンドン)では薬局そのものが見当たらず・・・ どういう医療制度になっているのか、不思議に思いました。

 

            Londonの朝.jpg 

 

     部屋で、ホテルで用意されていたコーヒーを飲み、昨日、Teke outしたカレーで朝食をとりました。

     これから先の行先はやはりここまで来たら行くべき? 世界3大博物館の内、もう一つは制覇(ルーブル美術館)しているので、大英博物館(British Museum)へ行けばあと世界3大博物館はアメリカのメトロポリタン美術館のみと大手をかけているので、やはり大英博物館(British Museum)には絶対に行きたいと思いました。 (最もSt pancras station周辺で近い有名な建築物といえばここくらいですし・・・)

     いくらホテルから近いと言っても、また、右足ふくらはぎに異常を生じてはまずいと思い、ホテルからタクシーで向かう事にしました。

    それで、フロントにチエックアウトと同時に、 I want go to the British Museum. Please call me a taxi.(大英博物館に行きたいのでタクシーを呼んで頂けますか?)

    と言ったところ、Okay Please sit down by the seat there and wait a moment. (わかりました。 そこの椅子に座ってお待ちください)

    と言われました。 

            すると、黒人のタクシードライバーがやってきてタクシーに乗って出かけました。

   その運転手にWhere are you from? と問ったらGhana(ガーナ)という答えが返ってきました。

   Chocolete is famous(チョコレートが有名ですね)と答えたら???という顔をしたので、そういえば、有名なのはチョコレートでは無く、Cacao(カカオ)が有名ですね・・・ なので、Cacao is famous(カカオが有名ですね)と言ったら、Yes! Cacao Cacao(ココー、 ココー)とにっこりと笑って言ってくれました。

   そして、目的地のBritish Museum(大英博物館)に到着しました。 タクシー代は大体想像した通りで10£でした。

            大英博物館(1).jpg 

 

            大英博物館(2).jpg 

 

       ↑    British Museum(大英博物館)の外にあるカフェでしょうか・・・

 

            大英博物館(3).jpg 

 

            大英博物館(4).jpg 

 

         ↑     British Museum(大英博物館)はとても立派な建物でした

 

            大英博物館(5).jpg 

 

               ↑     入口のドアをくぐって・・・ 

 

            大英博物館(6).jpg 

 

       ↑    British Museum(大英博物館)は入場料無料ですが、このように寄付(5£)は受け付けています。

 

            大英博物館(7).jpg 

 

    ↑     Welcome to the British Museum (ようこそ大英博物館へ) という垂れ幕が良いです。

 

            大英博物館(8).jpg 

 

            ↑     内部もステキな雰囲気が漂っています。 

 

                                              「雨」

 




大英博物館展: 100のモノが語る世界の歴史 (単行本)

大英博物館展: 100のモノが語る世界の歴史 (単行本)

  • 作者: 大英博物館
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2015/03/24
  • メディア: 大型本


NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

NHKスペシャル 知られざる大英博物館 ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: Blu-ray




 


nice!(617)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ネオ・アッキーロンドンで倒れる!? [のんびりとヨーロッパの旅]

      Londonロンドン)の世界遺産であるロンドン塔を見学してしばらくたった頃でしょうか・・・ 右足のふくらはぎに鈍痛を感じ始めて、ついに歩行が困難になってしまいました。  Tower Hillタワーヒル)駅の近くで、歩くイギリス人にIs it bad anywhere?(どこか悪いのですか)と声を掛けられる程でした。 とりあえず、London(ロンドン)の世界遺産は全て制覇したので、ホテルへ戻ることにしましたが、右足がびっこをひいて歩く状態でした。

 

            ロンドン塔(10).jpg 

 

        ↑    London Bridge(ロンドン橋)とロンドンバスを見つつ・・・ 

 

          その後、Cirecle Line(サークル線)に乗ってKing's Cross St.pancras駅までようやく戻り、何とかホテルまで戻ることができました。                        

    しかし、ホテルに戻っても具合の悪い状態は続きました。 足をお湯で温めたり色々しましたが、あまり改善せず・・・

     London(ロンドン)の日も暮れてきて、何か食べに行かないと・・・ と思い、やっとの思いでホテルの外に出て、近くを見渡すと、そこにはインド料理店がありました。 

    結構混んでいたので、お店の人に適当に「またきます・・・ 」と言ってホテルに戻り、その2時間後再び訪れると、なんと予約席(Reserved seat)になっていました。 足の痛みでほとんど意識はありませんでしたが、なんらかの会話が成り立っていたとはチョット驚きです。

