So-net無料ブログ作成
プリキュア ブログトップ
前の10件 | -

HUGっと!プリキュア 第17話 (速報) [プリキュア]

           今日は日曜日なので、日曜日恒例の記事になります(^_^;)  それでは、HUGっと!プリキュア 第17回「哀しみのノイズ・・・さよなら、ルールー」 を観た感想です。




 
                                
                                  アバンタイトルは、リストルがルールーが裏切っただとと言う。 戦闘用のパワードスーツも付けるとリストルは言う。 そしてルールーの改造が始まる・・・







                                 「ちょっと落ち着けや」「あいつはスパイやで」「あのタイプは初めて見たからきずへんかったけど、ルールーは未来の力で作れたアンドロイドや」「アンドロイドって人に似せたロボットてこと?」「そやな、そんないなやつが、偶然はなんちにもぐりこんでくるわけあらへん、きっと狙いはプリキュアと俺らだったんだ、そうとも知らず俺らはまんまとだまされたんや」「だまされていない」「だまされているやろが」「だまされてないって」「だまされたんや」「だまされないったらない」「自分ムキになってるだけやろう」「そんなことないです」「私もはなの意見に賛成だよ」「わたしも、確かに最初は狙いがあったのかもしれないえど、プリハート返したとき、行きなさいプリキュアて言ったんだ」「しかし、それは・・・」「最後までだます気なら私達をかばったりしないはずだよね」「自分らおひとすぎすぎるやろ」「まぁ、途中で心変わりしたという可能性もゼロではないがな」「ひねくれてる」「やかましいわ、万が一そうやとしても、クライアス社は裏切り者を許すような組織やないで」「ハリー、ずいぶん詳しいね」「悪モンとはそういうものや」「だったらルールーを助けなきゃ」「賛成」「ほんまおひとよしばっかやな」 一方、ルールーはクライアス社で調整が終了した。 「RUR-9500ルールーが出撃しました」「こまった機械人形ですね」「パップルさん後はお願い致しますよ」「えっ、わたし」「調整を始めたのはあなたですから」「ぶっとび~」  「どこ探す?」「わからないけど、手当たり次第探そう」「ルールーだ」「どこに行ってたの、探したよ」「よかった」「プリキュア・・・ 倒す 「プリキュア・・・ 倒す」「えっ」「どうしたのルールー」「あぶない」「ハリー、大丈夫?」「プリキュア・・・ 倒す」「ルールー、操られているの」「変身するよ」「でも」「このままじゃ話も出来ないでしょ」「わかった」  <<ミライクリスタル!>> ハート キラっと! は~ぎゅ~~! は~ぎゅ~! は~ぎゅ~! 輝く未来を抱きしめて!! みんなを応援! 元気のプリキュア! キュアエール! みんなを癒す! 知恵のプリキュア! キュアアンジュ! みんな輝け! 力のプリキュア! キュアエトワール! 「パップル!」「あなたがルールーを操っているの?」「はぁ、操る? ちがうわよ、ただあんた達と遊んでいたルールーの記憶を消しただけ」「記憶を」「じゃぁ、今のルールは」「あんたらと出会う前の機械人形よ」「かえして、消したのかえして」「無茶言わないでくれる、一度ゴミ箱にポイしたデーターは戻りません」「消してないのもあるわよ、あんた達の戦闘データー」  愛崎えみるがオペラグラスでその戦いを見て、出かけていく  「本当にこれでいいの」「思い出して」「ルールー」「十分ダメージを与えたはず、これだけの力が残っているのは想定外、もっと分析する必要あり、もっとデータを」「輝木ほまれ 4月8日生まれ 身長163cm」 「薬師寺さあや 6月10日生まれ 頭脳明晰」「野乃はな 1月20日生まれ 家族構成は・・・」「ルールー、声が届いているの?」「はなだよ」「さあやだよ」「ほまれだよ」「はな・・・ さあや・・・ ほまれ・・・」「思い出したの?」「そんなはず無い」「考えられるとしたら、ルールーが消すことを拒否したとか」 「いくよ」 スタースラッシュ! フェザーブラスト! 「元に戻ったの」「はい」 「あぁぁぁぁ胸が痛い」







                                  「本体の破損箇所はないのに胸が張り裂けそう」「ルールー」 「私に近づかないで」「そんなの無理」「くどい」 フレフレ! ハート・フェザー!  フレフレ! ハート・スター! 「来るなと言っている」「そんなの無理だよ」 フェザーブラスト!  スタースラッシュ!  「エールまかせた」「うん」「もうわかっているのでしょう、私はクライアス社製のアンドロイド、RUR-9500 ルールー・アムール、あなたたちの未来を奪いにきた、邪魔なプリキュアの力を調べる為に、あなたの母に偽物の記憶を植え付けて潜入した、ウソをついてあなたに近づいた、私は、あなたの家族を、学校のみんなを、町の人々をみんなだました」「なんや、自分をせめとんのか?」「だまされてなんかない」「私がそう思っていないから、そうなの」 「あっ、」「やめて、本当に痛いの」「なぜゆるそうとするのです、」「もう優しくしないで」「これ以上あなたと、あなたたちとふれあうと、この痛みが、私のなかの正しい世界を・・・ 壊していく」「わかっているのです、あなたたちの力の源は心、それが、私の回路にバグを作った、こんな痛みに苦しむくらいなら、記憶は消されたままがよかった」「苦しいのは私も一緒だよ」「もう、ルールーと戦いたくない」「さっきから体よりも。胸の奥の方が、ずっと痛いんだよ」「なぜ」「ルールーのことが・・・ 好きだもん」「いまさら嫌いになんてなれない」「はぐたん」「よちよち」「なにやってんのよさっさとかたずけなさい」「去りなさい私のプログラムは上書きされました従順な機械人形ではありません」「帰ったほうがいいですよ」「お仕置きされたくなきゃね」「うっ、帰るわよ」「まだいたいか」「いいえ、むしろ温かいです」「そっか」「ですが、バグをかかえたままでは支障があります。 どこか修理出来るところはありませんか?」「その必要は無いと思うよ」「それはきっとバグじゃないから」「私達と同じ心だよ」「心、これが」「おかえりルールー」「ただいま」 これらを愛崎えみるに見られていた・・・。                                             





                                機械人形だったルールーの正体があばかれても、なお、ルールーの心を信じるはな。 ルールーの心の痛み、苦しみは、見ている方も苦しくなって来るほど真にせまっていました。 初期化されて、記憶を失ってゴミ箱行きの心を上書きで修正、パソコンの機能もわかって、良い子達にも将来、良い影響を与えるような、そんな構成に感心しました。 はなの妹ことりの親友、えみるちゃんの存在も気になってきましたね。



nice!(70)  コメント(1) 
共通テーマ:アニメ

HUGっと!プリキュア 第16話 (速報) [プリキュア]

            今日は日曜日なので、日曜日恒例の記事になります(^_^;)  それでは、HUGっと!プリキュア 第16回「みんなのカリスマ!?ほまれ師匠はつらいよ」 を観た感想です。



                                アバンタイトルは、野乃はなと薬師寺さあやと、輝木ほまれが自己紹介しているところ。 朝の校門で、いきなりほまれは、百井あきに、私を弟子入りして下さいと言う・・・  



                                                                                  

