So-net無料ブログ作成

ボジョレー・ヌーヴォー解禁日と本ブログ開設12年目突入 [ワイン]

        本日、ボージョレー・ヌーヴォー解禁!です。



           ボージョレ地区はブルゴーニュ地方最南端の地区で、面積は最大。 ゆるやかな丘が続く。 ガメ(イ)種から造られるフレッシュ&フルーティな軽快な赤ワインを産する地区です。

   毎年11月第3木曜日に解禁されるボジョレー・ヌーヴォー は地区生産量の約三分の一で、A.O.C.ボージョレとA.O.C.ボージョレ・ヴィラージュ、A.O.C.ボージョレ+コミューヌで造られています。

  Crus du Beaujolais(クリュ・デュ・ボージョレ) は10 Crus あります。



北から南へ、Saint-Amour(サン・タムール)、Juliénas(ジュリエナス)、Chénas(シェナス)、Moulin-à-Vent(ムーラン・ア・ヴァン)、Fleurie(フルーリー)、Chiroubles(シルーブル)、Morgon(モルゴン)、Régnié(レニエ)、Brouilly(ブルイィ)、Côte de Brouilly(コート・ド・ブルイィ)

  の10のCrusで生産されたものが(クリュ・デュ・ボージョレ)となるわけです。 因みにヌーヴォーはボージョレ地区では赤とロゼしか承認されていません。 では、何故、白のヌーヴォーが存在するのかですよね・・・。 良く産地をみてみるとBeaujolais(ボージョレ)ではなくMâcon(マコン)となっているはずです。 (因みにブドウの品種はシャルドネ)

    何年か続けて飲んでいたフランスの名門レストランTAILLEVENT(タイユバン)のセレクト品は既に完売の為今年も引き続き<ドメーヌ・ラ・プレーニュ>ボージョレ・ヴィラージュプリムール Beaujolais Villages Primeur Domaine de La Plaigne と、<ドメーヌ・デュ・トラコ>ボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ノン・フィルトレ Beasjolais Villages Nouveau Non Filtre にしてみました。 (Primeur (プリムール)とは、はしりのワインという意味で、ヌーヴォーと同じ意味です)

 

                                 ボジョレー・ヌーヴォー2017(1).jpg

 

 

                                 Vinの樽.jpg

 

 

           樹齢40年以上の木から出来たブドウを全て手摘みしているらしいです。 Régnié(レニエ)村で4代にわたり100年以上ワインを生産している造り手によるものです。 ほろ酔い猫の可愛らしいラベルも良いと思います。(今年は黄色のラベルからピンクのラベルになりました)

 

                                   ボジョレー・ヌーヴォー2017(2).jpg

 

           こちらは、フィルターを施さない純粋な味わい 樹齢も30~45年にもなる自社葡萄畑の特に出来の良いキュヴェのみから造られている一品だそうです。

                               

                                   ボジョレー・ヌーヴォー2017(3).jpg

 

             ↑  今回のボージョレー・ヌーヴォーに合わせた料理は、フランス人直伝のラタトゥイユ(Ratatouille)と今回はBourgogne (ブルゴーニュ地方)の定番料理であるJambon Persillé (ジャンボン・ペルスィエ)(日本的に訳すとハムとパセリのゼリー寄せ)Chablis de la Jambon(シャブリ入りトマトソースのハム添え) をボージョレに合わせてみました。 Jambon Persillé (ジャンボン・ペルスィエ)は、ハムとパセリ、それにブイヨンスープとゼラチンがあれば簡単に手作りできるので今回はラタトゥイユ(Ratatouille)と共に、手作りしてみました。 あと、ブルー・ド・オーヴェルニュ A.O.P のナチュラルチーズとカマンベール A.O.P の2種のチーズの盛り合わせ、生ハムの盛り合わせを合わせてみました。

 

                                     ボジョレー・ヌーヴォー2017(4).jpg

 

                                     ボジョレー・ヌーヴォー2017(5).jpg

      <ドメーヌ・ラ・プレーニュ>ボージョレ・ヴィラージュプリムール(Beaujolais Villages Primeur Domaine de La Plaigne) を飲んでみた感想は、色調は紫がかったルビー色で、味はフルーティーでちょっとタンニンの渋みも感じられます。 またMC(マセラシオン・カルボニック製法)で造られている為、キャンディのようなチャーミングな香りがしました。 (左側です)

 

      <ドメーヌ・デュ・トラコ>ボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ノン・フィルトレ Beasjolais Villages Nouveau Non Filtre を飲んでみた感想は、色調は紫がかったルビー色なのは同じですが、こちらの方が若干濃い目なニュアンスがあります。 味は、フィルターを通していないので、ざらついた感じがあります。 ピュアな葡萄ジュースの様な味わいが印象的でした。 (右側です)

