So-net無料ブログ作成

ミュシャ展 [日記]

      京都旅行も2日目が終わったところで、別の話題になります。


          色々あって、訪れるのが遅くなって(遅くなりすぎ・・・?)最終日に、国立新美術館で開催されていたミュシャ展に訪れることに・・・



 

     

            ミュシャ展(1).jpg



                 

                 ↑    ミュシャ展の案内



最終日のせいなのか、超行列が出来ていて、美術館の外まで並びました。


   そしてやっと入れた中央入口には、スラブ叙事詩が飾られていました。



            




      ↑     そして、撮影可能エリアでは、沢山の人が、スマホやデジカメで写真を撮影しておりました。 私も撮影してみることに・・・



            ミュシャ展(7).jpg

         

                


         

            ミュシャ展(2).jpg




               ↑    イヴァンツチェの兄弟団学校




            ミュシャ展(3).jpg




                ↑    ロシアの農奴制廃止




            ミュシャ展(4).jpg




                 ↑      聖アトス山




            ミュシャ展(5).jpg





        ↑    スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムナジナ会の誓い





            ミュシャ展(6).jpg




                ↑      スラブ民族の賛歌



       

            ミュシャ展(8).jpg



        

        ↑    売店では、Tシャツ等が売られていましたが、あまりの人だかりで身動きも出来ず、買い求める事は不可能でした。



          

            ミュシャ展(9).jpg




           ↑       やっと外に出れた感じがします・・・




    展示数はそれ程、多くはなかったのですが、一枚の絵が巨大なのと、人混みカオスで圧倒されてしまい、リフレッシュするために日本橋でお茶することにしました。




             


             ミュシャ展(10).jpg



        ↑    FORTNUM&MASON (フォートナム&メイソン)のお店です。 (これは後ほどの記事のある伏線です・・・)




             ミュシャ展(11).jpg




 

          ↑      ケーキセットを注文! 紅茶はオレンジペコです。




             ミュシャ展(12).jpg




         ↑     ケーキは数ある中から2つ選べます。 そして、セレクトしたのが、チョコレートケーキ、木イチゴのケーキです。




    なんとか、リフレッシュ出来ました。



                                               「晴」







                        

フォートナム&メイソン ロイヤルブレンド 250g リーフ(海外直送品)

フォートナム&メイソン ロイヤルブレンド 250g リーフ(海外直送品)

  • 出版社/メーカー: フォートナム&メイソン
  • メディア: その他
訳あり品 フォートナム&メイソン ロイヤルブレンド ティーバッグ 25個入り(個包装)

訳あり品 フォートナム&メイソン ロイヤルブレンド ティーバッグ 25個入り(個包装)

  • 出版社/メーカー: fortnum&mason(フォートナム&メイソン)
  • メディア: その他
            

謹賀新年 2017 [日記]

                                    謹賀新年2017(1).jpg

                                                                                                       2017年 元旦

                                  謹賀新年2017(2).jpg

                         ↑     マンリョウの木にセミの抜け殻が・・・

                                           IMG blog用.jpg

                                                     ↑    書家の字

             謹賀新年2017(3).jpg

                 ↑      京都おせち

             謹賀新年2017(4).jpg

                  ↑       お雑煮

             謹賀新年2017(5).jpg

             謹賀新年2017(6).jpg

      ↑    お屠蘇または日本酒といきたいところですが、年始早々、赤ワイン(Pinot Meunier ピノ・ムニエ Schwrzriseling シュヴァルツリースニング ドイツのワイン)、白ワイン(CALIFORNIA カルフォルニア Chardonnay シャルドネ)シャンパーニュ(Vフルニ グランRブリュット Premier Cru)の3本を開けてお祝いする事にしました。

             謹賀新年2017(7).jpg

             謹賀新年2017(8).jpg

       ↑    シャンパーニュ(Vフルニ グランRブリュット Premier Cru)は、R.M.(レコルタン・マニュピュラン 自社畑のブドウで製造)ですが、大手シャンパンメーカーが採用されることが多い、ノーベル賞の晩餐会で採用された実力派のシャンパーニュです。