                                今月のはぐくむウーマン輝木ほまれさん、氷上の流れ星・・・ と書いてある記事を見る。 こんな子がいたなんて、灯台もとクラス! 「灯台もと暗し」ね。 それで、百井あきはスケートを始めたと言う。 ほまれは「私、アイススケートなんだけど」と言う。  しかし、「何が弟子にして下さいよ、泣く子もだまる、輝木ほまれだよ」と十倉じゅんなに反対されてしまう。そしてケンカになってしまう。 体育の授業でも、二人のケンカが原因で上手くいかない・・・  休み時間、ほまれが休んでいるところに百井あきが師匠とやってくる。 百井あきは自分を優柔不断なので、自分の考えをもっているほまれに憧れたらしい。 「そんなことないよ、仲直りしないの?」「じゅんなとは幼稚園生からずっと一緒なんだよね。 腐れ縁てやつ、だからつい甘えちゃうんだよね」 そして昼休みの終わりのチャイムが鳴る。  ルールーは学校でパップルに会う。 プリキュア、この学校にいるのね、早く倒しちゃえば? とパップルに言われるが、ルールーは情報収集が目的だと言い張る、パップルは、プリキュアには変身アイテムが必要みたいだからそのデータを集めてみないとねと言われる。 放課後、あきとほまれ、さあやとはなルールーで帰ろうとするが、ほまれはじゅんなも誘う。 しかし、じゅんなは教室を飛び出して帰ってしまう。 それをみてほまれは、今日は用事があるから一人で帰るという。 ビューティーハリーではぐたんと遊ぶほまれ。 いつも一緒にいるからわかるわ「何があったんや」とハリーに聞かれるほまれ。 元気の無い時はこれに限るとチョコミントアイスを出すハリー しかし、ほまれは帰ってしまっていた。 そこへ、はなの母親すみれが、雨宿りにやってくる。 はなとさあやは雨宿り場所を探す。 そんなとき、はなはまた不思議な男の人に出会う。 「今日も元気だね」「ツツジがですか?」「雨は美しい花を咲かせ恵みとなる。 だが、時には凍えるような寒さを与える、不意に変るあの空、どこか似ていると思わないかい、心と」「心・・・」 一方、あきはじゅんなと雨宿りしているところに出くわす。 「どうして輝木さんなの?」「ほまれみたいにかっこよくなりたいから」「ほまれ、ほまれって」「じゅんなは何も分かっていない、すごいいい子なのに」「そういうことじゃない、あきはそのままでいいの」「私はかわりたいんだもん」 いい感じのトゲパワワ発見!  「何かんがえてるんや」「うぁぁぁ・・・どうして」「・・・ったくさがしたやないか」「ええっ」「何、何なの?」「アイス溶けるやろ」「アイス」「ずーっと楽しみにとっておいたんや、溶けるやろが「はぁ、冷凍庫入れておけばいいでしょ」「お前が、傘もたんで出て行くから・・・」「先帰るぞ、はなのママさんにはぐたんみてもらってるんや」「でも、傘一本しか」「あ、雨上がった」「発汗、瞳孔が開いている」「どぅああ・・・」「いつから」「心拍数上昇、150、151、152、153」「何でもないから」「輝木ほまれ、集中力67%ダウン、おかげでプリハートを奪えた、この計画は利にかなっている。正しい選択」 「やるじゃない」「解析でき次第、社に報告します」「まぁ、いいわ」「その間に私はプリキュアを倒すから」「これは」「一人足りなきゃこっちのもんでしょ」 ネガティブウェーブ 「オシマイダ」 




                                                                                           

                             「オシマイダー」「来たわねプリキュア、オシマイダーやっちゃって」「早く助けないと」「ないない」「なんやと」「そんなはず無い、絶対ここにいれてあったのに」 「ざまぁ、プリキュア」「そのままじゃむりや」「どうしよう」「ルールー、どうしてここに」「私では助けられない、いきなさいプリキュア」 <<ミライクリスタル!>> ハート キラっと! は~ぎゅ~~! ぎゅ~! ぎゅ~! 輝く未来を抱きしめて!! みんな輝け! 力のプリキュア! キュアエトワール! 「あいつまさか!」「何してくれんのよ」  <<メロディーソード!>> スタースラッシュ! 「今度こそ・・・ 一緒に帰ろう」 あきとじゅんなが仲直りする 「エール!」「アンジュ!」「うん!」  <<ミライクリスタル>> エールタクト! アンジュハープ! エトワールフルート! 心のトゲトゲ とんでいけー! プリキュア・トリニティコンサート!  「ヤメサセテモライマス!」 HUGっと!プリキュア エール・フォー・ユー! で、オシマイダーを浄化!「で、どういうこっちゃ」「どうしてあなたが」「ルールー」「出来損ないの機械人形が、私の邪魔をするなんて、調整し直しね」「ルールー」「ぶっちゃけ せっぱつまっててね」「そんなルールー」「ルールー」「るーるー」



                                                                                              

                                  クラスメイトの百井あきから、師匠と慕われるほまれ。 困っていましたね。 心配したハリーに、心を奪われている隙に大事なプリハートを無くしてしまい、プリキュアに変身出来ず困ってしまいます。 実は、ルールーが犯人でした。 しかし、ルールーの心の変化からか、プリハートをほまれに返します。 機械人間にも心が芽生えてきたようです。 今回はルールーの心の変化がテーマで次回に繋がっているようですね。




                                             「晴」





HUG(はぐ)っと!プリキュア お世話たっぷり おしゃべりはぐたん

HUG(はぐ)っと!プリキュア お世話たっぷり おしゃべりはぐたん

  • 出版社/メーカー: バンダイ(BANDAI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
HUGっと!プリキュア(2) (講談社のテレビえほん(たのしい幼稚))

HUGっと!プリキュア(2) (講談社のテレビえほん(たのしい幼稚))

  • 作者: 講談社
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/07/14
  • メディア: 単行本
丸美屋食品工業 HUGっと!プリキュアカレー ポーク&野菜甘口 箱入 145g×10個

丸美屋食品工業 HUGっと!プリキュアカレー ポーク&野菜甘口 箱入 145g×10個

  • 出版社/メーカー: 丸美屋食品工業
  • メディア: 食品&飲料
                                 

nice!(387)  コメント(6) 
共通テーマ:アニメ

HUGっと!プリキュア 第15話 (速報) [プリキュア]

                                                                         今日は5月第二週日曜日なので、母の日ですね。 でも、今日は日曜日なので、日曜日恒例の記事になります(^_^;)  それでは、HUGっと!プリキュア 第15回「謎コンビ・・・?えみるとルールーのとある一日」 を観た感想です。                               






                                                                         アバンタイトルは、野乃はなと輝木ほまれが自己紹介しているところ。 卵が一パック20円で大安売りしているというが、はなはビューティーハリーに行かなければならないので、ルールーにお使いに行かせることに・・・ その途中で、ルールーは「事故が起こる前にみんなを守る」キュアえみ~るに出会う。 ルールーは新しいプリキュア?と衝動が走る・・・