 

 

      最近では、ボジョレー・ヌーヴォーは、バブル時期の過去の遺産など言われますが、世界中では新酒を祝う習慣のある国も多く、そういう意味では、 ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を祝う事は意味のあることだと、私は思います。

     話は変わりますが、2006年11月11日が曽根風呂開設日で曽根風呂も開設12年目を無事迎える事ができました。 ここまで長く続けられたのも皆様のおかげだと感謝しております。  これからもよろしくお願い致しますm(._.)m

   でも、この12年目に達するまで色々な事がありました。 2006年当時を知っている曽根風呂ガー様も今では数える程ですし・・・。 (やめられてしまった方も多いですね・・・ 最近特にそう思います) 本ブログも開設当時とはかなり?趣旨が変わってしまいましたが、その内、趣旨も元に戻そうかと思案中です。 まぁ、色々な風呂ガーの方々がいらっしゃったのは確かです。  写真なども先輩の風呂ガー様の真似をして画質向上に力を入れてきました。 今後も色々研究して、更なるブログの質の向上を図っていこうと思っていますのでよろしくお願い致します。

 

                                               「晴」

 

 


nice!(472)  コメント(96) 
共通テーマ:グルメ・料理

ワインに親しんだ結果 [ワイン]

   今回は、大変私的な記事で申し訳ございませんがどうか、御付き合いの程よろしくお願い致します。

   昨年から、受験に挑戦していたJ.S.A(日本ソムリエ協会)認定WE(ワインエキスパート)試験ですが、今年、2016年に晴れてJ.S.A(日本ソムリエ協会)認定WE(ワインエキスパート)になることが出来ました。

             ワインエキスパート(7).jpg

            ワインエキスパート(8).jpg

   昨年からというのは、実は1次試験はパスしたものの、2次試験のティスティングが上手くいかず、2015年はハズレでした。

   まず、1次試験の内容ですが、どういう問題が出題されるかですが、ほとんどがワインの産地についてです。 タウンページ1冊分の厚さのあるJ.S.A教本(日本ソムリエ協会教本)から出題されます。

   例題として、私の得意分野であるシャンパーニュ地方の出題ですと、例えば・・・

   次の法定ブドウ品種の別名の中からシャンパーニュの生産に認められていないものを1つ選んでください。

                       1.Beaunois  2.Spätburgunder  3.Schwarzrisling  4.Sérine

   シャンパーニュで法定で定められているブドウの品種は、黒ブドウ Pinot Noir(ピノ・ノワール)  Pinot Meunier(ピノ・ムニエ)  白ブドウ Chardonnay(シャルドネ) ですが、この3品種がありません。

 この理由はブドウの品種の異名(シノニム)が問われているからです。

1.Beaunois(ボーノワ) ですが、これはChardonnay の異名(シノニム)です。

2.Spätburgunder(シュペートブルグンダー) はPinot Noir の異名(シノニム)です。

3.Schwarzrisling(シュヴァルツリースリング)  はPinot Meunier の異名(シノニム)です。

4.Sérine(セリーヌ) はSyrah(シラー) の異名(シノニム)です。

   よって答えは4のSérineになります。 (SyrahはCôtes du Rhône(コート・ド・ローヌ)地方のブドウ) 

もう一題同じシャンパーニュ地方からの出題です。

   シャンパーニュ地方Côte des Blancs地区の格付け100%クリュを1つ選んでください。

                 1.Verzenay   2.Sillery  3.Cramant  4.Aÿ 5.Louvois

    答えは3のCramantです。 これは、Montgagne de Reims(モンターニュ・ド・ランス)地区の9村の格付け100%のコミューヌ(村)とVallée de la Marne(ヴァレ・ド・ラ・マルヌ)地区の2村の格付け100%のコミューヌ(村)、Côte des Blancs(コート・デ・ブラン)地区の6村の格付け100%のコミューヌ(村)をそれぞれ完璧に暗記する必要があります。

  と、シャンパーニュ地方だけでもかなり難攻する暗記が問題になります。 (暗記といえば、旧世界ではBordeauxのメドック地区格付け60シャトー、Bourgogne地方のA.O.C、イタリアの20の州と位置関係、イタリアのD.O.P(D.O.C.G)の73の暗記、ドイツの13地域、等々難しいです・・・)

2次試験ですが、ティスティングです。ブラインドティスティングでブドウの品種、収穫年、生産国を当てなければなりません。 それとティスティングコメントです。(実際に出題されるのは白ワイン2種類、赤ワイン2種類、その他1~2種類です。 なおその他は、フォーティファイドワイン、リキュール、蒸留酒、日本酒などから出題されます)