  Premier Cru とは、格付け90%クリュ(村)以上のブドウだけで造ったシャンパーニュのことです。

   某セールで手に入れたキャビアとの相性は最高でした。

              謹賀新年2017(9).jpg

       ↑    赤ワイン(Pinot Meunier ピノ・ムニエ Schwrzriseling シュヴァルツリースニング ドイツのワイン) ですが、あのシャンパーニュで補助的品種として用いられる、Pinot Meunier ピノ・ムニエ の赤ワインです。 シャンパーニュ地方では、赤ワインにすることは決してありませんが、お隣の国、ドイツでは赤ワインとして飲まれます。 飲んでみた感じはスパイシーな味が特徴的で、どのおせち料理にも合いました。

            年始早々、ワインの話が多くなってしまいました・・・。

         昨年は大変お世話になりました。 今年もよろしくお願い致します。

 

                                                                                                                                  「晴」

 





オーチャードホール&渋谷 [日記]

       今日は、日曜日恒例の記事がお休みの為、別の話題になります。

   今から、5ヶ月程前になりますが、(プリキュアが放送中止の時出そうと思っていたらこんなに遅くなりました・・・) オーチャードホールでTOKYU MUSIC LIVE 2016 が開かれました。 その抽選に当選したので行くことに。

            総括2016(1).jpg 

                 ↑     当選のはがき 

            総括2016(2).jpg 

     ↑    そして、当日はがきと引き替えに座席チケットを入手。 16時から引き替え券と交換で18時開場なので16時10分位にオーチャードホールに到着しましたが、すでに並んでいる人が沢山で、あまりいい席はとれませんでした。

            総括2016(3).jpg 

          ↑     世界的に有名な渋谷のスクランブル交差点 

            総括2016(5).jpg 

     ↑    開場までの時間の暇をつぶすため俺のフレンチ・イタリアンへ・・・

            総括2016(7).jpg 

     ↑     付け合わせのチーズ盛り合せ テーブルチャージ料金として300円取られます。

            総括2016(6).jpg 

             ↑      フォアグラとトリュフのリゾット 1100円

   柔らかいフォアグラとトリュフの香りが素晴らしいリゾットです。

            総括2016(9).jpg 

          ↑      トリュフとポルチーニのビスマルク  980円

     このピザもトリュフの香りと半熟卵の味が素晴らしい一品でした。

            総括2016(10).jpg 

       ↑    牛フィレとフォアグラのロッシーニ~トリュフソース~  1980円

     柔らかい牛フィレ肉に食感が良いフォアグラにトリュフソースがとても合います。

            総括2016(8).jpg 

     ↑    本来ならワインを注文したいところですが、後の事を考えて、マロン・ド・パリ~スリランカ産高級茶葉~ 380円 を注文 なお、ワンドリンクも注文しなくてはなりません。

            総括2016(4).jpg 

     ↑    おなかいっぱい食べた後、TOKYU MUSIC LIVE 2016 へ  その楽曲(19曲)

                                                 Smile(財津和夫氏)

                 虹とスニーカーの頃(財津和夫氏)

                  WAKE UP(財津和夫氏)

                 急行の停まる街(財津和夫氏)

                 カレーライス(KAN氏)

                 まゆみ(KAN氏)

                   愛は勝つ(KAN氏)

                   飴の指輪(KAN氏)

                 会いたい(沢田知可子さん)

                 私の花(沢田知可子さん)

                 空を見上げてごらん(沢田知可子さん)

                 You are my Sunshine(4人による合唱)

                 青空の綴り(太田裕美さん)

                 木綿のハンカチーフ(太田裕美さん)

                   さらばシベリア鉄道(太田裕美さん)

                 青春の影(財津和夫氏)

                 サボテンの花(財津和夫氏)

                 心の旅(財津和夫氏)

                 Over the Rainbow(アンコール、4人による合唱)

  財津和夫氏プロデュース「虹の向こうでお会いしましょう」の今回のミュージックライブは、「愛は勝つ」で有名なKAN氏や、「会いたい」で有名な沢田知可子さん、「木綿のハンカチーフ」で有名な太田裕美さんと豪華な顔ぶれでとても満足した2時間が過ごせました。 やはり、たまには音楽は生で聴くのがいいですね。 財津和夫氏といえば、元チューリップのメンバーですね。

                                              「晴」 





 




 


謹賀新年 2016 [日記]