                             ルールーはキュアえみ~るを調べるが、ミライクリスタルが無いのでプリキュアの可能性は低いと判断する。 えみるはルールーに「危ないところでした。 もう少しでこの猫さんと激突していたところなのです、わたしが止めなければ尻尾を踏みつけて大変なことに・・・」 このポーズは大変なのですとえみるは猫の方に倒れ、猫に顔をひっかかれてしまう・・・。 「ストップなのです公共の道を急ぐのは危険なのです小石につまづいて坂道をごろごろしてしまう危険があるのです」「その可能性は1.57%です」「頭上にも注意です、風に飛ばされていたビニール袋に視界を遮られ電柱にぶつかってしまうのです」「ありえません」「見てください今の私、少しでも危険があるのなら、キュアえみ~るは、あなたをお守りするのです」 ところ変って、ほまれにさあやはオーデションどうだったと聞かれる。 逆にほまれは新しいスピン調子どう?とさあやは聞く。 お互いどぎまぎする。 スーパーに到着したルールーは大勢のお客さんが詰め込んでいる所を素早く卵をゲットして任務完了する。 一方、キュアえみ~るは高くて手が届かない商品を買おうとしている老人に、商品を取ってあげようとするが、重なっていた物を崩してしまう。 また、大根を買い忘れた人にレンコンを持っていってしまう。 また、重そうな荷物を持った子供連れの荷物を持とうとするが、重すぎて運べない・・・。 「キュアえみ~るは皆さんのお役にたてませんでした」「そうでしょうか、あなたが声をかけた人は皆、笑顔になっていました」とルールーは言う。 そして、えみるは、ルールーに「あなたともっとお話がしたいのです。 もしよければ私の家へ・・・」と言う。 ルールーはいいですよと言う。 そしてビューティーハリーでははぐたんが言葉を少ししゃべる。 またえみるはは公園に服を置いておいてそこで着替える。 ルールーはえみるがプリキュアの可能性0.01%という。 「キュアえみ~るは世をしのぶ姿、本当はプリキュアでは無いのです」「そうですね」「本当は愛崎えみると言います」「私はルールー・アムールです敬称はいりません」「わかりました。美しい名前ですね」そう言われルールーは少しどきっとする。「お願いがあります、キュアえみ~るのこと、私の家族には秘密にしてくれませんか?」「何故ですか?」「ヒーローとは正体を隠すものなのです」「それに・・・ 家族に心配をかけたくないので」「さぁ、行きましょう」 一方敵側は、パップルがルールーを呼ぶが 下っ端がいないと仕事が全部私に回ってくるじゃない! と言う。                                                                                                愛崎えみるは家にルールーを招待する。 えみるの家は父親と母親が変った格好でお出迎える。 正人兄もでてくる。 「ばたばたしてごめんなさい、ここが私の部屋なのです」「あれはなんですか?」「ピアノとバイオリンですけど」「何をするものなのですか?」「えっ、それは楽器なので音楽を奏でるものですが・・・」「音楽とは何ですか?」「音楽を知らない?」「なるほど、わかりました、それならお教えしましょう、私の最大の秘密と共に」「これはなんですか?」「私が最も愛する楽器、ギターなのです」 えみるはギターの魅力を色々とルールーに話す。 そしてえみるはギターを演奏しながら歌う。 ルールーはそれを聞いて「何なのですか、その不思議な音と声の組み合わせは・・・」「それが音楽、歌なのです」「歌、苦しいです。その歌というものが私の中に響き続けていて、もっと聞きたいそう思います」「しょうがないですね、特別ですよ」 そうしてもう一度演奏を始めるえみる。しかし、そこへ兄が入って来て「だめだね女の子がギターなんて、女の子は女の子らしく、ピアノやバイオリンの方が似合っている」「はい・・・」「なぜですか? なぜギターはだめなのですか?」「かわいいえみるには似合わないからさ」「基準が不明瞭です」「由緒ある愛崎家にギターは不釣り合いだと言っているんだ」「あなたはマスターなのですか?マスターではないのなら命令に従う義務は無いはずです」「ただの助言だ、邪魔したね」・・・ 「ありがとうルールー、怒ってくれて」「怒った?」「わたしが・・・」  そんな時、オシマイダーが現れる。 





                                                                          「えみ~る」 「いくよ!」「うん」  <<ミライクリスタル!>> ハート キラっと! は~ぎゅ~~! 輝く未来を抱きしめて!! みんなを応援! 元気のプリキュア! キュアエール! みんなを癒す! 知恵のプリキュア! キュアアンジュ! みんな輝け! 力のプリキュア! キュアエトワール! 「危険です、なぜ来たのですか?」「キュアえみ~るはみんなの平和を・・・」「あなたは本物のプリキュアではないでしょう」「確かに私は偽物なのです。でも・・・ でも・・・」「偽物でも街の危機をほおっておけないのです」 キュアえみ~るは泣いている男の子を助ける。  フラワーシュート! 「見てたよ」「あなたもヒーローだね」「ちょっと怒っちゃったよ、後はまかせて」  私もヒーロー・・・  <<ミライクリスタル>> エールタクト! アンジュハープ! エトワールフルート! 心のトゲトゲ とんでいけー! プリキュア・トリニティコンサート!  「ヤメサセテモライマース」 HUGっと!プリキュア エール・フォー・ユー! で、オシマイダーを浄化! 「わたし、なんて危険なことを」「わたしも同じようなことをしました。わたし何故あんなことを・・・」「やはりあなたと私は通じ合っているのです。運命なのです。ルールー、私と一緒にプリキュアになりましょう」「わたしあ、プリキュア・・・ おことわりします」「今日からあなたはラリルレルールなのです」「おことわりします」「えみる」「はな先輩」「ルールーおつかいは?」「問題ありません」「卵はうちであずかっているのです」「二人はどういう関係なの」「お友達なのです」「他人です」 と押し問答が続く・・・。 



                                                                                                                                                      はなの妹のことりの友達、愛崎えみるちゃん。 ルールーのお使いの手助けをしようとしますが、上手くいかなかったようです。 心の伴わないルールーとえみるちゃんの気持ちのすれ違いに、見ていてもどかしさを感じましたね。 愛崎家は、音楽一家で、ギターの好きなえみるに対して、クラシックしか認めないのも、面白い展開になりそうです。 偽物のプリキュア、えみるちゃんとアンドロイドのルールー、二人がプリキュアになる日もそう遠くないような気がしてきました。





                                                                                                                              「雨」








nice!(408)  コメント(4) 
共通テーマ:アニメ

HUGっと!プリキュア 第14話 (速報) [プリキュア]

今日は日曜日なので。日曜日恒例の記事になります(^_^;)  それでは、HUGっと!プリキュア 第14回「はぎゅ~!赤ちゃんスマイルめいっぱい!」 を観た感想です。






                                アバンタイトルは、野乃はなが、ルールーの歓迎会では、ちょっと変わっている気がするけど、プリキュアの正体ばれちゃった気がする。 さあやは新しいお仕事体験保育士だよの本で勉強する。他のプリキュアの正体は不明とルールーが言う。






                                おしごとしCiao ではなの母親からルールーを頼めると言われる。 それで、お仕事体験として保育園に行く。 ルールーははぐたんのお世話を頼まれる。  ミライパッド・オープン おしごとスイッチ オン! 保育士の姿になる。 皆さんには1歳児の面倒を見てもらうと言う。 おむつを取り替える実習をみる。 赤ちゃんがごきげんになって、はなは赤ちゃんに両ほっぺをつねられる。  赤ちゃんの気をそらせるため、ルールーは折り鶴を沢山折る。 さあやあとルールーの様子を見ていたほまれはさあやは負けず嫌いなんじゃないの? と発言する。 





                                                                                                                                                  トゲパワワ発見 ネガティブウエーブ! 発注オシマイダー! 「クライアス社」「赤ちゃんが寝ている時に」  <<ミライクリスタル!>> ハート キラっと! は~ぎゅ~~! は~ぎゅ~~! は~ぎゅ~~! 輝く未来を抱きしめて!! みんなを応援! 元気のプリキュア! キュアエール! みんなを癒す! 知恵のプリキュア! キュアアンジュ! みんな輝け! 力のプリキュア! キュアエトワール!  「赤ちゃん達起きちゃった」 はぐたんは泣かないでプリキュアを応援! 「大丈夫だよ怖くない」「赤ちゃん達お願い」   <<ミライクリスタル>> エールタクト! アンジュハープ! エトワールフルート! 心のトゲトゲ とんでいけー! プリキュア・トリニティコンサート!  「ヤメサセテモライマス・・・」 HUGっと!プリキュア エール・フォー・ユー! で、オシマイダーを浄化!  近所の苦情にきた女性が「舞い降りています、子供服のデザイン、私天才です」 はぐたんがルールーにハグする。 そして、はなの家に戻って、ルールーの部屋で「12秒、赤ちゃんより早いです」と言われ、はなは寝てしまう。







                                  保育士のお仕事体験で、はぐたんのお世話で慣れているはずなのに、一人一人の赤ちゃんのお世話の方法も違っていて大変なことがわかったようですね。 ルールーとさあやの知識の争いが興味深いシーンでした。 敵に襲われても赤ちゃんの面倒を見るはなの姿は感動的でした。    




                                 

                                                        「晴」







nice!(399)  コメント(10) 
共通テーマ:アニメ

HUGっと!プリキュア 第13話 (速報) [プリキュア]

       世間はGWに突入ですが、今日は日曜日なので、日曜日恒例の記事になります(^_^;)  それでは、HUGっと!プリキュア 第13回「転校生はフレッシュ&ミステリアス!」 を観た感想です。