 

             Londonの夜(1).jpg 

 

       ↑     カレーセット  奥にあるカレーは辛くないマイルドなカレーで手前にあるカレーは辛いカレーですよ。 と教えてくれました。 ナンでは無く、クレープなのが、日本などでみられるインドカレーとは違う感じがしました。 

      インド人が向かい側に座って、スプーンを使わず、右手だけでカレーを食べていたので、Right hand use only? と意味不明な英語で言ったところ、あまり通じていないようで、Enjoy!(楽しんで)とだけ言ってくれました。 

 

             Londonの夜(2).jpg 

 

                ↑      食後にはチャイも

 

              Londonの夜(6).jpg

 

       ↑     かなり気に入ったので、朝食用に「take out」(お持ち帰り)も、もう一品注文しました。

 

   とりあえず、食事もとれて良かったのですが、足の状態はまだ心配が続く様子でした。 仕方がないので明日の回復を待って休むことに・・・

 

             Londonの夜(3).jpg   

 

          ↑   ibis hotel(イビスホテル)に置かれていた、洗顔、ボディーソープ、兼シャンプー 

             Londonの夜(4).jpg   

 

               ↑    ibis hotel(イビスホテル)内部 

 

             Londonの夜(5).jpg   

 

              ↑    Bar(バー)のようなものもありました。 

 

  明日には、足の状態が回復することを祈って、おやすみなさい

 

                                              「曇」 

 

 




 

トミカ №095 ロンドンバス (箱)

トミカ №095 ロンドンバス (箱)

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー




 


nice!(612)  コメント(68)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ロンドン塔 [のんびりとヨーロッパの旅]

   London(ロンドン)の世界遺産であるWestminster(ウエストミンスター)周辺を観光した後、もう一つのLondon(ロンドン)の世界遺産であるロンドン塔へ向かうことに・・・

   Tube Mapによると、Westminster(ウエストミンスター)からCirecle Line(サークル線)に乗って、Tower Hill(タワーヒル)駅で降りれば、ロンドン塔は行けるはずです。  しかし、Cirecle Line(サークル線)District Line(ディストリクト線)と共用になっているみたいで良く運用体系がわかりませんでした。

  でも、よく考えれば、(JR東日本の話で申し訳ございません)山手線と京浜東北線が別々の線路を使っているのではなく、共用で交互に運転しているのでは・・・ と考えた結果、当たりでした。 つまり、 Cirecle Line(サークル線)とDistrict Line(ディストリクト線)は交互にやってくるということです。 そのことに気がついてCirecle Line(サークル線)に乗って、Tower Hill(タワーヒル)駅に到着しました。

 

              ロンドン塔(1).jpg 

 

       ↑    Tower Hill(タワーヒル)駅を降りるとすぐに、ロンドン塔が見えました。

 

              ロンドン塔(2).jpg 

 

                ↑     ロンドン塔は一部工事中でした。

 

              ロンドン塔(3).jpg 

 

              ロンドン塔(4).jpg

 

                                        ロンドン塔(5).jpg 

 

              ロンドン塔(6).jpg 

 

         ↑      London(ロンドン)の世界遺産であるロンドン塔  映画けいおん!でも一同が訪れていましたね。 これでLondon(ロンドン)の世界遺産は全て制覇です。

 

              ロンドン塔(7).jpg 

 

              ロンドン塔(8).jpg 

 

           ↑    ロンドン塔の説明パネルが手前に置かれていました。

 

              ロンドン塔(9).jpg 

 

             ↑      London Bridge(ロンドン橋)が見えます。 

 

                                                                                                                                  「晴」 

 




ナノブロック ロンドンバス NBH_113

ナノブロック ロンドンバス NBH_113


A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



3D立体パズル ロンドン塔

3D立体パズル ロンドン塔

  • 出版社/メーカー: ハートアートコレクション
  • メディア: おもちゃ&ホビー



 


nice!(625)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Westminster Vol.2 [のんびりとヨーロッパの旅]

              テムズ川の川の広さに驚きながら・・・

 

            ウエストミンスター(19).jpg 

 

         ↑     小さな船がいますので水上交通もあるのでしょうね。 

 

            ウエストミンスター(20).jpg 

 

            ウエストミンスター(21).jpg 

 

       ↑    Westminster(ウエストミンスター)の近くはとても人通りが多いです。

 

            ウエストミンスター(22).jpg 

 

        ↑   再びBig ben(ビックベン)を眺めると、天気が大部悪くなってきた感じです。 流石は霧のロンドン?