昨年、2次試験が不合格ということもあり、ワインスクールの名門ACADEMIE DU VIN(アカデミー・デュ・ヴァン)青山校に2次試験対策講座に通いました。

            ワインエキスパート(1).jpg

            ワインエキスパート(2).jpg

              ↑      ワインも沢山売られています。

            ワインエキスパート(3).jpg

            ワインエキスパート(5).jpg

       ↑    中にはお正月には良い、着物を着たワイン瓶が飾られていました。

             ワインエキスパート(6).jpg

            ワインエキスパート(4).jpg

          ↑    そして、何回か通ったなかの、2次試験対策講座で試飲した6つのワイン 今回は基本6品種の新世界編です(基本6品種とは、赤ワインはCabernet Sauvignon(カベルネ・ソーヴィニョン) Pinot Noir(ピノ・ノワール) Syrah(シラー) 白ワイン、Riseling(リースリング) Chardonnay(シャルドネ) Sauvignon Blanc(ソーヴィニヨン・ブラン)です)

    左から、2015  Riseling  Annie's Lane  2000円  2015  Marlborough Sauvignon Blanc  Lawson's Dry Hills  2500円  2012  Chardonnay Carneros  Saintsbury  4500円  2013  Santa Barbara Pinot Noir  Byron  3540円 2013  Barossa Shiraz  Elderton  3500円 2015  Estate Cabernet Sauvignon Vina Errazuriz  1500円  です。

  最初に講師の方から、SO(ソムリエ)受験の方は1割、WE(ワインエキスパート)受験の方は4割も2次試験で不合格になるのでしっかり試飲するようにと叱咤激励されました。

 まず、ブラインドティスティングなので、色調と香りである程度判別をつけ、最後に飲んでブドウの品種を決定するというのが王道です。

 例えば、Sauvignon Blanc(ソーヴィニヨンブラン)なら、特徴的な青ピーマンの様な香りや麝香(猫のおしっこの匂い)味わいはグレープフルーツを思わせる感じです。 Riseling(リースリング)なら白桃の香りにぺトロール臭を思わせる香りが特徴的等です。

 基本6品種の他にも応用品種を含めると、12種類以上のブドウの品種をちゃんと区別できなければ合格は難しいです。 

と、何かと大変な試験でしたが、合格してバッチが手に入りとても嬉しい思いです。 また、最近、ワインのカテゴリーの記事が少なくなっていますが、これから少しずつでも増やしていければと思っております。

                                                                                                                                     「晴」 

 























タグ:イタリア ドイツ 新世界 試飲 赤ワイン bourgogne bordeaux 日本酒 セリーヌ グレープフルーツ 香り リキュール pinot noir 白ワイン リースリング シラー 蒸留酒 タウンページ 色調 CHARDONNAY シャンパーニュ地方 シャルドネ ソーヴィニヨン・ブラン ピノ・ムニエ ピノ・ノワール ワインスクール 生産国 Cabernet Sauvignon 麝香 AY 青ピーマン 日本ソムリエ協会 白ブドウ ワインエキスパート ティスティング カベルネ・ソーヴィニョン ブドウの品種 Sauvignon Blanc We 黒ブドウ フォーティファイドワイン ワインの産地 Spätburgunder シュペートブルグンダー アカデミー・デュ・ヴァン モンターニュ・ド・ランス Côte des Blancs PINOT MEUNIER ティスティングコメント J.S.A J.S.A教本 日本ソムリエ協会教本 Beaunois Schwarzrisling Sérine ブドウの品種の異名 シノニム ボーノワ シュヴァルツリースリング Côtes du Rhône コート・ド・ローヌ 格付け100%クリュ Verzenay Sillery Cramant Louvois Montgagne de Reims Vallée de la Marne ヴァレ・ド・ラ・マルヌ コート・デ・ブラン ブラインドティスティング 収穫年 ACADEMIE DU VIN 青山校 2次試験対策講座 着物を着たワイン瓶 Syrah Riseling Riseling Annie's Lane Marlborough Sauvignon Blanc Lawson's Dry Hills Chardonnay Carneros Saintsbury Santa Barbara Pinot Noir Byron Barossa Shiraz Elderton Estate Cabernet Sauvignon Vina Errazuriz メドック地区格付け イタリアのD.O.P(D.O.C.G) ぺトロール臭

ボジョレー・ヌーヴォー解禁日と本ブログ開設11年目突入 [ワイン]

                 ボージョレ地区はブルゴーニュ地方最南端の地区で、面積は最大。 ゆるやかな丘が続く。 ガメ(イ)種から造られるフレッシュ&フルーティな軽快な赤ワインを産する地区です。

   毎年11月第3木曜日に解禁されるボジョレー・ヌーヴォー は地区生産量の約三分の一で、A.O.C.ボージョレとA.O.C.ボージョレ・ヴィラージュ、A.O.C.ボージョレ+コミューヌで造られています。