                                 アバンタイトルは、野乃はなが自己紹介しているところ。 はなの家に帰ったら外国の人が来ていたという。 はなは、どこで会ったのであろうと思う。 ルールーは野乃はなのデーターを集めなければという。 







                                 RURU AMOUR と自己紹介する。 学校では、教科書は全部覚えてきていた。 さらにテニスは圧倒的勝利! 男子に告白されても拳のつきあいと言ってかわす。 ハリーと共に、サプライズ歓迎感を行うと相談して、行うことにする。  ルールーは一週間野乃はなを観察しましたが、運動、勉強において特に優れた点はありませんでしたと報告する。     そして、ようこそ、はぐくみ市へと、歓迎会が開かれる。 しかし、手巻き寿司のような未完成なものを食べてもしかたありませんといい、その上、歓迎会を開く意味は無いと言って帰ってしまう。 しかたないので、ちらし寿司にして、みんなのお土産にしようとはなは言う。  一方敵側は、パップルが、破壊しこねた、ミライクリスタルホワイトは今だ見つからず、新しく誕生した、ピンク、ブルー 、イエロー、ローズ、ネイビー、オレンジ、はプリキュアの手に渡った。 おかげで私は毎日残業、あなたと会える時間も減るし、いやんなっちゃう。 他の子と遊んじゃいやよ。 といっても、心の無い機械人形のルールはありえないか・・・






                                                                                                                                                                                   「そりゃ勝手に歓迎会したの私達だけど・・・」「いっしょにわいわいしたくない人もいるよね」「いっしょにいいて疲れない?」「何とかなるよ」「その根拠は?」「それは・・・」「とにかくなんとかなるって」 「今日は私に話しかけてくる生徒が80%減りました。理由はわかりませんが、おそらく昨日のことが関係しているのでしょう」 「調査対象でない人間に話かけっれる回数が減っても問題ではない、しかし野乃はなに話しかけられる回数が減っているのは問題、私にどこか間違がたのでしょうか」 「ねぇ、パパ、こんどルールーちゃんとお出かけしない、遊園地とか、昨日のは気にいってもらえなかったけど」「はな、そのがんばり方は少しちがんじゃないかな」「えっ、でもうちはホストなんだから」「ホストの前に、今、同じ屋根の下で暮らしている僕らはなんだい」「そうだ、ルールーはゲストじゃないんだ」「わかったみたいだね」「ルールーを呼んでくる」 しかしルールーは街の方へ文房具を買いに行くと言って出かけていた。 そんな時、プリハートがなり、オシマイダーが現れたとの連絡がある。 「ルールもあっちの方へ行ったって」「はな」「いきましょう」  <<ミライクリスタル!>> ハート キラっと! は~ぎゅ~~! は~ぎゅ~~! は~ぎゅ~~! 輝く未来を抱きしめて!! みんなを応援! 元気のプリキュア! キュアエール! みんなを癒す! 知恵のプリキュア! キュアアンジュ! みんな輝け! 力のプリキュア! キュアエトワール!  「野乃はなに悪印象をもたれたならこれ以上の調査は不可能、いつもの手段でプリキュアの力をはかるのみ」 「ルールーはどこ?」「ルールー」「何を言っているのです」「いつも人のいっぱいいるところであばれて迷惑かけないの」  フラワーシュート!  「私を捜しに?」「キュアエール、いや野乃はな」「ルールー無事で良かった」「なぜ私を捜しにきたのです?」「来たばかりの街でこんなさわぎにまきこまれたんだもの心配するよ」「心配?」「そんな気持ちのせいで非効率な戦いをして、無駄に傷をおったのですか?」「無駄じゃないって、こうして話出来たんだし」「わたしさ、せっかくきてくれたルールーを喜ばせたかったんだけどさ、変な感じになっちゃったよね、わたし余計な気をまわしすぎて、逆にあなたに壁つくっちゃってた。それじゃおたがいのことなんかわかるわけないよね、だから、あなたの為に特別なことしようとするのはやめる、今からは、パパやママ、ことりと同じように、ルールー家族になろう」「家族に」「うん、もっ気楽にさ、当たり前のことなんでもしてみようよ、私達タイプ全然違うし、ぶつかることもあるだろうけど、何とかなるって」「私とあなたがなんとかなる根拠はあるのですか」「それは・・・」「無いなら無理です」「タンマ、タンマ、ルールーが好きだから」「あっ」「それじゃダメ?」「エール」「あれ、いない、夢でもみてたのかな」「あんまり心配させないで」  「くるよ」  <<ミライクリスタル>> エールタクト! アンジュハープ! エトワールフルート! 心のトゲトゲ とんでいけー! プリキュア・トリニティコンサート!  「ヤメサセテモライマス・・・」 HUGっと!プリキュア エール・フォー・ユー! で、オシマイダーを浄化!  「あ、ルールーを探さなきゃ」「ここにいます」「用事は済みました帰りましょう」「うん」 夕ご飯の時、はなはルールーにこういうんだよと「おいしいです」と教える。 「今回はプリキュアの力の源を解明できませんでした。しばらくは調査を続ける必要があります」「あの時の痛みは・・・」「怪我したの?」「出て行って下さい」「なんでここにいるのですか?」「朝までおしゃべりしよう」「出ていって下さい」「やーだー、もっとルールーのこと知りたいし」「今更だけど、私達最初どこで会ったっけ、実は覚えてなくて」「わたしは・・・」「ねたのですか?」「ほんとにあなたは理解不能です、私の正体を知ってもあなたは・・・」「何を言っているのでしょう私は」「おやすみなさい」 





                                                                                                                                                             突然はなの家に出現したルールー 歓迎会を開いても、全然乗ってこない・・・ それもそのはず、実は敵のクライアス社から派遣された調査員。 学校では何をやっても優秀なのも当たり前、人造人間のようです。 設定が、外国人で、はなの家にホームステイには、無理矢理の印象も受けましたが、いつものお話の手法で良い子達も理解していることでしょうね。 次回、はぐたんをお世話する課程で、人間の心を感じられるようになるのでしょうか? 楽しみです。





                                                             「晴」






HUG(はぐ)っと!プリキュア お世話たっぷり おしゃべりはぐたん

HUG(はぐ)っと!プリキュア お世話たっぷり おしゃべりはぐたん

  • 出版社/メーカー: バンダイ(BANDAI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
「HUGっと!プリキュア」主題歌シングル(初回生産限定盤)(DVD付)

「HUGっと!プリキュア」主題歌シングル(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)
  • 発売日: 2018/03/07
  • メディア: CD
HUGっと!プリキュア ボーカルアルバム

HUGっと!プリキュア ボーカルアルバム

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: マーベラス
  • 発売日: 2018/07/04
  • メディア: CD
                                 

nice!(407)  コメント(12) 
共通テーマ:アニメ

HUGっと!プリキュア 第12話 (速報) [プリキュア]

             今日は日曜日なので、日曜日恒例の記事になります(^_^;)  それでは、HUGっと!プリキュア 第12回「ドキドキ!みんなでパジャマパーティー!」  を観た感想です。