                              年始2016(2).jpg

                                           2016年 元旦

           年始2016(1).jpg

                             年始2016(3).jpg

            ↑    ショーウィンドーの七福神のイラスト

          年始2016(7).jpg

          年始2016(8).jpg

             ↑     紅白の万両(マンリョウ)

             IMG2.jpg

               ↑      書家の字

            年始2016(4).jpg

            年始2016(5).jpg

      ↑    今回飲んだのは、Champagne Charles de Cazanove (シャンパーニュ・シャルル・ド・カサノーヴ)です。 昨年、当ブログにご訪問して頂いた方には聞いた事があるかもしれません。

            Reimsの街並み(7).jpg

        ↑   Gare Reims(ランス駅)に行く(帰る)途中にあったという建物です。 これがメゾン正面です。

            年始2016(6).jpg

      お屠蘇または日本酒といきたいところですが、年始早々シャンパーニュを開けてお祝いする事にしました。 今回飲んだシャンパーニュは前途の通り、Champagne Charles de Cazanove (シャンパーニュ・シャルル・ド・カサノーヴ)です。 イギリス国王エドワード7世が愛飲し、専用のラベルを作らせていたという逸話をもち、また、フランス国内外のミシュラン星付きレストランにも採用され、日本国内ではANA国際線ビジネスクラスに採用の極上シャンパーニュです。

      飲んでみた感じは深いコクなのに、サッパリとした柑橘系の香りが広がり、そこにパングリエの味が加わった複雑な味わいをみせる、そんなシャンパーニュでした。 その複雑な味わいがおせち料理にもピッタリ合いました。

    お正月なのにまたしてもほとんどシャンパーニュの話になってしまいました・・・。

   

        昨年は大変お世話になりました。 今年もよろしくお願い致します。

 

                                               「晴」

 


シャンパーニュ・ガイド 本場を味わい尽くすメゾンと食を巡る旅

シャンパーニュ・ガイド 本場を味わい尽くすメゾンと食を巡る旅

  • 作者: 大谷訓之
  • 出版社/メーカー: エムオン・エンタテインメント
  • 発売日: 2015/06/26
  • メディア: 単行本



モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル

  • 出版社/メーカー: MHD
  • メディア: 食品&飲料





Joyeux Noël!(メリー クリスマス)2015 [日記]

                    昨日がイヴで今日がクリスマスですね!

     クリスマスイルミネーションをいくつかUP↑ してみたいと思います。

                              クリスマス2015(1).jpg

                 ↑     東京丸の内ビルにあったクリスマスイルミネーション

          クリスマス2015(2).jpg

       ↑    今、スケート界で話題の羽生 結弦選手のオブジェのようです。 (あまり似ていないという話もありますが・・・。)

          クリスマス2015(3).jpg

          クリスマス2015(4).jpg

  ↑      夜の東京駅 東京駅の外に出るのは初めてでしたが、かなり雰囲気のある建物でした。

          クリスマス2015(5).jpg

    ↑   そして東京駅近くのKITTEビルの内部にある日本最大級の高さ約14.5mのクリスマスツリーを見る為に訪れました。 確かに、日本最大級とうたっているだけあって大きなクリスマスツリーでした。

          クリスマス2015(6).jpg

ようつべから、このクリスマスツリーのライトアッププログラムを・・・



   

    おまけ・・・  

           クリスマス2015(7).jpg

     ↑  KITTEビル6階より撮影したE235系(あまり良く撮れていません・・・) せっかくデビューしたのに2日で故障してしまった新型車両です。 KITTEビル6階でカメラを構えた人がいたので、何を撮影しているのですか? と尋ねると、あと10分で山手線の新型車両が来ますと教えてくれました。

                    クリスマス2015(8).jpg

      ↑    家で用意したクリスマスディナー   ローストチキン、ローストビーフ、カマンベールチーズ、エビ入りトマトのジュレ、干焼蝦仁(ガンシャオシアレン 芝エビのチリソース)です。

           クリスマス2015(9).jpg 

    ↑    クリスマスといえば個人的には、シャンパンを飲むのが今では最大の楽しみとなっています。 今回用意したシャンパンは・・・ 実は今年はゆっくりとシャンパンを買いに行く余裕がなかった為、家にあった適当なものです。 因みに名前は「シャルル・ド・モンレシー・レゼルヴ・ブリュット」です。 Pinot Noir(ピノ・ノワール)主体にPinot Meunier(ピノ・ムニエ)と少々のChardonnay(シャルドネ)をブレンドした、黒ブドウ主体のシャンパーニュです。

