So-net無料ブログ作成
つぶやき&コラム ブログトップ

第581回  不運!? なプレミアムビール [つぶやき&コラム]

         プレミアムビールというと、ほとんどの人が思いつくのはヱビスビール、もしくはプレミアムモルツという所だろう。    

 

 

    そんな中、僕はあえて「PRIME TIME」 と答えよう。   そんなプレミアムビールあった? どこの会社が造っているの? 等、色々聞こえてきそうだが。

 

    PRIME TIME.jpg

 

       この通り、PRIME TIMEはかのスーパードライで有名なAsahiビールが造っているプレミアムビールである。

 

       正直な話、僕はAsahiのスーパードライは好きでは無い。  しかし、このPRIME TIME だけは別である。  

 

    先日、このPRIME TIMEが1ケース4000円を割って売っていたので購入したが、ここまでプレミアムと思われないプレミアムビールの存在とは・・・。  と思ってしまう。

 

    缶は群青色で表面にツヤ加工されていて、プレミアムな風格はある。   では、どうしてプレミアムと思えない不運なプレミアムビールとなってしまったのだろう?

 

    その問題の答えはおそらくAsahiビール社自体にあると思う。  このPRIME TIME は味はスーパードライとは全く180度異なる味でAsahiビールの言う所の「辛口」はとても当てはまらない。 むしろ飲み口が良すぎて「辛口」とほど遠いのだ。

 

    ここにAsahiビール社としては矛盾が生じてしまったのだろう。  つまり、売上高No.1 のスーパードライは「辛口」でその支持を得ていると言って過言では無い。  そこへプレミアムビールとして180度趣の異なるPRIME TIME は大きく宣伝出来ないのだ。

 

 

    そんな会社内の事情でプレミアムになり得なかったPRIME TIME 。   そんな不運のプレミアムビールの群青色と手触りの良いアルミ缶を持ってグラスに注ぎながら僕は至福の時(PRIME TIME)を味わっている。  


第539回  The present conditions of the Japanese constitutional state [つぶやき&コラム]

        I watched a news program of the ”Documentary Sengen”  and intended by chance. A white police motorcycle collided with a school bus in Kochi, and a white police motorcycle died, and it was the criminal trial that actual prison sentence (professional negligence resulting in injury imprisonment 1 year 6 months) was given to to the driver of the school bus, but the terrible trial example that it had been it appeared in the form that a school bus ran over though a white police motorcycle hit the school bus even if I asked it which testimony.  Though there were witness testimony of students and a witness else, it is the terrible story that the police side makes it to forgery evidence, besides, and it is guilty, and it did.  "The law" of "the constitutional state" is "the criminal law", and the "law" mistake of "the constitutional state" to point at a chisel says in this in Japan, and it is a place.  "A constitution" is "the law" of a place saying in "a constitutional state", but cannot live in Japan in this in peace.  Because as for the judgment that has shown that a police officer could infringe "civil liberties" easily in is because is it.  If a general person rode a motorcycle not a this white police motorcycle, and it was ..., I must be it, and "the judgment" should have been different.

 

    We had a retrial trial by the false accusation in the past a little in Japan, and there was it in a state without the false accusation, the time when I made an effort.   There is the thing which feels it when it is from that "Aum Shinrikyo case" that it is these days so that I think, and false accusations increased again.   "Aum Shinrikyo case" is never surely a permissible thing.   You cannot increase false accusations yet.  The society where a person committing no crime becomes a criminal should not be possibly forgiven from the viewpoint of "constitutional state" either.   Why will you commit the same mistake again? 

 

       It is not only it.  The revival of "the neighborhood association system" that "a thief precaution" and a word matched before the war is watched recently in Japan.  I think that much one knows, but this "neighborhood association system" is the reason that was a chance to make that "Maintenance of the Public Order Act".   Japan repeats the before the war same thing from the viewpoint of me in this and wants to warn it unless, in addition, I cannot become one step to walk a way called the war.    I strongly think that what is for it or I who am anything should examine with the true "law" once again.   And I seem to never repeat the same mistake.

 

 

 

           This message may contain confidential and/or privileged information. If you are not the addressee or authorized to receive this for the addressee, you mast not use,copy,disclose or take any action based on yhis message or any infomation herein.

       


第483回  日本で本格鴨フレンチ料理! [つぶやき&コラム]

         まだ、少し暑さはあるものの、セミに変わって夜からは秋の虫達の声が聞こえてくるそんな日になってきました。 前回はパリのミシュラン2ッ星の記事でした。  日本では最近ですが本格鴨料理フレンチが食べられる場所が出来ました。   てな感じでゴー

 

     昔、(今も変わらずというところですが・・・) 日本で最も格式高いフレンチレストランといえば、東京の有楽町にあるソニービル地下の「マキシム・ド・パリ」 でした。  勿論本店はパリにあります。 このお店はミシュラン争いから一切手を切ったレストランとしても有名です。

 

          Sonyビル.jpg

 

     そこで最近、ホテルニューオータニ内に元パリ ミッシュラン3ッ星の鴨料理で有名なトーゥル ダルジャンがあります。

 

     URL: http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/tour/index.html

 

 

    日本でも本場のパリの味が味わえる事には、日本も食の文化がフランスに認められている証でもあり、実に喜ばしいことです。  その一方で「食育」が問題化している日本。  また事故米を流通させた事・・・。  「格差社会」が生み出した後遺症と言う他どの言葉が当てはまるのだろう?  あれだけ「平等! 平等!」 と人間、いや生物なら「平に等しい」事など無いのにそれを分かっていたかの節があるように「教育」した責任。  その矛盾点も「私はあなたと違う」で切り抜けてしまうのだろう。 これが「平等」という日本の真意なのかもしれない。

 

 

       と言う訳で「平に等しい・・・  そんな生物はいない事位分かっているだろうに」

 

 

 

           ~      そんでもってネガティブも⇒リラックス          ~

 

 

 

 




で、ガンバランスdeダンス


「モンスター」 拡大解釈の危険性。 [つぶやき&コラム]

          最近「モンスター」という言葉を良くききますが、 「モンスター」が出現する場所は決まって「先生」と名の付く職業のいる場所だ。   言い換えれば「モンスター」VS「先生」 という構造があるという事は否定出来ない事実だろう。

 

   

続きを読む


つぶやき&コラム ブログトップ