                                アバンタイトルは、野乃はなと薬師寺さあやと輝木ほまれが自己紹介しているところ。 前回のことを回想しつつ、はなは待ちに待ったパジャマパーティーを開くという。                                 






                                                                                       「うわ~さあやのパジャマ可愛い」「ありがとう、でもデザインだけじゃないんだ、通気性がいいのに加えて、汗を吸収、さらに蒸発させちゃう新素材、宇宙開発でも採用されているの」「ほまれイケてる」「エへヘヘ、はなもイケてんじゃん」「でもやっぱり、はぐたんがきゃわたん」「なんでパジャマ着なあかんねんまだ4時やで」「パジャマパーティーは早いに越したことない」「そのパジャマパーティーってなに?」「えっ、知らないの?」「ハリーの世界にはないの?」「う・・・んまあな」「パジャマでリラックス、寝るまで本気のガールズトークに花をさかせる、いけてる女子のたしなみ、それが、パジャマパーティー」「あー、お泊り会のことか」「違う、ただのお泊り会じゃない、大人のお姉さんの華麗なる宴だよ」「ちょっとまった」「その宴っちゅうのをここでやるきか」「ちゃんとママに許可とってきたよ」 「で、オレの許可は?」「言うの忘れてた」「ええっ」「今晩お世話になります」「はい」   はなはたこ焼き屋のおじさんからたこ焼きの焼き方を伝授してもらっていた。  はぐたんがミルクを全然飲んでいないのでどうしたかと思うと、はぐたんに歯が生えてきていた。 「歯が生え始めたら、離乳食にばっちりのタイミングみたい」「ゆでた野菜を裏ごしする」「なるほど、こうやって食べやすくするんだ」 そして、はなははぐたんに食べさせようとするが上手くいかない。 ハリーがイケメンチェンジして上手くはぐたんに食べさせる事が出来る。 「ミルクを飲んでいるはぐたん、メッチャ可愛かったのに、いつか見られなくなるのかなちょっと寂しい」「それでいいんとちゃうか?」「ええ」「確かに大きくなって出来へんことはぎょうさんある、けど、それ以上に出来ることが増えていくっちゅうのがいいんじゃないかな」  一方敵側は、パップルが責任追及され、「かならず、プリキュアをぶっとばします」と言う。 「はぐたんも寝たことだし大人のが始まるよ」「大人の夜って何を・・・?」「パジャマパーティーの醍醐味、映画鑑賞!」「素敵!」「待っていました!」 「めちょっく、ポップコーン買うの忘れた」「他のお菓子一杯あるじゃん」「ダメ、映画とポップコーンが大人の流儀なの」「HUGっと!きらめいた」 ポップコーンマシーンで沢山ポップコーンを作ることが出来るとハリーは言う。 「パジャマパーティーと言えばホラー映画でしょ」他の映画にしようと思ったがシリーズ縛りで借りていた・・・。 「ほまれ平気なんだ」「いいえ、もう限界です」「ホ・ホ・ホ・ホ・ホ」「恐怖でキャラが家わっとる、食べることで恐怖から逃げとる」 また、敵側ではルールーがより多くのプリキュアの出現場所のデーターが必要だと言う。 パップルは小降りなトゲパワワを集めていた。   ミライクリスタルをはぐたんにお与える。 「違う世界ってどこから来たの、ごめんパジャマパーティーのおかげかな本音が出ちゃう」「そやな、そろそろ言ってもええか、色々影響するかと思うてな言えんかった」「影響って」「俺たちは・・・ ここよりずっと未来の世界から来た」「未来!」「ちょっとまって」「今より先の」「ああ、ずっと、ずっと先の時代や」「クライアス社の連中が、俺たちの世界をメチャクチャにしおってからに、なんとかはぐたんをつれてここまで逃げて来れたちゅうわけや、あきれるほど遠い時間を超えてな」「プリキュアが4人必要言うたやろ、オレは4つの強い力が必要だと思っていた・・・ でもちゃうかった、強さは数じゃない、性格も個性も違う同士が力を合わせた時に、ビックリするような力が生まれるんや」「ちょっと待って」「未来の人たちってねずみになっちゃうの?」「それって進化なの?退化なの」 そんな時オシマイダーの攻撃の音が夜に鳴り響く・・・                                  







                                                                                       やっと集まったトゲパワワ、私のお立ち台、いや舞台が整ったわ 「みんな!」「うん」  <<ミライクリスタル!>> ハート キラっと! は~ぎゅ~~! は~ぎゅ~~! は~ぎゅ~~! 輝く未来を抱きしめて!! みんなを応援! 元気のプリキュア! キュアエール! みんなを癒す! 知恵のプリキュア! キュアアンジュ! みんな輝け! 力のプリキュア! キュアエトワール!  「ごちゃまぜにしたトゲパワワいけるじゃない」 「私達だって」「それぞれ違うけれど、合わさった時は強い!」 「背中をあわせるの」「これならどこからきても問題なし」  フラワーシュート!  フェザーブラスト!  スタースラッシュ!  「弾がオシマイダー?、ならぶつかっていけ」  <<ミライクリスタル>> エールタクト! アンジュハープ! エトワールフルート! 心のトゲトゲ とんでいけー! プリキュア・トリニティコンサート!  「ヤメサセテモライマス・・・」 HUGっと!プリキュア エール・フォー・ユー! で、オシマイダーを浄化! ホラー映画の影響で眠れなくなってしまった3人、お話をすることに・・・ ほまれはこれがないと眠れないというぬいぐるみを持っていた。 ルールーがはなの家に入り込み、母親を洗脳する。 はなが家に帰ると、はなの母親は、はなに知人からあずかった娘さんがいるの・・・ とルールーがそれになっていた。





                                                                                                                                                                パジャマパーティーで、ハリーがはぐたんと一緒に未来の世界から来たということを打ち明けたのも、リラックスした時間だったからのようです。 歯の生えてきたはぐたんの成長も楽しみです。 離乳食を作るプリキュアの姿も本当のママの様に見え、将来は良いお母さんになれそうです。 パーティーで見た映画「恐怖の訪問者」のシリーズは、次回の物語の伏線のようですが・・・ 謎めいて怖いお話の始まりのようです。





                                                                                                                     「晴」





nice!(420)  コメント(6) 
共通テーマ:アニメ

HUGっと!プリキュア 第11話 (速報) [プリキュア]

         今日は日曜日なので、日曜日恒例の記事になります(^_^;)  それでは、HUGっと!プリキュア 第11回「私がなりたいプリキュア!響け!メロディーソード!」 を観た感想です。






                                アバンタイトルは、前回の続き、はなは、はぐたんがアスパワワを使いしてしまって、その原因は自分にある、だからもうプリキュアはやらないと言う。                                 




                                                                                           「もう決めたから・・・ごめんね」「ちょっとまってよマジ意味わからないんだけど」「だって、私のせいだもん、はぐたんにこんな苦しい思いさせて、プリキュア失格だよ」「はぐたんからいっぱい元気もらったの」「私には何もできない」「そんなことないよ」「そんなことある、私はさあややほまれとは違うもん、だからプリキュアにもなれなくなっちゃったんだ、きっとプリキュアにぴったりの子が他にいるんだよ、はぐたんをきちんと守れる子が」「おい、それがお前のなりたい野乃はななのか?」「ごめんね」      「わたしのなりたいわたしああ、なんで?」 はなのお母さんがはなの部屋に入ってくる 「どうして私はさあやみたいにかしこくないし、ほまれみたいに運動もできないんだろう、どうして、私何ももっていないんだろう」「はなが生まれてきた時ね、ママもパパはとってもうれしかったの」「はなが笑うだけで私達を幸せにしてくれた」「はなは少し大人になったのね」「フレフレ!はな」「前を向いて今を頑張れば、きっと素敵な未来がやってくる」「未来?」  「フレフレわたし、頑張れ頑張れ、うん」 「いってらっしゃい」「いってきます」 家の外には、さあやとほまれがいた。 さあやははなのいいところを語る。 そして3人でハグをする。 ハリハム・ハリーが急にミライパッドが光ったという。 「のびのびタワー?はぐたんを元気に出来るヒントがあるのかも」「はぐたん」    一方敵側はパップルがチャラリートを最後の駒にすると言い、稟議承認される・・・    「ミライパッドがしめしていたのは、ひなせ君達の演奏だったのね」「はぐたん、私の心の音はどんな感じかな、聞いた人がはぐたんが元気になれるような音がなっているかな」「わたしの音も聞こえるかな」「のびのびタワー、音楽、だっこ、はぐたんが大好きなものばっかりだ」「私の大好きなものも一杯だ」    はぐたんが目を覚ます。 はながミルクを作ってくると行った時、また不思議な男性と出会う。明日を失いつつある世界の為に、剣は何ももたない少女を選んだ、なぜ少女は戦うことが出来たのか、誰かのため身を削って、富のため、名声のため・・・     オシマイダーになってしまったチャラリートがその時現れる。