   飲んでみた感じはグレープフルーツ、ライム、リンゴなどの果実味とミネラル、トースト香が表現された、力強いシャンパンでした。 なので、中華料理である干焼蝦仁にもぴったり合い、また、黒ブドウ主体のシャンパーニュなので、当然、お肉系(ローストチキン、ローストビーフ)にもちゃんと合いました。

           クリスマス2015(10).jpg 

 

                               クリスマス2015(11).jpg 

 

                 ↑     今年食べたクリスマスケーキ  美味しかったです。

 

      皆様もよいクリスマスを過ごされることと思います。                                             「曇」

 

 






 


ボルドー展に行く [日記]

      国立西洋美術館でボルドー展が開かれているというので、過去にボルドー(Bordeaux)に行ったことがある私としては是非行ってみたいとかねがね思ったので行ってみることに・・・

               IMG2 blog用.jpg

                ↑     そのパンフレット

            ボルドー展(1).jpg

              ↑     国立西洋美術館の案内掲示板

            ボルドー展(4).jpg

            ボルドー展(5).jpg

               ↑     国立西洋美術館内部

   奇跡のドラクロワの絵には大変感動しました。 ドラクロワと言うと、ルーヴル美術館に展示されている「民衆を導く自由の女神」を思い浮かべますが、ボルドー展で飾られていた「ライオン狩り」の絵も迫力があり、火災をくぐりぬけ、焼け残ったことだけはあります。

     ここで、過去を振り返って、リアルボルドー(Bordeaux)の世界を・・・

   三日月型に市街地が形成されている港街ボルドー(Bordeaux)は歴史的に英国領だったこともあるに至って温暖的気候はブドウ栽培に適しています。 2007年より「月の港ボルドー」で世界遺産になっています。

            ジロンド川.jpg   

                ↑      ガロンヌ川  

            CHATEAU MONLOTのブドウ畑(1).jpg

            CHATEAU MONLOTのブドウ畑(2).jpg

                 ↑   ボルドー(Bordeaux)にあるブドウ畑

            CHATEAU MONLOTで試飲(3).jpg

                ↑      試飲したワイン

            サン・タンドレ大聖堂(2).jpg

              ↑    ボルドー(Bordeaux)にあるサンタンドレ教会

            カンコンス広場(1).jpg

         ↑    ヨーロッパで一番大きい広場であるカンコンス広場にある噴水

            GRAVES(グラーブ)の赤ワイン.jpg

      ↑     ボルドー(Bordeaux)のレストランで注文したワイン(グラーブ(Graves)Pessac-Léognan ペサック・レオニャン地区のワインですね。)の赤ワイン) 濃厚でとても美味しいワインでした。 最高の土地で最高のワインを飲むのは至福の時です。

            CHATEAU MONLOTで購入した2007年物ワイン.jpg

              ↑     シャトーで買い求めたワイン

    リアルボルドー(Bordeaux)の世界はここまで。 国立西洋美術館に戻ります。

            ボルドー展(2).jpg

      ↑   日本で有名なソムリエである田崎 信也氏セレクションのワインが売られていました。

            ボルドー展(3).jpg

          ↑      ワインで出来たお菓子等が売られていました。 リアルボルドー(Bordeaux)ではソムリエナイフやワイン塩などを購入してきましたが、そのような物は売れられていないのが残念な気がしました。

            ボルドー展(6).jpg

       ↑    国立西洋美術館から湯島まで歩いて行き甘味処「みつばち」へ

 「みつばち」は今年で創業100周年にあたるらしく、そのオリジナルアイスの詰め合わせがお安く売られていました。

            ボルドー展(7).jpg

    ↑     ここの小倉アイス最中は元祖らしく、とても美味しく頂けました。

また、10月からはアイスはハニー焼きに変わるようですので、食してみたい方はお早めにどうぞ。 なお、ボルドー展は9月23日で終了ですので興味のある方はお早めにお出かけになってみて下さいね。