  Crus du Beaujolais(クリュ・デュ・ボージョレ) は10 Crus あります。



北から南へ、Saint-Amour(サン・タムール)、Juliénas(ジュリエナス)、Chénas(シェナス)、Moulin-à-Vent(ムーラン・ア・ヴァン)、Fleurie(フルーリー)、Chiroubles(シルーブル)、Morgon(モルゴン)、Régnié(レニエ)、Brouilly(ブルイィ)、Côte de Brouilly(コート・ド・ブルイィ)

  の10のCrusで生産されたものが(クリュ・デュ・ボージョレ)となるわけです。 因みにヌーヴォーはボージョレ地区では赤とロゼしか承認されていません。 では、何故、白のヌーヴォーが存在するのかですよね・・・。 良く産地をみてみるとBeaujolais(ボージョレ)ではなくMâcon(マコン)となっているはずです。 (因みにブドウの品種はシャルドネ)

    何年か続けて飲んでいたフランスの名門レストランTAILLEVENT(タイユバン)のセレクト品は既に完売の為今年も引き続き<ドメーヌ・ラ・プレーニュ>ボージョレ・ヴィラージュプリムール Beaujolais Villages Primeur Domaine de La Plaigne にしてみました。 (Primeur (プリムール)とは、はしりのワインという意味で、ヌーヴォーと同じ意味です)

             2016年ボージョレーヌーヴォー(1).jpg

             2016年ボージョレーヌーヴォー(2).jpg

    樹齢40年以上の木から出来たブドウを全て手摘みしているらしいです。 Régnié(レニエ)村で4代にわたり100年以上ワインを生産している造り手によるものです。 猫の可愛らしいラベルも良いと思います。

             CHATEAU MONLOTの樽.jpg

             2016年ボージョレーヌーヴォー(6).jpg 

     ↑  今回のボージョレー・ヌーヴォーに合わせた料理は、いつも定番のラタトゥイユ(Ratatouille)と今回はBourgogne (ブルゴーニュ地方)の定番料理であるJambon Persillé (ジャンボン・ペルスィエ)(日本的に訳すとハムとパセリのゼリー寄せ)をボージョレに合わせてみました。 Jambon Persillé (ジャンボン・ペルスィエ)は、ハムとパセリ、それにブイヨンスープとゼラチンがあれば簡単に手作りできるので今回はラタトゥイユ(Ratatouille)と共に、手作りしてみました。 あとフルムダンベールA.O.C のナチュラルチーズとフロマージュテリーヌ、イタリア産オリーブの新漬です。

 

     <ドメーヌ・ラ・プレーニュ>ボージョレ・ヴィラージュプリムール(Beaujolais Villages Primeur Domaine de La Plaigne) を飲んでみた感想は、色調は紫がかったルビー色で、味はフルーティーでちょっとタンニンの渋みも感じられます。 またMC(マセラシオン・カルボニック製法)で造られている為、キャンディのようなチャーミングな香りがしました。

              2016年ボージョレーヌーヴォー(3).jpg

       ↑     また、今回は同じBourgogne (ブルゴーニュ地方)で造られているCôte de Nuits(コート・ド・ニュイ)地区のVosne-Romanée(ヴォーヌ・ロマネ)村育ちのPinot Noir(ピノ・ノワール)のA.O.C Bourgogne のワインと比較ティスティングしてみました。

              2016年ボージョレーヌーヴォー(5).jpg

         ↑   右側がVosne-Romanée(ヴォーヌ・ロマネ)村育ちのPinot Noir(ピノ・ノワール)のA.O.C Bourgogne のワイン 左側が今年の<ドメーヌ・ラ・プレーニュ>ボージョレ・ヴィラージュプリムール Beaujolais Villages Primeur Domaine de La Plaigne 

    ボジョレー・ヌーヴォーの方が色が淡くてキレイなルビー色であることがわかると思います。

   ティスティングコメントは、<ドメーヌ・ラ・プレーニュ>ボージョレ・ヴィラージュプリムール Beaujolais Villages Primeur Domaine de La Plaigneは、

   「外観」 澄んだ

   「輝き」 輝きのある

   「色調」 紫がかった、ルビー

   「濃淡」 明るい

   「粘性」 やや軽い

   「外観の印象」 若い、軽い

   「香り」

   「豊かさ」 しっかりと感じられる

   「特徴」 イチゴ、ラズベリー、ブルーベリー、バラ、すみれ、ゼラニウム、シナモン、甘草

   「香りの印象」 落ち着いた、第2のアロマが強い

    「味わい」

        「アタック」 やや軽い

      「甘み(アルコールのボリューム感も含む)」 弱い

    「酸味」 なめらかな

    「タンニン分」 キメ細かい、サラサラとした

    「バランス」 やわらかな、心地よい

    「アルコール」 やや強め

    「余韻」 やや長い

    「フレーヴァー」 フルーティー、フレッシュな、フローラル

    「評価」 シンプル、フレッシュ感を楽しむ

    「提供温度」 11-14度

    「グラス」 中庸

    「デカンタージュ」 必要なし

    「収穫年」 2016

    「生産国」 フランス

    「主なぶどう品種」 Gamay       

                           だと思います。

  また、Vosne-Romanée(ヴォーヌ・ロマネ)村育ちのPinot Noir(ピノ・ノワール)のA.O.C Bourgogne のワインのティスティングコメントは、