                                                                                                                                                           「くっ・・・守らなきゃ」「あっ・・・」「出来る、きっと出来るよ」「ほまれ」「フレフレはな」「さあや」 「うん、何でも出来る、何でもなれる」  <<ミライクリスタル!>> ハート キラっと! は~ぎゅ~~! 輝く未来を抱きしめて!! みんなを応援! 元気のプリキュア! キュアエール! みんなを癒す! 知恵のプリキュア! キュアアンジュ! みんな輝け! 力のプリキュア! キュアエトワール! 「プリキュアになれた、やっぱり、メッチャいけてる」  フレフレ! ハート・スター!  フレフレ! ハート・フェザー!  キュアエールが、崩れたビルの固まりから少女を守る。 「私は逃げない、プリキュアだから」 「みんなの笑顔が好き、みんなを笑顔にしたい」「フレフレみんな、フレフレわたし」 するとプリキュアの剣が現れる。 「力がみなぎってくる」 オシマイダーになってしまったチャラリートを感じて、キュアエールは剣で攻撃するのをやめる。 「ちがう、これはわたしのなりたいプリキュアじゃない」 オレは何も持っていない、オシマイダーと叫び乱れるチャラリートにキュアエールはハグをする。 「心が苦しいのわかるよ、私だってそうだもん、私も頑張れないときある、宿題さぼっちゃたときあるし、にんじんとグリンピースよけちゃったことあるし・・・ 大丈夫だよその気持ち私が抱きしめるから」「違うよ必要なのは剣じゃない」 剣からメロディーソード!が現れる。 「これがわたしの応援、私のなりたいプリキュアだ」  <<ミライクリスタル>> エールタクト! アンジュハープ! エトワールフルート! 心のトゲトゲ とんでいけー! プリキュア・トリニティコンサート!  「心が温かけぇ・・・ オレにも未来が」 HUGっと!プリキュア エール・フォー・ユー!  「はぐたんごめんね、私はぐたんがとっても、とっても大切だよ、はぐたんが笑ってくれると嬉しい、はぐたんの笑顔のためなら頑張れる」 はぐたんが「まーま」と言えるようになる。






                             ミライパッドの導きで、目を覚ますことができたはぐたん。 良い子達も一安心したことでしょう。 落ち込んでいたはなも笑顔が戻ってきました。 そのはなが、敵のオシマイダーにされたチャラリートと戦い、負けて自信を失ってしまった敵にハグをする、キュアエール(はな)の姿には感動しました。 たとえ敵であっても心を持って接するはな。 大人への第一歩を踏み出したようです。 そのおかげで新しいアイテムをゲットすることが出来、今後の活躍がたのしみです。 ゴールデンウィーク商戦ともタイアップ、物語の構成とも良くマッチしていましたね。




                                              「曇」





HUG(はぐ)っと!プリキュア 変身タッチフォン プリハートDX

HUG(はぐ)っと!プリキュア 変身タッチフォン プリハートDX

  • 出版社/メーカー: バンダイ(BANDAI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
HUG(はぐ)っと!プリキュア メロディソード

HUG(はぐ)っと!プリキュア メロディソード

  • 出版社/メーカー: バンダイ(BANDAI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
HUG(はぐ)っと!プリキュア お世話たっぷり おしゃべりはぐたん

HUG(はぐ)っと!プリキュア お世話たっぷり おしゃべりはぐたん

  • 出版社/メーカー: バンダイ(BANDAI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
「HUGっと!プリキュア」主題歌シングル(初回生産限定盤)(DVD付)

「HUGっと!プリキュア」主題歌シングル(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)
  • 発売日: 2018/03/07
  • メディア: CD
HUGっと!プリキュア オリジナルサウンドトラック

HUGっと!プリキュア オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)
  • 発売日: 2018/04/25
  • メディア: CD

nice!(419)  コメント(6) 
共通テーマ:アニメ

HUGっと!プリキュア 第10話 (速報) [プリキュア]

           今日は日曜日なので、日曜日恒例の記事になります(^_^;)  それでは、HUGっと!プリキュア 第10回「ありえな~い!ウエイトレスさんは大忙し!」 を観た感想です。






                                 アバンタイトルは、野乃はなと薬師寺さあやと輝木ほまれが自己紹介しているところ。 前回の回想をしながら今回のお仕事について説明する。 「はぐくみフードフェスティバルよ」「きらっとお仕事しChao!第一号はウエイトレスさんよ」「しっかりね」「大人っぽいイケてる私になるためにがんばるぞ!」 それじゃお着替え  ミライパッド・オープン おしごとスイッチ オン! ところがはなだけ、たこ焼きさんの姿に・・・  





                                                                                                                                                                        ハリハム・ハリーとはぐたんもやってくる 「はなだけが違う格好に」「しょうなの」「この格好だから自動的にたこ焼き屋担当にされちゃって」「わい、食べた事あるで、あの店のたこ焼きメッチャうまいんだけどな」「毎年出店しているけど、他のお店の人気におされて今ひとつなんだって」「あそこのおやじさん愛想ないもんな、たこやき一筋50年て感じや」「どうして、はなだけ違う制服になったのかな?」「ハリー、なんで」「ミライパッドに考えがあるのかもしれないな」「ミライパッドの考え?」「そんなのあるの?」「ああみえてもミライパッドはんは深いんや、深すぎてオレも」「わからないの」「でも、はなと二人の違いを感じているのかもな」「私と二人の違うところ?」 さあやは料理の提供時間を全部データーにしておいて、効率の良い接客が出来る。 さあやとほまれは、お客様に提供する温度が下がってしまうと言う。 そんな時、ほまれは子供達がローラースケートであそんでいるのを見て、それを履いて素早くサーブすることが出来る。 吹奏楽部のひなせ君に会う。 はなは後で聞きに行くと言う。 はなも何かしなければと、呼び込みを始める。 「たこ焼き一筋50年だと?」「60年でしたか」「49年だ」「呼び込みなんざいらねぇ、こちとら味で勝負の49年だ、静かにしてろ」「は、はい」 はなは失敗ばかり・・・ さあやとほまれは褒められるが、はなは蚊帳の外になってしまう。 「新しいミライクリスタル、私だけない」「どうしたの?元気ないね」「ほら、はな」「私何も出来ない」「はな」「2人みたいになにも出来ない」「なにいってんの、人と自分を比べたってしょうがないじゃん、はなははなでしょう」「はなははなでも何も出来ないはなだもん」