 

            ウエストミンスター(23).jpg 

 

            ウエストミンスター(24).jpg 

 

            ウエストミンスター(25).jpg 

 

            ウエストミンスター(26).jpg 

 

       ↑    国会議事堂でしょうか・・・ ユニオンジャックの旗がステキです。

 

            ウエストミンスター(27).jpg 

 

       ↑    やはりLondon(ロンドン)には二階建ての赤いバス(ロンドンバス)ですね。 標識によるとTrafalger Square(トラファルガー広場)があるみたいでした。

                                              「晴」

 

 




トミカ No.095 ロンドンバス (ブリスター)

トミカ No.095 ロンドンバス (ブリスター)

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー



A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(596)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Westminster [のんびりとヨーロッパの旅]

           Londonロンドン)の世界遺産の一つであるWestminster(ウエストミンスター)に到着しました。

           ウエストミンスター(8).jpg

        あまりにもBig ben(ビックベン)が大きすぎる為、首が痛くなる程です・・・

           ウエストミンスター(9).jpg

      ↑    奥の方にはWestminster Abbey(ウエストミンスター寺院)でしょうか・・・ ユニオンジャックの国旗がステキです。

           ウエストミンスター(10).jpg

    ↑     二階建ての赤いバス(ロンドンバス)がいかにもLondon(ロンドン)の雰囲気が醸し出されて良い感じです。

           ウエストミンスター(11).jpg

 

          ↑     Big ben(ビックベン)はやはり大きいです。

 

           ウエストミンスター(12).jpg 

 

    ↑     お土産屋さんがありました。 何か、買ってくれば良かったような気もします。 

 

           ウエストミンスター(13).jpg 

 

           ウエストミンスター(14).jpg 

 

       ↑     London(ロンドン)で最も大きな観覧車であるロンドンアイ  映画けいおん!では唯ちゃん達が乗っていましたね。

 

           ウエストミンスター(15).jpg 

 

       ↑    WESTMINSTER BRIDGE(ウエストミンスター橋) の標識

 

           ウエストミンスター(16).jpg 

 

                 ↑     テムズ川 

 

           ウエストミンスター(17).jpg 

 

             ↑     テムズ川はとても広い川です。 

 

           ウエストミンスター(18).jpg 

 

          ↑     テムズ川の水は茶色く濁っていました。 

 

                                                                                                                                   「雷」 

 



トミカ No.095 ロンドンバス (ブリスター)

トミカ No.095 ロンドンバス (ブリスター)

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー


A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



 

 


nice!(600)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Big Ben [のんびりとヨーロッパの旅]

         世界最古の地下鉄であるLonndonのTubeに乗って、(ヴィクトリア線に乗って)Greenpark駅(グリーンパーク駅)を目指します。

             ウエストミンスター(1).jpg

           ↑     初めて乗ったTubeはとても新鮮な乗り物でした。

            ウエストミンスター(2).jpg

        ↑    路線図が書いてあるみたいですが、よくわかりません・・・

            ウエストミンスター(3).jpg

     ↑     Greenpark駅に到着! ここからピカデリー線に乗り換えてWestminster駅で降りれば、Londonの世界遺産の一つであるWestminsterにたどり着けるはず・・・ です。 (後で調べたところ、このGreenparkという公園はとてもステキなところみたいですね。 訪れてみたかったです)

            ウエストミンスター(4).jpg

                ↑      Greenpark駅

            ウエストミンスター(5).jpg

       ↑   Londonの地下鉄であるTubeはパリ(Paris)のメトロと同じで後何分後に電車がやってくるという案内です。 (日本のように何時何分に次の電車が来るという表示システムではない)