   「外観」 澄んだ

   「輝き」 輝きのある

   「色調」 紫がかった、ルビー

   「濃淡」 明るい

   「粘性」 やや軽い

   「外観の印象」 若い、軽い、よく熟した

   「香り」

   「豊かさ」 しっかりと感じられる、力強い

   「特徴」 ラズベリー、ブルーベリー、バラ、すみれ、紅茶、シナモン、甘草、なめし皮

   「香りの印象」 開いている、熟成感が現れている、第1のアロマが強い、木樽からのニュアンス

    「味わい」

        「アタック」 やや強い

      「甘み(アルコールのボリューム感も含む)」 まろやかな

    「酸味」 キメ細かい、やさしい

    「タンニン分」 綿密

    「バランス」 流れるような

    「アルコール」 やや強め

    「余韻」 やや長い

    「フレーヴァー」 フルーティー、濃縮した、フローラル

    「評価」 成熟感が高く、豊か、ポテンシャルの高い

    「提供温度」 14-17度

    「グラス」 中庸

    「デカンタージュ」 必要なし

    「収穫年」 2013

    「生産国」 フランス

    「主なぶどう品種」 Pinot Noir

 最近では、ボジョレー・ヌーヴォーは、バブル時期の過去の遺産など言われますが、世界中では新酒を祝う習慣のある国も多く、そういう意味では、 ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を祝う事は意味のあることだと、私は思います。

     話は変わりますが、2006年11月11日が曽根風呂開設日で曽根風呂も開設11年目を無事迎える事ができました。 ここまで長く続けられたのも皆様のおかげだと感謝しております。  これからもよろしくお願い致しますm(._.)m

   でも、この11年目に達するまで色々な事がありました。 2006年当時を知っている曽根風呂ガー様も今では数える程ですし・・・。 (やめられてしまった方も多いですね) 本ブログも開設当時とはかなり?趣旨が変わってしまいましたが、その内、趣旨も元に戻そうかと思案中です。 まぁ、色々な風呂ガーの方々がいらっしゃったのは確かです。  写真なども先輩の風呂ガー様の真似をして画質向上に力を入れてきました。 今後も色々研究して、更なるブログの質の向上を図っていこうと思っていますのでよろしくお願い致します。

                                                                                                                                     「晴」 










nice!(560)  コメント(134)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ボジョレー・ヌーヴォー解禁日と本ブログ開設10年目突入 [ワイン]

               ボージョレ地区はブルゴーニュ地方最南端の地区で、面積は最大。 ゆるやかな丘が続く。 ガメ(イ)種から造られるフレッシュ&フルーティな軽快な赤ワインを産する地区です。

   毎年11月第3木曜日に解禁されるボジョレー・ヌーヴォー は地区生産量の約三分の一で、A.O.C.ボージョレとA.O.C.ボージョレ・ヴィラージュ、A.O.C.ボージョレ+コミューヌで造られています。

  Crus du Beaujolais(クリュ・デュ・ボージョレ) は10 Crus あります。



北から南へ、Saint-Amour(サン・タムール)、Juliénas(ジュリエナス)、Chénas(シェナス)、Moulin-à-Vent(ムーラン・ア・ヴァン)、Fleurie(フルーリー)、Chiroubles(シルーブル)、Morgon(モルゴン)、Régnié(レニエ)、Brouilly(ブルイィ)、Côte de Brouilly(コート・ド・ブルイィ)

  の10のCrusで生産されたものが(クリュ・デュ・ボージョレ)となるわけです。 因みにヌーヴォーはボージョレ地区では赤とロゼしか承認されていません。 では、何故、白のヌーヴォーが存在するのかですよね・・・。 良く産地をみてみるとBeaujolais(ボージョレ)ではなくMâcon(マコン)となっているはずです。

    何年か続けて飲んでいたフランスの名門レストランTAILLEVENT(タイユバン)のセレクト品は既に完売の為今年は<ドメーヌ・ラ・プレーニュ>ボージョレ・ヴィラージュプリムール にしてみました。