                                一方、敵側は、ルールーが、新しいプリキュアが現れてから、データにない5つのミライクリスタルが出現!アスパワワがをいちじるしく増加させると思います。という。 ダイガンにチャラリート同様パップルも左遷させると言われる。  「はなが」「仕事だから楽なことばかりではないわ、大切な経験よ」「で、二人はどうお仕事してみて」「あたえられたことをやるだけじゃなくて、自分で工夫するのも大事なんだなって」「お客様に頼られるってすごくうれしいなって思いました」「いい記事になりそう、このあと頑張ってね」「はい」    ラビニエール学園吹奏楽部のみなさんでした。 「すごーいもうがつんときたよ」「ありがとう」「みんな輝く才能を持っているのに、私には何もない」「野乃さんにだってあるよ輝く個性が。吹奏楽はね色々な楽器でハーモニーをつくるんだよ、ひとつの楽器じゃなくて、いろんな楽器がある、楽器一つ一つの個性が集まって、すてきなメロディーが奏でられるんだ。野乃さんは野乃さんにしか出せない音をおもいっきり奏でればいいんんじゃないかな」「そんな難しいこと言われても・・・」 「でも、何かやらなきゃ」また、はなはお店の呼び込みを始める。 「おい、食ってみろ、食べもしないでどうして美味しいとわかる」 あまりの美味しさに、はなはオーバーリアクションをとってしまい、みんなに笑われてしまう。 「ごめんなさい、笑われちゃいました、ほんと私、何も出来なくて」 と逃げ出してしまう。  「はな、どうした、おかしな顔しよってからに」「私なんて変顔しかできないダメダメなんだ」「なにいうてんの?」「はぐたん、私ね大きくなったら何でも出来る何でもなれるっておもってたの」「はな、お前はまだ、大人の階段登る途中や、それがどういうことかちゅうと」「なのに、何も、何も出来ないよ」  「何もできねぇってことは、これから何でも出来る可能性ががあるってことだ、どうしてオレってやつは言ってやれなかったんだ」  超ラッキー トゲパワワ発見! あおって あおって フゥ! フゥ! 明日への希望よ! 消えろ! ネガティブウェーブ! しもしも~ 発注! オシマイダー!  「クライアス社や」「はな」「うん」 <<ミライクリスタル!>> ハート キラっと!  ハート キラっと! どうして・・・ 「集中や」 ハート キラっと! ハート キラっと! ハート キラっと!  「私、プリキュアになれなくなっちゃたよ」「もう一回や、やれるではな」「なれない」「なれないよ」 「さあや、ほまれ、わたし、わたし・・・」「二人ともここはたのむで」「うん」  <<ミライクリスタル!>> ハート キラっと! は~ぎゅ~~! は~ぎゅ~! ぎゅ~! ぎゅ~! 輝く未来を抱きしめて!! みんなを癒す! 知恵のプリキュア! キュアアンジュ! 輝く未来を抱きしめて!! みんな輝け! 力のプリキュア! キュアエトワール!  「出たわね、って・・・一人足りない見たいだけれど、まぁいいか、やっちゃいなさいオシマイダー」  フレフレ! ハートフェザー! フレフレ! ハート・スター! 「何もできないんじゃない」「何をやるかだよ」 「フレフレ!アンジュ!、フレフレエトワール!、フレフレ!アンジュ、フレフレ!エトワール!」 敵の攻撃がはなにせまった時、はぐたんの力で・・・  「ヤメサセテモライマス」でオシマイダーを浄化! しかし、はぐたんが目を覚まさなくなってしまう・・・ 「目を覚まして」「はぐたん」







                                   プリキュアの3人はフードフェスバルでお仕事のお手伝い。 でも、はなだけは何も活躍できず、落ち込んでしまったはなに「何もできないんじゃない、何をするかだ」のハリハム・ハリーの言葉は、耳に響きます。 変身も出来ず、敵のオシマイダーにおそわれるはなを全身のパワーを使って助けるはぐたんにも感動! 守っているはずのはぐたんに助けられたはな。 そのはぐたんの目があかなくなってしまい心配です。 敵の女課長パップルの今までのプリキュアとの戦いの敗因は、下からの報告がなかったせいには世相感が大人の方も楽しめたことでしょう。




                                                                                                                                 「晴」






nice!(405)  コメント(6) 
共通テーマ:アニメ

HUGっと!プリキュア 第9話 (速報) [プリキュア]

          今日は4月1日、エープリールフールですね。  でも今日は日曜日なので、日曜日恒例の記事になります(^_^;)  それでは、HUGっと!プリキュア 第9回「丘をこえ行こうよ!レッツ・ラ・ハイキング!」 を観た感想です。                                 





                                 アバンタイトルは、はぐたんが自己紹介しているところ。 はな達はのびのびヶ原ハイキングに出かける。 そんな時、愛崎えみるに出会う。 石、すべって、泥まみれになるところだったのです。と言われる。 心配性のえみるは、ハイキングでお昼ご飯を食べます。 そして転がったみかんを追いかける内に迷子になって二度と、お家へ帰れなくなる・・・ そんな未来がまっているなのです。 と言う。




                                                                             

                                 「それにしても大きな声やな」「えみる」「ことりの知り合い?」「6年1組の愛崎えみるちゃんだよ」「本当にいくのですか? ハイキングはとっても危険なのに」「えみるちゃんは行きたくないの?」「それにしては大きいリュックだけど」「これは危険に備えているのです、緊急用のパラシュート、何かを砕くときのハンマー、迷子になった時用のみんなで遊ぶトランプ。それからそれから」「絶対楽しいと思うんだけどな」「あなた信用ならないのです」「えっ、わたし?」「発言に根拠のない人はしんようなりませ・・・」「はぎゅ、はぎゅ」「可愛いのです」「ほら、はぐたんも行こうっていってるよ」 「はぐたんのかわいさは罪なのです」 はながお腹が空いたというので、おやつタイムとバナナを出すとなんとキュウリだった。 「かっぱの呪いなのです」「かっぱ・・・」「のびのびヶ原にはカッパ伝説があるのです」「なにそれ」「ここにいると、かっぱに連れ去られ、かっぱにされてしまうのです」「ええっ」「そんな野乃はなやだ~」「私いちどでいいからカッパ見てみたかったの」「とにかく速く逃げるのです」「かっぱはやだ」 はなとえみるは川に落ちてしまう。 「次はこの石橋を渡るみたい」「ストーップなのです、みんなでわたったら重さにたえきれず落ちてしまうのです」「きちんと渡れるか確かめる必要があるのです」 と、えみるは石橋をたたく。 すると、石橋が崩れ落ちてしまう」「すごい用心深さ、石橋をたたいて歩くってこういうことだったのね」「他のルートを調べてあるのです。 安全進むのです」 跡についてきたパップルは橋がないのに腹を立てる。 はなたちはお花畑に到着する。 「ストーップ、お花にさわってはいけないのです」「なんで」「あざみの花はトゲがあるから危ないの」「そっか、えみるが友達のことよくみてるのって」  そして、進んでいくと、トランペットの音がする。 ひなた君もハイキングに来ていたらしい みんなで歌を歌っている時、はなが隠れているえみるに一緒に歌おうというが、歌うとかっぱがくると言って歌わない。 するとタンバリンがお猿にとられてしまう。 猿を追いかけるはなとえみる。 「ここどこ?」「猿とbケンカにならなくて良かったのです」「ここってどこ?」「それって、迷子なのです」「みんなとはぐれちゃったのです。 帰り道がわからないのです」








                              はぐたんが穴の近くの花をさわろうとしていたので危ないとおもい引き戻そうとするが、はなとえみるも穴の中に落ちてしまう・・・ えみるはおぼれるからとプールの水を抜いたり、火事になるからとキャンプファイヤーの火を消したりしたいたらしい。 「こんな深い穴出られるわけがないのです」「みんなに迷惑をかけてしまった、私はダメダメ人間なのです」「ハイキングをシュミレーションすると危険がいっぱいなのです。 みんなお守りたかったのです」「かっこいいね。えみるは隠れてみんなを守るヒーローなんだね」「わたしがヒーロー?」「ヒーローってのは誰にも知られず、みんなを助けるものだからね、わかるわかる」「あなた、ヒーローの気持ちがわかるのですか?」「あなたじゃないよ、はなだよ」はぐたんがミルクのじかんなのにミルクがないのんで泣き始める。 そこでえみるが歌を歌う。  「アスパワワにあふれているじゃない、ぜんぜんリフレッシュできないわ」  トゲパワワ見~つけた  あおって あおって フゥ! フゥ! 明日への希望よ! 消えろ! ネガティブウェーブ! しもしも~ 発注! オシマイダー  はなとえみるはさあやとほまれに助けられる。 「オシマイダーや」 「二人は危ないからここでまっていて」   <<ミライクリスタル!>> ハート キラっと! は~ぎゅ~~! は~ぎゅ~! は~ぎゅ~! 輝く未来を抱きしめて!! みんなを応援! 元気のプリキュア! キュアエール! 輝く未来を抱きしめて!! みんなを癒す! 知恵のプリキュア! キュアアンジュ! 輝く未来を抱きしめて!! みんな輝け! 力のプリキュア! キュアエトワール! 「プリキュアどうしてここに?」」「ヒーローはどこへでも駆けつけるの」   ハート・フェザー!  ハート・スター!  「かっぱの弱点は頭のお皿だよ」「わかった」  フレフレ! ハート・フォー・ユー! 「ヤメサセテモライマス」でオシマイダーを浄化!  「生きて帰ってこられた」「奇跡の生還なのです」「えみるちゃん歌上手いんだね」「ハイキングはハプニングの連続でしたが、ありがとうございました、はな先輩」「はな先輩に会えて良かったのです」 「あれ、何か忘れているような」 猿が、タンバリンを返してくれる。 はぐたんが本物のかっぱを見つける。