            ウエストミンスター(6).jpg

             ↑    ピカデリー線に乗り換えて、一駅で・・・

            ウエストミンスター(7).jpg

     ↑      Westminster(ウエストミンスター)に到着! 地下から登っていきなり、目の前に広がるこのBig ben(ビックベン)・・・ 名前だけではなく本当にBig(大きかった)です。

                                              「晴」「 

 












トミカ №095 ロンドンバス (箱)

トミカ №095 ロンドンバス (箱)

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー



A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(617)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Tube [のんびりとヨーロッパの旅]

      遂に、Windows10の無償アップグレードの期間が明日に迫ってきましたね。 私もメインパソコンをWindows 8.1 UpdateからWindows10にアップグレードしました。 まぁ、自作機なので特に何の問題も無くアップグレード出来ました。 ただ、もう一台のWiindows 7マシーンはWindows10にアップグレードしたところ、画面の解像度がWXGAしか出せなくなってしまった上にどうしても、Microsoft Edgeが機動出来ない不具合があったのですぐにWindows 7に戻しました。

  しかし、問題はここからでした。 Windows 7に戻ったのは良かったのですが、なんと今度はそのマシーンがネットにつながらなくなりました。 ここから先は備忘録として記しておきたいと思います。

   識別されていないネットワークと表示されてネットにつながらなくなった場合は(コマンドプロンプトipconfigで確認するとIPアドレスが169.254.×××.×××となっている)パソコンを完全にシャットダウンさせ(再起動ではダメ)電源コードを抜き(ノートパソコンの場合はバッテリーも外す)1分経過後、元に戻してネットにつなげば、あら不思議何の問題も無いかのようにつながります。

  この手法を知るまでパソコンと3時間も格闘してしまいました。 (TCP/IPの関係を修復したり、セキュリティソフトを無効にしたり、LANドライバーを削除したりしてもダメでした)

 と今回も前書きが長くなりましたが、本文です。

 

 Eurostar(ユーロスター)のチケットを購入した後 Londonロンドン)の地下鉄であるTubeに乗って出かけることに・・・

             Tube(1).jpg

     ↑   King's Cross St. Pancras(キングス・クロス・セント・パンクラス駅)には6路線あるので(ヴィクトリア線、ピカデリー線、ノーザン線、サークル線、ハマースミス&シティー線、メトロポリタン線)初めてLondon(ロンドン)の地下鉄に乗るのには大変困難な状況でした。 ただ、事前に調べておいた情報によると、目的地へ目 指すのには、まずヴィクトリア線に乗れば良いはずだったので、そこのプラットフォームを目指します。

            Tube(2).jpg

     その前に、購入しなければならないのが、チケット(切符)です。 これも事前に日本で調べておいた情報ですと、Oyster(オイスター)というICカード(JR東日本でいえばSuica)を購入してチャージして乗るのが一番安いとのことなのですが、なにせ、初めて乗る交通システムなので、乗車ミス等も考慮して1dayチケットを購入しました。 チケットを販売している係員に「Which track is the Victoria line? (ヴィクトリア線はどの番線ですか?)」と尋ねると「4」という答えが返ってきました。 それとTube Mapももらってきました。

            Tube(4).jpg

            Tube(5).jpg

             ↑    確かに4番線がヴィクトリア線でした。

            Tube(6).jpg

      ↑    そしてTubeの電車が到着! London(ロンドン)の地下鉄といえば世界最古の地下鉄ですし、それに乗れることになんだか感動を覚えました。

            Tube(7).jpg

            ↑   Tubeの内部 比較的新しい車両のように感じました。

 

      ☆お知らせ☆ 今回もいつもと同じようにコメント欄はあけておきますが、諸事情によりコメントのレスが遅れる場合がありますのでご承知おきください。 

 

 

                                              「晴」

 


まっぷる イギリス・ロンドン (まっぷるマガジン)

まっぷる イギリス・ロンドン (まっぷるマガジン)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2016/05/18
  • メディア: ムック



A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)









ロンドン地下鉄マップ London Underground Map ポスター

ロンドン地下鉄マップ London Underground Map ポスター

  • 出版社/メーカー: フラスター
  • メディア: おもちゃ&ホビー



歩くロンドン―地下鉄(チューブ)駅周辺マップ

歩くロンドン―地下鉄(チューブ)駅周辺マップ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぷれすアルファ
  • 発売日: 2002/06/25
  • メディア: 単行本