                            2015年ボージョレー・ヌーヴォー(1).jpg 

  樹齢40年以上の木から出来たブドウを全て手摘みしているらしいです。 Régnié(レニエ)村で4代にわたり100年以上ワインを生産している造り手によるものです。

 ほろ酔いの猫の可愛らしいラベルがいいですね。

                            2015年ボージョレー・ヌーヴォー(2).jpg

                            2015年ボージョレー・ヌーヴォー(3).jpg 

                            2015年ボージョレー・ヌーヴォー(4).jpg 

                ↑  今回のボージョレー・ヌーヴォーに合わせた料理は、いつも定番のラタトゥイユ(Ratatouille)にハニーマスタードチキン(マスタードはフランス、デジョン産の物です)、ブルーチーズ、ミモレット、イタリア産オリーブの新漬です。

                            2015年ボージョレー・ヌーヴォー(5).jpg

    <ドメーヌ・ラ・プレーニュ>ボージョレ・ヴィラージュプリムール を飲んでみた感想は、色調は紫がかったルビー色で、味はフルーティーでちょっとタンニンの渋みも感じられます。

   話は変わりますが、2006年11月11日が曽根風呂開設日で曽根風呂も開設10年目を無事迎える事ができました。 ここまで長く続けられたのも皆様のおかげだと感謝しております。  これからもよろしくお願い致しますm(._.)m

   でも、この10年目に達するまで色々な事がありました。 2006年当時を知っている曽根風呂ガー様も今では数える程ですし・・・。 本ブログも開設当時とは趣旨が変わってしまいましたが、その内、趣旨も元に戻そうかと思案中です。 まぁ、色々な風呂ガーの方々がいらっしゃったのは確かです。  写真なども先輩の風呂ガー様の真似をして画質向上に力を入れてきました。 今後も色々研究してブログの質の向上を図っていこうと思っていますのでよろしくお願い致します。











nice!(618)  コメント(170)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ボジョレー・ヌーヴォー解禁日と本ブログ開設9年目突入 [ワイン]

          ボージョレ地区はブルゴーニュ地方最南端の地区で、面積は最大。 ゆるやかな丘が続く。 ガメ(イ)種から造られるフレッシュ&フルーティな軽快な赤ワインを産する地区です。

   毎年11月第3木曜日に解禁されるボジョレー・ヌーヴォー は地区生産量の約三分の一で、A.O.C.ボージョレとA.O.C.ボージョレ・ヴィラージュ、A.O.C.ボージョレ+コミューヌで造られています。

  Crus du Beaujolais(クリュ・デュ・ボージョレ) は10 Crus あります。

  北から南へ、Saint-Amour(サン・タムール)、Juliénas(ジュリエナス)、Chénas(シェナス)、Moulin-à-Vent(ムーラン・ア・ヴァン)、Fleurie(フルーリー)、Chiroubles(シルーブル)、Morgon(モルゴン)、Régnié(レニエ)、Brouilly(ブルイィ)、Côte de Brouilly(コート・ド・ブルイィ)

  の10のCrusで生産されたものが(クリュ・デュ・ボージョレ)となるわけです。 因みにヌーヴォーはボージョレ地区では赤とロゼしか承認されていません。

    何年か続けて飲んでいたフランスの名門レストランTAILLEVENT(タイユバン)のセレクト品は既に完売の為今年はボージョレ・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィー二ュ・ド・サンタン(100年樹齢)にしました。

                  ボージョレ・ヌーボー2014(1).jpg

         ボージョレ・ヌーボー2014(2).jpg

         ボージョレ・ヌーボー2014(3).jpg

   合わせた料理は菜包蓮藕鶏崧と南仏料理Ratatouille(ラタトゥイユ)、新オリーブの塩漬けの3品にしてみました。

         ボージョレ・ヌーボー2014(4).jpg

         ボージョレ・ヌーボー2014(5).jpg

         ボージョレ・ヌーボー2014(6).jpg

    今年は果実味にあふれ、色はルビー色で昨年に比べて出来は良いと思います。 ボージョレ・ヌーヴォーはMC(マセラシオン・カルボニック)製法で造られているので、バナナやキャンディの香りがします。 

   話は変わりますが、2006年11月11日が曽根風呂開設日で曽根風呂も開設9年目を無事迎える事ができました。 ここまで長く続けられたのも皆様のおかげだと感謝しております。  これからもよろしくお願い致しますm(._.)m  また、2014年9月14日100,000nice!も達成する事が出来ました。 99,999nice!が足立Sunnyさん、100,000nice!がkojiyanさんでした。前途2名様は、もし御希望が御座いましたらご連絡下されば奇跡のメダイ教会で買い求めたカードを差し上げたいと思いますのでご連絡はこちらのフォームから必要事項を記載の上、ご連絡下さい☆

         nice! 100001 blog用.jpg




nice!(630)  コメント(106)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ボジョレー・ヌーヴォー解禁日と本ブログ開設8年目突入 [ワイン]