                                                                                                                               「雨」



Bordeaux: IGN72509 (Ign Map)

Bordeaux: IGN72509 (Ign Map)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Institut Geographique National
  • 発売日: 2012/06/04
  • メディア: 地図


2008年 ル・オー・メドック・ド・ジスクール / オー・メドック フランス ボルドー / 750ml / 赤ワイン

2008年 ル・オー・メドック・ド・ジスクール / オー・メドック フランス ボルドー / 750ml / 赤ワイン

  • 出版社/メーカー: シャトー・ジスクール CH.GISCOURS
  • メディア: その他


リーデル (RIEDEL) ヴィノム ボルドー 610ml 6416/0

リーデル (RIEDEL) ヴィノム ボルドー 610ml 6416/0

  • 出版社/メーカー: Riedel (リーデル)
  • メディア: ホーム&キッチン



      


謹賀新年 2015 [日記]

                          謹賀新年2015(2).jpg

                        2015年 元旦

           謹賀新年2015(1).jpg

         ↑   ヴェルサイユのバラと花札のコラボが飾られていました。

           謹賀新年2015(3).jpg

           謹賀新年2015(4).jpg

               ↑      紅白の万両(マンリョウ)

              書家の字 2015 blog用.jpg

                ↑      書家の字

           謹賀新年2015(5).jpg

           謹賀新年2015(6).jpg

      ↑     今回飲んだのは、Côte des Blancs(コート・デ・ブラン地区)の Mesnil-sur-Oger(メニル・シュル・オジェ)100% Grand Cru(グラン・クリュ)のシャンパーニュです。

           謹賀新年2015(7).jpg

     お屠蘇または日本酒といきたいところですが、年始早々シャンパーニュを開けてお祝いする事にしました。 今回飲んだシャンパーニュは前途の通り、Côte des Blancs(コート・デ・ブラン地区)の Mesnil-sur-Oger(メニル・シュル・オジェ)100% Grand Cru(グラン・クリュ)のシャンパーニュです。(Mesnil-sur-Oger(メニル・シュル・オジェ)はCôte des Blancs(コート・デ・ブラン地区)100% Grand Cru(グラン・クリュ)の地区) 飲んでみた感想はBlanc de Blancs(ブラン・ド・ブラン)(白ブドウ(シャルドネ)だけで造った白のシャンパーニュ)だけあって、柑橘系の味が強くおせち料理にも柚子の感じを与えピッタリ合いました。 お正月なのにまたしてもほとんどシャンパーニュの説明になってしまいました・・・。

      昨年は大変お世話になりました。 今年もよろしくお願い致します。


Joyeux Noël!(メリー クリスマス)2014 [日記]

           昨日がイヴで今日がクリスマスですね!

     クリスマスイルミネーションをいくつかUP↑ してみたいと思います。

             クリスマスイルミネーション(1).jpg

           クリスマスイルミネーション(2).jpg

     ↑    拡大してみると、来年の干支であるカワイイ羊のぬいぐるみが・・・

          クリスマスイルミネーション(3).jpg

          クリスマスイルミネーション(4).jpg

     ↑    BVLGARI(ブルガリ)の派手なイルミネーションには圧倒されました。

          クリスマスイルミネーション(5).jpg

    ↑   1976年以来クリスマスシーズンを彩ってきた、ミキモト(MIKOMOTO)のジャンボクリスマスツリーも今年でお別れのようです。 心なしか灯りもさみしげでした。

              さて、今年のクリスマス、シャンパンは何を飲もうか色々迷いましたが(いつものことですが・・・)、ドゥーツ・ロゼ・ヴィンテージ (DEUTZ ROSÉ MILLÉSIMÉ) 2008年 を飲むことに・・・ まだまだ熟成させることも可能ですが早めに飲んでみることにしました。

                           クリスマス2014(1).jpg

     ドゥーツ(DEUTZ)はVallé de la Marne (ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区)のAÿ(アイ村)にあるメゾンで当然ブドウもVallé de la Marne (ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区)のAÿ(アイ村)で収穫されたブドウを用いているので100% Grand Cru(グラン・クリュ)のシャンパーニュです。 またBlanc de Noirs(ブラン・ド・ノワール)(100% Pinot Noir ピノ・ノワール)なので肉料理に良く合うので、ローストチキン、ローストビーフを今回マリアージュしてみました。 あともう一品は中華料理の干焼明蝦(ガンシャオシアレン 大えびのチリソース)を手作りで合わせてみました。