ロンドン地下鉄 LTM フリッジマグネット U206

ロンドン地下鉄 LTM フリッジマグネット U206

  • 出版社/メーカー: 株式会社ジェイアール東海エージェンシー
  • メディア: ホーム&キッチン











nice!(603)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

St Pancras Interntional station [のんびりとヨーロッパの旅]

      先日、イギリスがEU離脱を国民投票で決めましたが、旅行者にとってはイギリスはシェンゲン協定非締結国なので、国境検査の有無は変わらずですし、あまり変わらないと思います。(ただしより一層、国境検査が厳しくなる恐れはありますが・・・)          

   前置きが長くなりましたが、本文です。

  ホテルが見つかった後、Eurostar(ユーロスター)のチケットを買いに(更には観光地に出かける為)St Pancras Interntional station(セント・パンクラス インターナショナルステイション)(しつこいようですが、エステイ・パンクラス インターナショナルステイションではありません)へホテルから歩いていきました。

             セント・パンクラスステーション(1).jpg

             ↑     レンガ造りの見事な駅(Station)です。

             セント・パンクラスステーション(2).jpg

       ↑    London(ロンドン)の地下鉄(Underground 当ブログでは以降この名称は日本ではネガティブなイメージを含むものであるのでTubeと呼称することにします)King's Cross St. Pancras(キング・クロス・セント・パンクラス) 駅の入口です。

              セント・パンクラスステーション(3).jpg

             セント・パンクラスステーション(4).jpg

             セント・パンクラスステーション(5).jpg

             セント・パンクラスステーション(6).jpg

        ↑     重厚感ある建物がまたParis(パリ)の駅とは異なる魅力を放っています。

             セント・パンクラスステーション(7).jpg

        ↑    ステイションホテル 前回、一泊600£という価格を聞いて去ってしまったホテルです。

             セント・パンクラスステーション(8).jpg

        ↑   赤い公衆電話の電話ボックスがLondon(ロンドン)へやってきたという実感を抱かせます。

             セント・パンクラスステーション(9).jpg

       ↑    St Pancras Interntional station(セント・パンクラス インターナショナルステイション)に駐車されていた赤いフェラーリに黒いフェラーリ。 流石は国際駅・・・ ここら辺はどうやら高級地区のようです。

   その後、ユーロスターチケットオフィスで帰りのユーロスターのチケットを買い求めましたが、行きよりも1.5倍以上高い価格にビックリ・・・ 「Is this the least expensive ticket? (これが最安のチケットですか?)」と聞いても「Yes!」との答え。 「Way was 90€. (行きは90€でしたが・・・)」と言っても、「A ticket for the same condition. (同じ条件のチケットですよ)」と言われましたが、とにかく、Paris(パリ)へ帰るのが絶対条件なので仕方なく160£で購入しました。 挙句の果てに「If it's this credit card, I'll have a charge for 4 £. (このクレジットカードだと4£のチャージ料金を頂きます)」と言われました。 他の会社のクレジットカードにすればよかったのですが、ユーロスターの行きと違いあまりの高額な料金に動揺していたのか、「OK」してしまったのは大きな痛手でした。 Eurostar(ユーロスター)に乗車する時は出来れば日本から予約していくのが最安で、最悪でも往復で購入しなければダメだと高い授業料を支払ってしまいました。 (最もそのままイギリスから帰るのであれば往復で購入しなくてOKですが・・・)

                                                                                                                                   「雨」 

 


まっぷる イギリス・ロンドン (まっぷるマガジン)

まっぷる イギリス・ロンドン (まっぷるマガジン)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2016/05/18
  • メディア: ムック



A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

A03 地球の歩き方 ロンドン 2016~2017

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/02/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



トミカ №095 ロンドンバス (箱)

トミカ №095 ロンドンバス (箱)

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー











ヨーロッパ鉄道旅行2016 (イカロス・ムック 羅針特選ムック)

ヨーロッパ鉄道旅行2016 (イカロス・ムック 羅針特選ムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2015/10/29
  • メディア: ムック



ヨーロッパ鉄道時刻表 日本語解説版 2016年夏ダイヤ号

ヨーロッパ鉄道時刻表 日本語解説版 2016年夏ダイヤ号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/06/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






nice!(619)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - のんびりとヨーロッパの旅 ブログトップ