        ボージョレ地区はブルゴーニュ地方最南端の地区で、面積は最大。 ゆるやかな丘が続く。 ガメ(イ)種から造られるフレッシュ&フルーティな軽快な赤ワインを産する地区です。

   毎年11月第3木曜日に解禁されるボジョレー・ヌーヴォー は地区生産量の約三分の一で、A.O.C.ボージョレとA.O.C.ボージョレ・ヴィラージュ、A.O.C.ボージョレ+コミューヌで造られています。

  Crus du Beaujolais(クリュ・デュ・ボージョレ) は10 Crus あります。

 

  Saint-Amour(サン・タムール)、Juliénas(ジュリエナス)、Chénas(シェナス)、Moulin-à-Vent(ムーラン・ア・ヴァン)、Fleurie(フルーリー)、Chiroubles(シルーブル)、Morgon(モルゴン)、Régnié(レニエ)、Brouilly(ブルイィ)、Côte de Brouilly(コート・ド・ブルイィ)

  の10のCrusで生産されたものがCrus du Beaujolais(クリュ・デュ・ボージョレ)となるわけです。

 

   今回は今までと同様、飲んだボジョレー・ヌーヴォーは日本では限定70本で古木から造られたプレミアム・レゼルブワインです。

 

   フランスの名門レストランTAILLEVENT(タイユバン)のセレクト品です。 2013年はあるソムリエの話によると異常気象の影響でボージョレを産するBourgogne(ブルゴーニュ)地方は勿論の事、Bordeaux(ボルドー)地方もChampagne(シャンパーニュ)地方もVal de Loire(ロワール)地方も出来はあまりよくないというお話でしたがどうなんでしょうか?

 

                               ボジョレー・ヌーヴォー2013(1).jpg

 

                              ボジョレー・ヌーヴォー2013(2).jpg

 

                              ボジョレー・ヌーヴォー2013(3).jpg

 

                                          ↑   シリアルナンバー  5718/8000

 

                              ボジョレー・ヌーヴォー2013(4).jpg

 

                                    ↑    メッセージカードが入っていました。

 

                ボジョレー・ヌーヴォー2013(5).jpg

 

       ↑     蝋でコーティングされていた所を削ります。  因みに昔は蝋でコーティングするのが普通だったようです。

 

                ボジョレー・ヌーヴォー2013(6).jpg

 

                   ↑    コルクを抜きティスティングしてみます。  昨年は確か熟成感があって美味しかったのですが、一般的なボジョレー・ヌーヴォーと変わらないような味のような気がしました。 やはりよい出来ではなかったのでしょうか? 来年に期待したいですね。

 

                ボジョレー・ヌーヴォー2013(7).jpg

 

                   ↑   ボジョレー・ヌーヴォーとキッシュ・ロレーヌ

 

  パリっ子のお惣菜人気ナンバーワンはキッシュ・ロレーヌだそうです。 ほとんどが玉ねぎ入りですが本家のキッシュ・ロレーヌの具はベーコンのみだそうです。 玉ねぎを入れたほうが味に深みが出るらしいです。

 

    話は変わりますが、2006年11月11日が曽根風呂開設日で曽根風呂も開設8年目を無事迎える事ができました。 これもひとえに皆様のおかげだと感謝しております。  これからもよろしくお願い致しますますm(._.)m

 

 

 


Riedel ヴィノム ブルゴーニュ 6416/7 2脚 リーデル純正グラス拭きセット

Riedel ヴィノム ブルゴーニュ 6416/7 2脚 リーデル純正グラス拭きセット

  • 出版社/メーカー: Riedel (リーデル)
  • メディア:





 


nice!(563)  コメント(90)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ボージョレヌーボー解禁日と本ブログ満6周年記念! [ワイン]

     ボージョレヌーボーとはブルゴーニュ地方南端に位置するボージョレ地区で収穫したぶどう(ガメイ種)から造られる新しいワインのことです。 最も熟成期間が短くその味わいは出来たての果実の様にフレッシュでジューシーです。

  今年は冷夏の影響で酸味の強いワインが出来上がった様です。

  今回飲んだボージョレヌーボーは日本では限定96本で古木から造られたプレミアム・レゼルブワインです。

  フランスの名門レストランTAILLEVENT(タイユバン)のセレクト品です。  飲んでみた感想はうまみが凝縮されていました。 一般に飲むボージョレとは一線を画すワインでした。