               クリスマス2014(2).jpg

           クリスマス2014(3).jpg

    ↑  ドゥーツ・ロゼ・ヴィンテージ (DEUTZ ROSÉ MILLÉSIMÉ)は飲んでみた感じは、大変まろやかなシャンパーニュですが芯は強く、中華料理の干焼明蝦(ガンシャオシアレン 大えびのチリソース)の辛さにも負けないインパクトを持っているように感じました。 またロゼですが、ロゼの色合いが薄く普通のロゼらしくない所が特徴のようにも思いました。

                           クリスマス2014(4).jpg

    ↑    クリスマスケーキはフリュイド・ノエルです。 (フリュイドはフランス語でフルーツの意味のようです)

    皆様もよいクリスマスをお過ごしになられることと思います。





St.Valentine's Day [日記]

           明日2月14日はSt.Valentine's Day(セント・バレンタインデー)ですね。 ヨーロッパではチョコレートにこだわらず、お花やケーキ、カード等色々な物を恋人や親しい人に贈る日のようです。 日本では女性から男性にチョコレートを贈ることになっています。 最近では義理チョコや友チョコ、自分で食べる自己チョコもあるようです。 自己チョコはこの期間中に様々なチョコレートが入手できるせいか購入する人も増えているようです。

     さて、マドレーヌ広場(Place de la Madeleine)からコンコルド広場(Place de la Concorde) に歩いていくと、直ぐにユニークなショコラ店がありました。

           かぼちゃとショコラ.jpg

     ↑   人気店のようでショコラの残りも少なくなっていました。 パンプキンは単なるレイアウトの為なのか、ショコラで出来ているのかは謎です。

           ゴリラとショコラ.jpg

       ↑    ショコラで作ったゴリラの形がなんともユニークでした。

           MARQUISE DE SEVIGNE(1).jpg

           MARQUISE DE SEVIGNE(2).jpg

           MARQUISE DE SEVIGNE(3).jpg

     ↑   マドレーヌ広場横にプチサロンの様な本店、MARQUISE DE SÉVIGNÉ があります。 値段もお手頃価格のせいか現地の人に愛されています。 また日本人の若い女の子達にも人気のようで試食のショコラを食べていました。 お店の名は公爵夫人に由来し100年以上の伝統のあるお店でした。 箱にお好みのショコラの詰め合わせもしてもらえます。

           MARQUISE DE SEVIGNE(4).jpg

           MARQUISE DE SEVIGNE(5).jpg

    チョコレートにちなんでPIERRE HERMÉ (ピエール・エルメ)カンボン店で好みのショコラを箱に詰め合わせてもらったものです。

           ピエール・エルメ(1).jpg

           ピエール・エルメ(2).jpg

    皆様も素敵なSt.Valentine's Day となりますように☆☆☆☆☆


謹賀新年 2014 [日記]

                              謹賀新年2014(5).jpg

                                                                                            2014元旦

               書家の字2014.jpg

                  ↑     書家の字

          謹賀新年2014(1).jpg

          謹賀新年2014(2).jpg

          謹賀新年2014(3).jpg

      ↑    今回飲んだのはPremier Cru(プルミエ・クリュ) の Champagne(シャンパーニュ)

          謹賀新年2014(4).jpg

    お屠蘇もしくは日本酒といきたいところですが、年始早々Champagne(シャンパーニュ)を開けてお祝いする事にしました。 今回飲んだChampagne(シャンパーニュ)は Montagne de Reims(モンターニュ・ド・ランス)地区の Premier Cru(プルミエ・クリュ)(Premier Cru とは格付け90%クリュ(村)以上のブドウだけで造ったシャンパーニュ)のもので、飲んでみた感想はフレッシュな果実味と程よい熟成感が混ざり合った複雑な味わいで僅かにハチミツやカリンのような甘い旨味が余韻として残る素晴らしいシャンパーニュでおせち料理にもピッタリあいました。 お正月なのについ、ほとんどシャンパーニュの説明になってしまいました・・・。

        昨年は大変お世話になりました。 今年もよろしくお願い致します。