                               ハイキングで出会った不思議な女の子えみるちゃん。 人一倍用心深い子で、過去には色々なエピソードがあり、キャンプファイヤーが、火事になると、火を消したシーンには唖然とした子もいたことでしょう。 そんな子でも、お友達を守る事も出来、ヒーローとしてもちあげられました。 驚くような子でも、良い所を認めてあげるはなちゃんは素敵な子ですね。 一方、敵の課長、パップルのあいかわらずのお立ち台好きが印象的でした。 





                                              「晴」




HUG(はぐ)っと!プリキュア 変身タッチフォン プリハートDX

HUG(はぐ)っと!プリキュア 変身タッチフォン プリハートDX

  • 出版社/メーカー: バンダイ(BANDAI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
HUG(はぐ)っと!プリキュア お世話たっぷり おしゃべりはぐたん

HUG(はぐ)っと!プリキュア お世話たっぷり おしゃべりはぐたん

  • 出版社/メーカー: バンダイ(BANDAI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
HUGっと!プリキュア オリジナルサウンドトラック

HUGっと!プリキュア オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)
  • 発売日: 2018/04/25
  • メディア: CD
「HUGっと!プリキュア」主題歌シングル(初回生産限定盤)(DVD付)

「HUGっと!プリキュア」主題歌シングル(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M)
  • 発売日: 2018/03/07
  • メディア: CD
            

nice!(435)  コメント(6) 
共通テーマ:アニメ

HUGっと!プリキュア 第8話 (速報) [プリキュア]

          今日は日曜日なので、日曜日恒例の記事になります(^_^;)  それでは、HUGっと!プリキュア 第8回「ほまれ脱退!?スケート王子が急接近!」 を観た感想です。






                                  アバンタイトルは、輝木ほまれが自己紹介しているところ。 そして、若宮アンリがほまれに、モスクワに行こうという・・・。





                                  アンリは出場したフィギュアスケートで全部優勝していて、ほまれとは子供の頃からの仲間らしい・・・  アンリは父親はフランス人で母親は日本人、はながじゃあハーフなんだねというとアンリは、「大和撫子とパリジャンのダブルだからね」と言う。 アンリは、はなを素直だね言い、じゃあボクのお願い聞いてくれる? ほまれをここにしばるのはやめてくれないか」「しばる?私達がほまれを?」「君たちとほまれはすんでいる世界が違うって知ってる?」「ちょっと」「ジャンプまだ飛べていないんでしょ、僕達には時間が無い、シニアデビュー、大人達とかたを並べて本格的にスケートを始める大事な時期はもうすぐだ、よく考えて」 モスクワってどこ? 遠いよね、さよならなんてやだよ、でもほまれはスケートの才能があるんだよね。 ほまれはスケートの練習中 しかし、ジャンプはまだ飛ぶことが出来ない・・・。 「考えても答えが出ない、ああおそロシア」 はなは、プリハートを用いてほまれに電話する。 ほまれは、明日みんなで遊びに行こうと言う。  一方敵側は、パップルが今夜は月がキレイね、大丈夫、データーは順調に集まっている無能な男、たまにはやくにたつものね、このまま明日がこなければいいのに」 そして、次の日、さあやが「悩むよね、アンリくん強引だけど、ほまれのこと考えているから」「みんな優しくてこまっちゃうよ」「優しいのはほまれでしょ」「はなとほまれといっしょにいると、初めての思い出がキラキラと増えていく、きっと今、アスパワワ一杯だよ」「ほんま3人ともようにとるわ、だれかを思ってそのために動く、けど、人のこと優先させすぎとちゃうか? 自分の心に素直になるのも大事な時もあるで、イケメンアドバイス」「よくいう、あんたが一番素直じゃないじゃん」 はぐたんがつかまり立ちしそうになり、つかまり立ちできるようになる。 「ここには無い一流のコーチとサポータが君を待っているんだ」「アンリ」「赤ちゃんのお世話をしたり、お店屋さんのマネをしたり、それって、今の僕達に必要なこと?」「一緒に行こう、友達と遊ぶのは引退してからでも出来る」「そんな、ごめんなさい、思わず・・・」「はな」「立ち聞き? いい趣味してるね」「ほまれすごく困った顔しているからほっとけない」「じゃあ君はほまれの為になにができるの?」「ある、出来ることあるよ、わたし夢応援する、フレフレほまれ、頑張れ頑張れオー」「応援なんて誰にでも出来る、その応援が彼女の重荷になっているんだよ」「ごめんアンリ、アンリとは一緒に行けない、見て欲しいもんがあるんだ」 




                                                                                                                                           「何、見せたいものって」「アンリの言うことは間違っていないよ、ジャンプが飛べなくなってわたし、がんばれといわれるたびに辛かった、みんなから応援されるたびにそんなしかくないって、心がぎゅっとなって、わたしは一度逃げた」「わかるよそんなほまれをすくえるのはボクだけだ」「確かにアンリとわたしは同じ世界にいきているのかもしれない、けど。私に新しい世界を見せてくれたのは、はなとさあやなの」「はな」「なに」「フレフレして」   パップルは渋滞にはまっていた・・・ トゲパワワ発見! イライラはみんな一緒なのね さぁ! おどれ! ネガティブウェーブ!   「天使の羽、あれはさあやの羽だよ」「お花が咲いた」「羽キラキラしてる、まるで流れ星みたい」 そして、ついにほまれはジャンプを成功させる。  そんな時オシマイダーが現れて・・・  「渋滞なんて人生でもっとも無駄な時間よね」  <<ミライクリスタル!>> ハート キラっと! は~ぎゅ~~! は~ぎゅ~! は~ぎゅ~! 輝く未来を抱きしめて!! みんなを応援! 元気のプリキュア! キュアエール! みんなを癒す! 知恵のプリキュア! キュアアンジュ! みんな輝け! 力のプリキュア! キュアエトワール! 「やめなさい」「きたわねプリキュア」 「あたしに無駄な時間はゆるされないのよ」「無駄な時間・・・ 人生に無駄な時間なんて無い!」「仲間と過ごす時間がすごくいとおしい」「アンジュ」  フレフレ! ハート・フェザー!  キュアエトワールから二つ目のミライクリスタルが出現する   フレフレ! ハート・スター! 「エール」「よっしゃ」  フレフレ! ハート・フォー・ユー! 「ヤメサセテモライマス」でオシマイダーを浄化!  「昔の無駄のないスケートも好きだけど、今のほまれの気持ちあふれる演技も悪くない」 はなが、むぐもぐの散歩、大変な時は私がやるという。 そしてもぐもぐに引っ張られてはなはある人に出会い、その人がおとした本を拾うと、その男の人は、とても美しい話だという。 そして次の日、アンリは、ラヴェニール学園スポーツクラス3年の若宮アンリとして、はな達とおなじ学園に通う事に・・・。 アンリはほまれがプリキュアだと知っていうかのようだった。  




                                                                                                                                                                                        突然現れたアンリは、幼い頃からのスケート仲間。 モスクワに行こうという話に悩むほまれでしたが、はなの応援やはぐたんのぬくもりに心を動かされて日本にとどまることになりホッとしましたね。 モスクワ行きを勧めたアンリが、はな達と同じ学校に転校のオチには、唖然としましたが、これからのお話が楽しみです。 敵の課長パップルは、お立ち台のつもりでしょうか、高い所から扇子を振っている姿に、懐かしさ感じた親世代の方もいたのでは・・・?




                                                                                                                                「晴」






nice!(410)  コメント(4) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - プリキュア ブログトップ