                 ボージョレ・ヌーボー2012(1).jpg

                  ボージョレ・ヌーボー2012(2).jpg

                      ↑  ボージョレヌーボーとキッシュ・ロレーヌ

    キッシュ・ロレーヌは発祥はロレーヌ地方でフランスのパリの人達に人気のお総菜です。

                  ボージョレ・ヌーボー2012(3).jpg

                       ↑   ブルー・チーズとキッシュ・ロレーヌ

                  ボージョレ・ヌーボー2012(4).jpg

                  ボージョレ・ヌーボー2012(5).jpg

                       ↑   2071/7000   シリアルナンバー

                                  ボージョレ・ヌーボー2012(6).jpg

                      蝋でコーティングされていたのでソムリエナイフで削った所2012年の年号が出てきました。

     話は変わりますが2006/11/11 が曽根風呂の開設日で今年の3月に他のブログへ引っ越そうと考えましたが、結局曽根風呂にお引っ越ししました(;^_^) 

     結局曽根風呂も満6周年となりました。 これからもよろしくお願い致しますm(._.)m

 


nice!(378)  コメント(122)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ボージョレ・ヌーボー2011 [ワイン]

     今年もやってきました。 11月第三週木曜日  そう、ボージョレ・ヌーボーの解禁日です。

 

   ボージョレ・ヌーボー2011(1).jpg

 

      5145/8000  シリアルナンバー付き。

 

  ボージョレ・ヌーボー2011(2).jpg

 

      ロウ栓をソムリエナイフを用いて削っていく。

 

  ボージョレ・ヌーボー2011(3).jpg

 

     出ました! 2011年物を表すコルク栓の表示。

 

   ボージョレ・ヌーボー2011(4).jpg

 

    ワイングラスに注ぎ飲む。   滑らかで雑味の無い味で大変美味しい! 揮発油の香りもしない。

 

    皆様はどんなボージョレ・ヌーボーを楽しみましたか? 

 

    


第756回  新企画(第2期目 8月) [ワイン]

      今日は立秋ですね! 暦の上ではもう秋です。  というわけで

 

     残暑お見舞い申し上げます。 

 

 さて、その月の第一土曜日には、僕の独断と偏見でその月に合うワインやシャンパーニュを紹介する企画記事です。

 

 

   今回はこれです。

 

   ディアマン・ヴランケン(1).jpg

 

    DIAMANT BRUT (ディアマン ブリュット) NV です。 

 

  このシャンパーニューは瓶の形がダイアモンドカットと呼ばれる、瓶が非常に美しく特徴的なシャンパーニュです。

 

   ディアマン・ヴランケン(2).jpg

 

  生産者は ヴランケン ポメリーモノポール

  使用されているブドウの品種は シャルドネ 50%  

                      ピノノワール 50%

 

   です。

 

   美しい黄金色のシャンパーニュは味は辛口で、熟成された余韻が長く続く飲み口です。 

 

   今回は、海産物とブルーチーズに合わせましたが、とても良く合います。

 

   シャンパーニュとカバやスプマンテなどのスパークリングワインとの違いは飲んでみればわかるのですが、その深い飲みごたえの余韻にあると思います。 勿論、カバはカバなりの、スプマンテにはスプマンテの良さがありますから、シャンパーニュだけが発泡性ワインの全てという訳ではありませんが・・・。

   

   現在、円高でシャンパーニュ等も安く販売されているケースも多いので、飲み比べてみるともっと楽しみ方は増えると思います。

  

   それでは_〆(・・ )

 

   


第743回  新企画(第2期目)7月 [ワイン]

      ドラえもんの科学みらい展の途中の記事ですが、毎月第一土曜日に僕の独断と偏見によるワインやシャンパーニュの紹介をする企画記事の日です ・・・ が、今月は3週間も遅れてしまいました(*_ _)

 

  今回は、

 

   バロン・ナタニエル1.jpg

 

   BARON NATHANIEL 2007 (バロン・ナタニエル 2007)   です。

 

  産地は PAUILLAC (ポイヤック)  

  生産者は バロン・フィリップ・ド・ロートシルト   です。

 

  生産者を聞いて何となく気が付く方がいるかも知れませんが、5大シャトーの内の一つ、シャートー・ムートン・ロートシルトと関係があります。

 

  このワインは1853年にシャトー・ムートン・ロートシルト社を購入した「ナタニエル・ド・ロートシルト男爵」の名を冠して造られたワインなのです。

 

  ブドウの品種は カベルネソーヴィニヨン 80%  メルロ 10%  カベルネフランマルベラックプチフェルド 10%   です。

 

   バロン・ナタニエル(2).jpg 

 

    流石に第一級ワインであるシャトー・ムートン・ロートシルト もしくはそのセカンドワインのル・プティ・ムートン・ドゥ・ムートン・ロートシルトには及ばないかも知れませんが、この価格帯で深いタンニンの味わいと余韻は中々味わえるものではないと思います。 

 

  日本の夏に飲むには飲む1時間位前に冷蔵庫で少し(18℃位)に冷やしてから飲むと良いかと思います。

 

   それでは_〆(・・ )